YouTube企業アカウント運用の注意点や成功事例をご紹介!

更新日:

投稿日:2022.09.27

YouTube企業アカウント運用の注意点や成功事例をご紹介!

自社の商品やサービスを売り出すときの利便性が注目され始めている、企業アカウントを用いたYouTubeチャンネル。

かつては、ブログやテレビCMを用いた宣伝が主流でしたが、時代の流れとともにユーザーへのアピール方法も変化してきました。

さらに、最近では新型コロナウィルス感染拡大による影響で、自宅でYouTubeを楽しむ人も増えており、YouTubeを活用した宣伝効果はますます高まっています。

そこで今回の記事では、YouTube上で企業アカウントの開設を検討している企業の方々へ向けて、開設方法や運用時の注意点などを紹介していきます。

YouTubeを活用する企業が増えている理由

YouTubeを使用した商品・サービスの宣伝を検討している企業が増えていることは、冒頭で述べたとおりです。

その理由に関しても先ほど軽く触れましたが、こちらの項では、さらに深掘りして解説していきます。

新規顧客獲得に繋がる

YouTubeは言わずと知れた、世界的なプラットフォームです。

また、利用者も年々、増加傾向にあるので、今後もさらなる発展が見込まれます。

なので、企業アカウントでチャンネルを開設して、動画を配信すれば日本国内のみならず、世界中の人に自社の商品・サービスのアピールをすることができます。

最初のうちは苦戦するかもしれませんが、それを乗り切ってチャンネルを育て、上手に宣伝することで、販売促進と新規顧客の獲得へとつなげることが可能です。

信頼性アップに繋がる

みなさんは、「単純接触効果」という言葉をご存知でしょうか。

単純接触効果とは、当初は興味がなかったものに対しても、何度も接触することで自然と親近感が湧き上がるという、心理効果のことを言います。

これは、企業アカウントのYouTubeチャンネルにも大いに利用できる効果です。

たびたび動画を配信して顧客層に何度も観てもらうことで、親近感が生まれ、それが転じて企業への信頼性へと変化していくというわけです。

また、YouTubeには視聴者がコメントをすることができる機能も備わっています。

そして、チャンネルを運用している側は、コメントに対しSNSで言うところの「いいね」を付けて、ある種のコミュニケーションを取ることもできます。

このように、直に視聴者と触れ合えるインタラクティブ性も、YouTubeを活用する企業アカウントが増えている理由の一つです。

動画だから商品・サービスを理解しやすい

YouTubeを活用する企業アカウントが増えている理由には、自社の商品・サービスを理解してもらいやすいといったものもあります。

とくに、音声が必要なコンテンツは、画像やテキストでは魅力を伝えきれないため、動画の優位性が顕著なものになるでしょう。

その他にも、商品の素材感や質感、使用方法など各種情報を具体的、かつ分かりやすく伝えられるというメリットもあります。

参考になるYouTube企業アカウント5選

ここでは、下記、企業アカウントの特徴と強みを中心に紹介していきます。

これからYouTubeチャンネルを開設しようとしている企業の方々には、耳よりな情報ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

大国住まい・町和住まい

 (引用元:https://www.youtube.com/channel/UC6cLEQ8YryZmMTkM5Wuoe0A

最初に紹介するのは、「大国住まい・町和住まい」というYouTubeチャンネルです。

こちらのチャンネルは、主に住宅を探しているユーザーをターゲットとしたチャンネルです。

最大の強みは、バリエーション豊かな賃貸住宅の紹介動画。

メゾネットタイプのものやウィークリーマンション、駅に近い物件にこだわったものなど、豊富な視点から物件の紹介をしています。

さらに、一人暮らしを始める人に対してどういった準備をしたらよいか、といった動画や、家賃の交渉術などの物件紹介以外の動画も充実している点も特徴的です。

チャンネル規模は、7,000人規模ですが20万回近く再生されている動画も出している、優良企業アカウントですのでぜひチェックしてみてください。

美容室LIPPS

(引用元:https://www.youtube.com/channel/UCJm7f2aOCO30dckqtG8JXxw

続いて紹介するのは、「美容室LIPPS」というYouTubeチャンネルです。

若年世代の男性にターゲットを絞って、スタイリングの仕方や、ダメージを受けた髪を元に戻す方法、女性にモテる髪型の提案など、とにかくヘアスタイルにこだわった動画に富んでいるのが特徴です。

企業アカウントの配信するテーマを一点に絞りつつも、多角的な観点からヘアスタイル動画を制作している、優れた企業YouTubeチャンネルと言えます。

サントリー

(引用元:https://www.youtube.com/user/SuntoryGroup

サントリーは、もはや説明不要と言ってもいいくらいの知名度の、飲料水メーカーです。

チャンネル名も、そのまま「サントリー公式チャンネル (SUNTORY)」。

こちらの企業アカウントが運用しているYouTubeチャンネルは、主に自社商品の紹介動画ですが、新しい飲み方の提案や、人気アニメとのコラボ動画を配信しています。

とくに人気アニメとのコラボ動画などは、大企業だからこそできる大きな強みです。

また、姉妹チャンネルとして、オリジナルVTube「燦鳥ノム(さんとりのむ)」を主役にした「燦鳥ノム – SUNTORY NOMU -」というYouTubeチャンネルを開設して、広くユーザーにアピールしているのも大きな特徴です。

アトム法律事務所

(引用元:https://www.youtube.com/channel/UCl8E6NsjN979gbMBdztF48g

次に紹介するYouTubeチャンネルは、「アトム法律事務所」です。

こちらの動画の強みは、なんと言っても現役の弁護士による法律問題の解説です。

「交通違反」に関することや「性被害」に関することなど、色々なジャンルの法律のお悩みを解決してくれるのが大きな強みです。

それ以外にも、自衛隊の朝ご飯に関する動画や婚活にまつわる動画など、ユニークな動画をとき折り配信することで、「お堅い内容のチャンネル」でありながら、ある種の余白を作っているところが特徴です。

即決営業チャンネル

(引用元:https://www.youtube.com/channel/UC8zsQuGZ7nQXsqq1qn3VfGA

最後に紹介するYouTubeチャンネルは、「即決営業チャンネル」です。

こちらの企業アカウントが運用するチャンネルでは、チャンネル名のとおり、営業に関する動画を多く配信しています。

それ以外にも、新社会人向けの基本的なビジネス用語の動画から、経験を積んだ社会人向けに、独立や起業の方法を説明する動画まで、幅広い層のビジネスマンにアピールできる動画も制作しているのが特徴です。

企業がYouTube運用を始める上での注意点

せっかく企業アカウントを開設しても、誤った運用をしていては、間違った方向に進んでしまいます。

そこで、ここでは、企業アカウントでYouTube運用を始める上での注意点の中でも、主だったものを3点紹介します。

並走して他のSNSアカウントを活用する

企業アカウントでYouTube運用をする際に、大いに活用したいのがSNSです。

SNS上でYouTubeチャンネルを宣伝することで顧客を誘導できるため、自社の商品やサービスのアピールへとつなげられます。

ただし、ここで注意したいのが、あくまで企業アカウントでSNSを活用することです。

個人のアカウントなどで活用しても、余程のインフルエンサーでもない限り十分な影響力が得られません。さらに、企業アカウントそのものに対する信頼感の低下にもつながらないでしょう。

企業アカウントでYouTube運用をする際は、個人のものは使用せず、あくまで自社のアカウントを用いてPRを行いましょう。

KPIとずれた動画はアップしない

企業アカウントでYouTube運用をする際には、KPIにも注目したいところです。

たとえば、企業アカウントであれば、認知の拡大や購買力の強化、ブランドイメージの構築などがあげられます。

先ほど、あげた例で言えば、サントリーが販売している、自社商品の「新しい飲み方」を提案する動画などは、購買力の強化につながっています。

たまに、コンセプトと外れた動画を出す例もありますが、ギャップを意識してブランドイメージを強化するというのが狙いですから、必ずしもKPIとずれているとは言えません。

この辺のさじ加減は「慣れ」の要素が強いため、最初は手こずるかも知れませんが、徐々に覚えられるはずですから、試行錯誤しつつ習得しましょう。

動画に炎上リスクがあることを理解する

昨今、「炎上」というワードが話題になっています。

念のために説明しておくと、炎上とは、特定の発言や動画などが大多数の人間から非難されることです。たとえば、政治家や芸能人の失言が、大勢の人たちの批判の的になったりしています。

そして、この炎上は企業アカウントでYouTube運用をした場合でも、常に付きまとうリスクです。

一度炎上してしまうと、信頼感などを取り戻すのに、大きな時間と手間がかかってしまうでしょう。

企業アカウントで動画を制作する際は、炎上のリスクを抑えるためにも、慎重に協議を重ねたうえで内容などを決定しましょう。

YouTubeの企業アカウント開設に必要な費用

企業アカウントでYouTubeを開設する場合、担当者の人としてはコスト面にも気を配りたいところではないでしょうか。

結論から言いますと、チャンネルの開設そのものには、全く費用はかかりません。ただし、撮影機材、たとえば、カメラや三脚、一脚、脚立など様々なものを揃える必要があります。

さらに、動画編集用のソフトや、動画編集の負荷に耐えられるだけの高性能パソコンなどの費用も発生します。

加えて、動画撮影の技術のある人や、動画編集に長けたスタッフの育成も要されるでしょう。

どのような機材を揃えるかによって予算は変わってきますが、代行会社に頼んだ方が安上がりになるというケースも多く見られます。

YouTubeの企業アカウント開設の簡単3ステップ

企業アカウントでYouTubeチャンネルの開設をすること自体は、無料であることは上でも触れたとおりです。

とは言え、具体的な方法がわからないと開設に至るまでに多くの時間を要してしまいます。

そこで、こちらの項では、YouTubeチャンネルの開設方法を3つのステップに分けて、解説していきましょう。

Googleアカウントを作成する

まずは、Googleアカウントを作成するところから始めましょう。

最初に、Googleのホーム画面に表示されている「ログイン」をクリックしてください。

その後、表示される「アカウントを作成」を選択後、必要事項を入力していくと、できあがりです。

なお、すでに企業アカウントを保有している場合は、こちらのステップは飛ばしてもかまいません。

ブランドチャンネルを作成する

Googleアカウントを用意した後は、いよいよチャンネルの作成に移ります。

作り方は簡単で、YouTubeにログイン後、画面上に表示されている「YouTubeの設定」をクリック。

そして「新しいチャンネルを作成」という画面に進むだけです。

当然ですが、チャンネルを開設する際は、チャンネル名を決める必要があります。

企業アカウントのイメージにあったものを、あらかじめ考えておくようにしましょう。

チャンネル情報を設定する

最終ステップは、チャンネル情報の設定です。このステップでは、企業アカウントで作ったYouTubeチャンネルに、アイコンや説明文を加えていきます。

デザインは自由ですが、自社の持つロゴ、説明文を入れるのが一般的です。後は、動画をアップしていくだけです。

YouTubeの企業アカウント開設は運用・分析も合わせてプロに外注できる

YouTubeの企業アカウントの開設自体は、上記のとおり比較的簡単に行うことができます。

しかし、運用となると話は変わってくるでしょう。

サントリーのように資金力に富む大企業であれば、開設しただけで話題性がありますから、後は順調に動画をアップするだけで、すぐに軌道に乗るはずです。

しかし、そうではない企業の場合は視聴者に認知され、人気を獲得するまでに時間も費用もかかります。

そのため、せっかく企業アカウントでYouTubeを開設しても、途中で撤退を余儀なくされるケースも少なくありません。

そこで、おすすめしたいのが、YouTubeの運用代行サービスを提供している「デジタルトレンズ」です。

ここから先は、このデジタルトレンズの特徴を紹介します。

デジタルトレンズなら一気通貫でYouTube運用

デジタルトレンズでは、YouTubeの運用における広告運用やSNS運用、SEO対策など、チャンネルを拡大するための施策を一気通貫でご支援いたします。

企業アカウントでYouTube運用を考えている方々は、是非ご相談ください。

デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

初心者でもできる!少額で効果を出せるWEBマーケティング施策3選

「何から始めたらいいかわからない」「まずは自分(自社)でWEBマーケをやってみたい」という企業様に向け、少額で実施しやすいWEBマーケティング施策ついてまとめた資料となります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

関連する記事

関連サービス

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)