MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

Twitterでは、「つぶやく」ことで、情報を収集したり、発信したりすることができます。
これが一般的な使われ方ですが、実は広告を出して集客することができます。

Twitterは全世界で3億2800万人が利用し、日本国内での月間の利用者数も4,500万人もの人が利用しています。また、若年層だけでなく30代、40代の中年層のユーザーも情報収集を目的に利用しているので、幅広いユーザー層にアプローチすることができます。

以下でTwitterについて紹介しながら、Twitter広告について詳しく説明していきます。

1.Twitter広告とは

そもそもTwitterとは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼ばれるインターネット上のコミュニティサービスの一つです。ユーザーが「つぶやき」と呼ばれる140字以内の短い文章を書き込み、他のユーザーがそれを読んだり、返信をすることでコミュニケーションが生まれるような形式となっています。現在は、世界で3億2800万人が利用し、日本国内での月間の利用者数も4,500万人もの人が利用しています。

そして、Twitter広告とはTwitterのタイムラインなどに画像や動画を利用して表示される広告です。「フォロワー数の増加」や「特定のツイートのリーチ上昇」、「外部サイトへの誘導」「情報拡散」などの目的で利用されます。その他のSNS広告として、Instagram広告やFacebook広告などがあります。

各年代の利用率は、若年層が50%前後であり、30~40代の利用率が20%前後となっています。よってTwitter広告は、特に若年層へのアプローチによる効果を見込んで活用することが多いですが、もちろん中年層にもアプローチする効果は十分にあると言えます。また、Twitterの特徴である、全フォロワーに対して投稿が届くことや、リツイートされた投稿がフォロワーの枠を超えて不特定多数に届くことを踏まえて、広告・宣伝していく必要があります。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

2.Twitter広告の種類

2-1. プロモアカウント

主にタイムライン上の「おすすめのユーザー」欄に表示される広告です。タイムライン、おすすめユーザー、検索結果などで表示される場合もあります。自社ブランドやアカウントの認知と、フォロワー数の獲得を目的としており、まずはフォロワー数を増やしたい場合に効果的です。

2-2. プロモツイート

Twitter広告の中でメインとなるもので、Twitterページ内のタイムライン上でツイートを広告として配信します。つまり、通常のツイートのように広告配信ができるので、リツイートや返信、「いいね」をつけることができます。ですが、文中に「プロモーション」というラベルが表示されます。タイムライン上だけでなく、検索結果の上部やプロモトレンド(2-3で説明)をクリックした時の検索結果、特定のアカウントのプロフィール、公式Twitterクライアント上に表示されます。
ユーザーが最もよく目にするタイムラインに表示され、自然な形で広告配信ができるので、商品やサービスの認知、サイトへの流入が見込めます。さらに、企業ブランディングなどに効果的で、リツイートによる拡散も期待できます。

2-3. プロモトレンド

この広告は、ハッシュタグについて表示している「トレンド」の最上部に表示される広告です。ユーザーに見られる頻度の高い場所のため、現在の人気検索結果や最近の話題に便乗することができます。また、この方法ならTwitterを利用している全ユーザーのタイムラインに表示することができるので、大規模なプロモーションやとにかく広範囲に宣伝がしたいといった場合に効果的となります。しかし、「1日1社限定」という縛りがあるので、同日に広告配信予定のアカウントがあると配信できなくなります。

2-4. ターゲティング方法

主なターゲティング方法を紹介します。

①キーワードターゲティング

このターゲティング方法は、指定したキーワードを検索した、またはツイートしたユーザーに対して広告を表示することができます。つまり、キーワード設定を「車」にした場合、「車壊れた~」などとツイートしたユーザーやキーワード自体を検索したユーザーに対して広告が配信されます。
メリットは、ターゲットとなるユーザーに対しピンポイントで広告配信できることですが、デメリットは、ツイート数や検索数に応じて表示される広告なので、配信母数が把握できないところです。曜日や時間を考慮して配信数を予測を立てておくことが重要となります。

②ハンドルターゲティング

そもそもハンドルとはTwitterアカウントの「@------」というものです。そして、このターゲティング方法は、指定したハンドルのフォロワーに対して広告を配信できます。つまり、フォロワー数が多いハンドルを指定することで、広範囲に配信することができます。したがって、スポーツ選手や有名人などのフォロワーに対して配信するときなどに有効的な方法です。
メリットは、広範囲かつ配信母数をある程度把握することができることです。一方で、デメリットは、全てのフォロワーがアクティブユーザーとは限らないので、配信数がフォロワー数よりも大幅に少なくなる可能性があるということです。1回のプロモーションにつき100ハンドルまで指定することができます 。

③インタレストターゲティング

インタレストターゲティングとは、Twitter社がセグメントした(ターゲット層を分類した)約260のカテゴリの中のいずれかを指定して広告配信する方法です。上記2つと比較してターゲティングしたいユーザーの適合度は低下しますが、より広範囲に配信することができます。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

3.Twitter広告の料金システム

Twitter広告の料金システムはリスティング広告などと同様に、オークション形式の課金システムとなっており、競合企業の入札額や広告の品質等によって変動します。以下で説明していきます。

3-1. オークション制

Twitter広告の料金は、事前に設定した「ユーザーのアクション」ごとに支払う形式となっています。つまり、広告を表示させただけでは料金は発生せず、その広告を見たユーザーがとったアクションによって料金が発生するシステムです。どのアクションに対して課金するかは事前に設定するようになっています。また、料金はオークション形式なので、競合企業の入札額や広告の品質等によって変動します。
したがって、予想外に膨大な費用になるのを避けるために、あらかじめ1日あたりや全体の予算設定をしておく必要があります。最低利用額、最低利用期間もないので、他のあらゆる広告と比較しても料金においてはかなり自由度が高い広告とです。

3-2. 自動入札・上限入札単価

自動入札とは、予算に応じた最適な入札価格が自動的に設定される入札方法です。予算の範囲内でできる限り多く広告が表示されるように、入札価格が自動で設定されます。ですが、自動入札の場合、クリックあたりの単価が高くなりすぎてしまうケースがあります。そこで、上限入札単価に切り替え、入札価格を手動で調整した方がいいでしょう。
上限入札単価とは、事前に設定したアクションを達成した際にかかる費用の入札価格のことで、手動で設定することができます。つまり、目的のアクションが1件達成されるにあたり、いくらまで払えるか自分で設定することができる機能です。

3-3. ユーザーアクションの種類

Twitterは、ユーザーがとったアクションによって料金が発生するシステムとなっています。では、実際にどんなアクションがあるのでしょうか。

①アプリインストール数:アプリのクリック数またはインストール数で課金されます。

②フォロワー:フォロワーが1人増えるごとに課金されます。

③ツイートのエンゲージメント:プロモツイートで得たエンゲージメント数で課金されます。

④プロモビデオ再生数:動画の再生数に対してのみ料金が発生します。

⑤ウェブサイトへの誘導数:ウェブサイトのリンクがクリックされるごとに料金が発生します。

⑥アプリの起動回数:アプリのクリック数に応じて料金が発生します。

⑦ブランド認知度の向上:インプレッション数単位で料金が発生します。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

4.Twitter広告のメリット・デメリット

Twitter広告にはメリットもデメリットもあります。そのどちらも理解して、Twitter広告を運用しましょう。どのSNS広告が自社の商材に向いているのかを理解しながら運用して、効率よく集客を達成しましょう。

4-1. メリット

メリットはいくつかあります。一つ目は、二次拡散によるアクションが無料であることです。出稿した広告がユーザーによってリツイートされ、そのツイートから配信目的のアクションが行われた場合には、料金は発生しません。したがって、拡散されればされるほど、安いCPC(クリック単価)でサイトへの流入を集めることができます。

二つ目は、新たなユーザーにリーチしやすいことです。Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで検索しないユーザーやキーワードでも、Twitter広告のキーワードターゲティングを利用することで、そのようなユーザーのツイートに反応して、広告が配信されるます。したがって、リスティング広告ではリーチできないユーザーに広告を配信することができます。

三つ目は、リスティング広告に比べてCPC(クリック単価)が安くなる傾向にあるということです。Twitter広告もリスティング広告と同様にオークション形式ですが、CPCが年々、高騰傾向にあるリスティング広告に比べてCPCが安い傾向にあるので、低予算でも集客効果が期待できます。これは二次拡散の影響も少なからずあるでしょう。

4-2. デメリット

デメリットもいくつかあります。一つ目は、Facebookに比べると自動のターゲティング精度が低くなってしまうことです。Facebookは、ユーザー登録をする際に性別や誕生日の入力が必須となっていますが、Twitterは登録時に誕生日の登録は必須ではありません。したがって、Twitterはユーザーが入力した情報をもとにターゲティングするのではなく、ユーザーのフォローやツイート内容などから類推した、性別・年齢をもとにターゲティングされます。だから、実年齢の登録を要求するFacebookに比べるとターゲティング精度は必然的に低くなります。

二つ目は、非公式リツイートされたツイートは自ら削除することができないということです。実は、リツイートには「公式リツイート」と「非公式リツイート」があります。「公式リツイート」とは、他人のツイートをそのままタイムラインに表示させることです。「非公式リツイート」とは、他人のツイートを自分のツイートとして扱うことです。したがって、リツイートした元のツイートが削除されても非公式ツイートは残ることになるので、情報の誤りは無いように注意しましょう。

Twitter広告の運用代行ならデジタルトレンズ

■費用対効果が良い広告を打ちたい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

■まずは1度試してみたい方

まずは一度、広告のプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。