YouTubeマーケティングを基礎から解説!メリットや成功のコツもご紹介

投稿日:2022.09.27

YouTubeマーケティングを基礎から解説!メリットや成功のコツもご紹介

世界最大の利用者数を誇る動画配信サイトである、YouTube。

近年では、そんなYouTubeに企業がアカウントを開設して、自社の商品やサービスの販売促進などに生かそうという動きが、活発化しています。

企業のYouTubeマーケティング担当者の方の中には、より効率的、かつ効果的な運用方法を模索している人も少なくないはずです。

そこで今回の記事では、YouTubeマーケティングの基礎知識とともに、効果的なYouTubeマーケティングの手法などを、包括的に解説していきます。

YouTubeマーケティングとは?

最初に、YouTubeマーケティングの基礎知識を説明します。

YouTubeを活用するメリット

ここでは、YouTubeチャンネルを活用するうえでのメリットの中でも、代表的なものを3点ピックアップして紹介します。

幅広いユーザー層に配信可能

先述の通り、YouTubeは世界最大規模の動画配信サイトです。

利用者数は億単位にのぼるので、上手に活用することで、大多数の人たちに自社の情報を届けることが可能となります。

ユーザー層も、かつては若者が中心でしたが現在では老若男女問わず利用しているため、年齢・性別関係なく幅広く様々な層にアピールできるのも、見逃せないメリットです。

動画が拡散されやすい

企業アカウントのYouTubeで良質な動画、もしくはユニークな動画などを作成した場合、YouTube上のみならず様々なSNSでも紹介され、拡散されます。

SNSで拡散された状態から、さらなる話題を呼んだ場合、ネットニュースや有名ブログなどにも取り上げられ、自社の認知度の急激なアップにつながります。

このように、YouTubeマーケティングを巧に活用することで、自社が伝えたい情報を多くの人に届けることができます。

効果分析がしやすい

YouTubeでチャンネルを開設した場合、ユーザーの平均的な視聴時間や、チャンネル動画の総再生時間、視聴者の年齢層など、様々な情報をみることができるので、効果分析が容易にできます。

視覚的な訴求力が高い

動画は、画像やテキストと比べても、多くの情報量を持っています。

そのため、自社の商品を売り出す場合でも、商品の素材感や質感、機能、使い方などの情報を具体的に視聴者へと届けることができます。

YouTubeを使った3つのマーケティング手法

YouTubeを使ったマーケティングの具体的な手法の中から、おすすめなものを3点取り上げて紹介していきます。

YouTubeチャンネルの運用

最初のマーケティング手法は、YouTubeチャンネルの運用です。

YouTubeチャンネル運用の最大のメリットは、投稿した動画が半永久的にコンテンツとして残ることです。自社のチャンネルに残った動画は、自社の資産となります。

YouTubeチャンネルの運用のポイントとして、動画の定期配信とターゲットの明確化があります。

YouTubeでは、動画の定期配信をしているチャンネルを高く評価してくれるので、定期配信をしているチャンネルは、優先的に上位に表示されやすくなります。

また、YouTubeにはユーザーに関連性の高い動画を表示するおすすめ機能があるので、動画の訴求を明確にすることで、よりターゲットのユーザーにアプローチすることが可能になります。

YouTube広告

YouTubeマーケティングの手法の一つとして、YouTube広告を運用するというやり方も存在します。

みなさんも、動画の最初や途中、終りに広告を挟んでいるものを、一度は目にしたことがあるはずです。

こういった広告は「インストリーム広告」と呼ばれるものですが、ユーザーが目にしてくれる確率が非常に高いため、YouTubeマーケティングの手法としては有力なものとして人気があります。

また、こういった広告には「ディスカバリー広告」と呼ばれる、関連動画として上位表示されるタイプのものもあります。

こちらの手法についても、YouTubeマーケティングを実践するうえでの情報として、覚えておく必要があります。

 インフルエンサーマーケティング

従来の社会では、世間一般に与える影響力を持つ人は、芸能人などに限られていました。

しかし、YouTubeやSNSの登場で、一般の人でも世界中に情報を拡散できる、社会に変化しています。

そして、そんな一般人の中から、チャンネル登録者やSNSのフォロワーが数万人単位の「インフルエンサー」と呼ばれる人たちが生まれてきました。

インフルエンサーは、一般人でありながらも大変な影響力を持っているため、自社の商品紹介などを依頼することで、YouTubeマーケティングに生かすことができます。

ただし、人気インフルエンサーに商品の紹介を依頼すると、他のYouTubeマーケティング手法よりもコストがかかってしまうというデメリットもあるので、注意が必要です。

YouTubeマーケティングの3つの主な目的

ここでは、企業アカウントがYouTubeマーケティングを実践する目的について、3つ取り上げて紹介していきます。

認知拡大

自社の商品やサービスを知ってもらうには、まずは認知の拡大が必要です。

動画は、画像や文字よりも多くの情報を伝えることができるので、認知拡大施策に向いています。

また、先述の通り、YouTubeの動画は、SNSなどで拡散されやすいので、多くの人に自社の商品やサービスを認知してもらいやすいです。

ブランディング

YouTubeマーケティングを行う目的には、自社のブランディングという側面もあります。

とくに高級アパレル業界などが、自身のブランドの世界観を発信する場合などは、画像やテキストなどよりも、動画の方がはるかにイメージが伝わりやすくなります。

また、「音・音声」などをテーマとした商品などのブランドイメージを高める際にも、聴覚へ訴えかけられる動画の方が断然有利です。

このように、言葉や静止画だけでは伝えきれないことを発信できることも、YouTubeマーケティングをする際の動機付けにもなっています。

購買促進

多くの企業にとって、YouTubeマーケティングの最終的なゴールは、商品・サービスの購買促進です。

巨大プラットフォームを使い、できるだけ多くの人に自社の商品・サービスの魅力を届け、購買促進へとつなげられることも、たくさんの企業がYouTubeマーケティングを行っている目的の一つです。

YouTubeマーケティングを成功させるコツ

ここでは、YouTubeマーケティングを成功させるためのコツを紹介していきます。

アルゴリズムを理解する

YouTubeには、独自に設定されているアルゴリズムが存在します。

このアルゴリズムにより、良質な動画が選びだされ、ユーザーにレコメンドされます。

そのため、このアルゴリズムを理解していないと、どれだけクオリティが高い動画だとしても、なかなか観てもらうことができません。

ただ、このアルゴリズムに関しては、たびたび変化していますので、知見の無い人ではうまく対応しきれないでしょう。

このことから、代行会社などに依頼し、YouTubeチャンネルをアルゴリズムに対して、最適化してもらうのがおすすめです。

他のマーケティングチャネルとの連携

YouTubeマーケティングを成功させるコツの一つとして、他のマーケティングチャネルとの連携というものもあります。

たとえば、自社のSNSでYouTubeチャンネルを宣伝したり、ブログでのアピールで、見込み客の流入を狙うというものです。

単純に動画配信だけをするだけでなく、様々な媒体を駆使してチャンネルをアピールすることで、YouTubeマーケティングが成功しやすくなります。

競合との比較

自社で制作したオリジナルの動画であっても、同ジャンルの競合チャンネルが存在する可能性は非常に高いです。

そういった場合の対処法として、自社チャンネルと、競合のチャンネルを比較分析する方法があります。

自社のチャンネルは、何が勝っているのか、もしくは何が劣っているのかを徹底分析することが重要です。

まとめ

今回はYouTubeマーケティングのメリットや具体的な手法、成功のコツなどを紹介しました。

数億人単位の人が利用しているプラットフォームなので、多くの企業がマーケティングの手段として利用しています。

幅広いユーザー層に情報を発信できたり、動画が拡散されやすいといったメリットがあるため、多くの企業が参入してくるのも頷けます。

もし、YouTubeマーケティングをやってみたいが、何から始めていいか分からないなどの悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、是非デジタルトレンズにお問い合わせください。

デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

広告を始めたい方必見!最初に抑えるべき!WEB広告媒体3選

「どのWEB広告が適してるかわからない」「別の広告施策へ展開したい」そんな企業様に向け、まず最初に抑えるべきWEB広告媒体についてまとめた資料となります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

関連する記事

関連サービス

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)