TikTok広告 運用代行

お問い合わせ

デジタルトレンズは
このような企業のニーズにお応えします

TikTok広告運用に
デジタルトレンズが選ばれる理由

まずは気軽にご相談ください

電話受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)

WEB戦略のご提案・アカウント分析
・お見積り作成も対応いたします。

施策概要
サービス/料金
実績紹介
関連記事/資料

TikTok広告とは

TikTok広告とは、ByteDance(バイトダンス)社が運営するSNS「TikTok」に出稿される広告のことです。
TikTokには、若年層を中心に5億人を超えるユーザーがいます。
動画広告である点やシェアされやすいといった特徴から、近年広告の出稿先として注目されている広告媒体です。

TikTok広告の課金方式

TikTok広告には、起動画面広告、チャレンジ広告、インフィード広告、運用型広告の4種類があります。
チャレンジ広告とインフィード広告の課金方式は期間契約型で、起動画面広告と運用型広告の課金方式はCPM(インプレッション課金型)です。
運用型広告の課金方式には、CPC(クリック課金型)とCPV(再生課金型)もあります。
広告のフォーマットと課金方式が複数あるため、最も適したものを選んで運用する必要があります。

TikTok広告の3つの特徴・メリット

  • 訴求しやすい動画広告

    TikTok広告のメリットの1つ目は、訴求しやすい動画広告である点です。
    動画で伝えられる情報量は、文字で伝えられる情報量の5,000倍とも言われています。
    TikTokの動画広告には、文字・動画・アニメーション・BGMなど様々な要素を盛り込めるため、広告を閲覧したユーザーの視覚・聴覚に直接訴えることができ、バナーやテキストのみでの広告よりも訴求がしやすいです。
  • 若年層をターゲットしやすい

    TikTok広告のメリットの2つ目は、若年層をターゲットしやすい点です。
    TikTokは、ユーザーの42%が18〜24歳と、人気のあるSNSの中で最も若年層の利用割合が高いSNSです。
    よって若年層に対して商品やサービスを展開している企業に適したプラットフォームであると言えます。
    一方30代以上の世代に対して商品やサービスを展開したい場合は、他プラットフォームの方が適している可能性があります。
  • TwitterやInstagramにシェアされる

    TikTok広告のメリットの3つ目は、TwitterやInstagramにシェアされる点です。
    TikTokには、動画を他SNS(TwitterやInstagram)にシェアできる機能があります。よってユーザーがシェアしたくなるようなTikTok広告を作成できれば、期待以上の広告効果を挙げることができます。
    TikTokを見ていない層への露出も増え、新規顧客層の獲得にもつながります。

TikTok広告の3つの課題点

  • クリエイティブが魅力的でないと見られない

    TikTok広告のデメリットの1つ目は、クリエイティブが魅力的でないと見られない点です。
    TikTok広告は動画広告です。TikTokの仕組み上、ユーザーの興味を引けなかった広告は簡単に視聴を辞められてしまいます。
    ユーザーに飽きられない動画広告(クリエイティブで魅力的な動画広告)を作成しなければなりません。
  • 広告費が高額

    TikTok広告のデメリットの2つ目は、広告費が高額である点です。
    TikTok広告は、他SNSと比べて、広告の最低出稿料金が高めです。
    例えばInstagram広告は月額10万円〜で運用できるのに対し、TikTok広告の運用には最低でも月額42万円〜とされています。
    よってそれだけの広告費を捻出できない企業にとっては、そもそもTikTok広告への参入が難しいかもしれません。
  • キャンセルができない

    TikTok広告のデメリットの3つ目は、キャンセルができない点です。
    TikTok広告では、メールで申し込みを行い、広告出稿の順番が先着順で割り振られます。一度出稿を割り振られてしまうと、キャンセルはできません。
    例えば予め申し込みだけしておいて、広告の制作が間に合わなかった場合でも費用が発生するので広告制作のスケジュール管理には注意が必要です。

TikTok広告の運用代行のメリットとは?

  • 社内リソースが不要

    TikTok広告の運用代行のメリットの1つ目は、社内リソースが不要である点です。
    代理店にTikTok広告の運用代行を依頼すれば、自社内でTikTok広告運用のための人員を確保する必要がなくなります。よって人件費の削減につながります。
    また自社にTikTok広告の運用経験がある人材がいない場合、ゼロから人材を育成しなければなりません。人材育成には時間やコストがかかりますし、その期間は貴重な広告の機会を失ってしまいます。
    代理店に依頼すれば、社内リソースがなくても、すぐにTikTok広告の運用を始められます。
  • 自社で運用するよりも結果が早く出やすい

    TikTok広告の運用代行のメリットの2つ目は、自社で運用するよりも結果が早く出やすい点です。
    代理店には、これまでの広告運用で蓄積された成功事例がいくつもあります。
    これらの成功事例を参考にしつつTikTok広告を運用できるので、自社でTikTok広告を運用するよりも早く結果がでます。
    また間違った施策をとってしまう可能性も極限まで減らせます。
  • クリエイティブの分析・改善を行ってくれる

    TikTok広告の運用代行のメリットの3つ目は、クリエイティブの分析・改善を行ってくれる点です。
    TikTok広告に限らずネット広告では、データ分析やABテストが大切です。データ分析やABテストで得られた情報をもとに、よりよい広告へと改善します。
    代理店にTikTok広告の運用代行を依頼すれば、代理店が広告の分析から改善まで行ってくれます。
    よって広告運用の経験がなくても安心です。

料金体系

  • 初期費用0

  • 広告費制限なし お好きな金額でお試しいただけます

    運用手数料広告費の20%※ただし、下限は10万円とさせて頂きます。

    ご契約期間1ヶ月から

    LP制作30万~50万※必要に応じて要相談

    動画制作3万円~/1本※必要に応じて要相談

サービス導入までの流れ

  • お問い合わせ
  • お打ち合わせ
  • 戦略立案
  • 実行支援

レギュレーション

頻度区分 項目 概要
Dayly SEM運用 日々の運用、予算進捗確認、運用調整
Weekly 週次レポート提供 主要数値進捗の報告、前週取組みの報告、
今週方針・施策の共有
Monthly 月次レポート提供 前月・当月経過の報告、分析の提供
月例定例会 月次レポートの報告、施策の提案、
分析に基づく戦略視点協議、
貴社からの情報共有・フィードバック
Regular ダッシュボード提供 各媒体数値の可視化

認知拡大に特化し、低CPCで集客増大を実現

  • 配信媒体
  • TikTok広告

フェイスティバル

・認知拡大に向けた配信
・イベント告知動画制作
・適切な興味関心カテゴリでのターゲティング

  • コンバージョン
  • なし(クリック数)
広告費 表示回数 クリック数 クリック単価
¥346,619 4,024,082 172,350 ¥2

Coming Soon

Coming Soon

導入事例一覧へ
施策概要
サービス/料金
実績紹介
関連記事/資料

まずは気軽にご相談ください

電話受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)

WEB戦略のご提案・アカウント分析
・お見積り作成も対応いたします。

よくある質問

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)