INTERVIEW

インターン T・O

大手企業に感謝される達成感。インターンとして扱われない環境で奮闘。

インターンシップを始めようと思った
きっかけを教えてください。

将来起業するべく、学生のうちから一社会人としてビジネス経験を積んで、圧倒的に成長したいと考えていました。当時、大学1年生のころはアルバイトやサークル活動など、一般的な大学生活を過ごしていましたが、毎日同じような生活を繰り返す中で「何か本気で頑張りたい」「とにかく成長したい」「周りがやっていないことをしたい」というもどかしさが徐々に生まれてきました。

その中で、将来起業するために必要なことを考えたところ、社会経験を積んで、ビジネススキルを身につけられる「長期インターンシップ」をするしかないと決心し、1年生の秋ごろに裁量権の大きいデジタルトレンズのインターンシップに応募しました。

今の業務内容を
教えてください。

代表の方針として、様々なスキルを身に着けることがウェブ集客のプロとしての成長につながるという考えであり、自分も事業部の枠をこえて様々な仕事を担当しています。大きく分けると、「お客様のWeb集客支援」と「営業」を担当しています。

Web集客支援における代表的な業務は、Google、Yahooのリスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告といった「Web広告運用」と、メディアのSEO集客をサポートする「コンテンツマーケティング」の2つを行っています。また、営業にはおいては、Web集客に課題を感じている企業様に対して、Web広告運用やSEO対策を軸に、戦略立案および改善施策の提案を行っています。

仕事でのやりがい、
苦労している点などはありますか?

大手企業をはじめ、実際に何社ものクライアントを担当させて頂いておりますが、やはりWeb集客支援という仕事は、クライアントの売上に直結する部分のため、責任感や緊張感というのは日々感じています。クライアントにとってはもちろん、社内でもインターンだからという言い訳は通用しません。

その中でしっかりと数字を出してクライアントに貢献できた時の感動や喜びは、自分の中の大きな原動力となっています。実際に結果を出せた時は、クライアントの担当者に感謝の言葉頂いたいり、ご飯に連れて行ってもらったりなども素直に嬉しいです。ただ、一方で1社どうしても結果が出せない案件があり、社長と上長のアドバイスも受けながらひたすらもがいているような状況です。

デジタルトレンズは
どのような会社ですか?

とにかく、パワフルに挑戦できる会社だと思います。良くも悪くも、決まり切ったルールや規制が無いため、事業部の枠を越えた仕事はもちろん、今まだ取り扱ったことの無い広告手法を利用するなど日々、新しい仕事ができる会社です。

また、仕事面だけなく遊びも活発です(笑)仕事が終わったらみんなでお酒を飲んだり、ゲームをしたりと、、、「仕事も遊びも全力投球!」というスタンスのため、思う存分に働いて、成長して、楽しめる会社だと思います!

応募を検討されている方へ
一言お願いします。

デジタルトレンズの長期インターンをはじめてから「インターンなんかやらなければ良かった」と感じたことは一度もありません。仕事をする中で大変だと感じることはよくありますが、それ以上に刺激的な経験ができ、日々充実しているからです。デジタルトレンズが少しでも良いなと感じた方は、是非一度会社に遊びに来てみてください!

T・Oインターン

マーケティング事業部

その他の社員・インターン生を見る