Twitter広告 運用代行

お問い合わせ

デジタルトレンズは
このような企業のニーズにお応えします

Twitter広告運用に
デジタルトレンズが選ばれる理由

まずは気軽にご相談ください

電話受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)

WEB戦略のご提案・アカウント分析
・お見積り作成も対応いたします。

施策概要
サービス/料金
実績紹介
関連記事/資料

Twitter広告とは

Twitter広告とは、Twitterのタイムライン上やトレンド欄に表示される広告のことです。
ツイートを広告するプロモツイート、アカウントを広告するプロモアカウント、トレンド欄に広告を表示させるプロモトレンドの3種類があります。
Twitter広告は、他SNSと比べて広告をより多くのユーザーに届けられる点が特徴です。

Twitter広告の課金方式

Twitter広告では、設定した目的が達成された場合にのみ、広告費用が発生します。
例えばプロモツイートがエンゲージメントを獲得したとき(クリックされたりいいねされたりしたとき)にいくら、プロモアカウントがフォローされたときにいくらといった形です。
目的と関係のないアクションに対しては、課金されません。よって無駄な広告費用を支払うことなく、広告を運用できます。

Twitter広告の3つの特徴・メリット

  • 二次拡散が狙える

    Twitter広告のメリットの1つ目は、二次拡散が狙える点です。
    Twitterにはリツイート機能があります。ユーザーが特定のツイートをリツイートすることで、そのツイートはユーザーのフォロワーのタイムラインに表示されます。
    リツイートは他SNSにはない、Twitterならではの機能です。リツイートを見た別のユーザーがさらにリツイートをして、といった形でツイートがどんどん拡散されます。
    リツイートで拡散されたTwitter広告は課金対象外です。Twitter広告がうまくリツイートされれば、費用を押さえたまま莫大な宣伝効果を産むことができます。
  • ツイート内容からターゲティング可能

    Twitter広告のメリットの2つ目は、ツイート内容からターゲティング可能である点です。
    他SNSでは、ユーザーの登録情報をもとにターゲティングを行います。しかしTwitter広告では、ユーザーの登録情報に加えて、フォローしているアカウントの特徴やツイート内容を活用したターゲティングが可能です。
    他SNSではピンポイントでリーチすることが難しい層にも、ターゲティングできます。
  • 若年層へのアプローチが可能

    Twitter広告のメリットの3つ目は、若年層へのアプローチが可能である点です。
    SNSによって、メインユーザーの年齢層は異なります。そしてTwitterのメインユーザーは若年層です。
    若年層向けに広告を打ち出したいのであれば、Twitter広告が適しています。

Twitter広告の3つの課題点

  • 非公式リツイートされた広告は消すことができない

    Twitter広告のデメリットの1つ目は、非公式リツイートされた広告は消すことができない点です。
    Twitterのリツイート機能には、公式リツイートと非公式リツイートの2種類があります。
    非公式リツイートとは、通常のリツイート機能を使わず、リツイートしたいツイートの文言を自分のツイートにコピー&ペーストして行われるリツイートのことです。
    ツイート主は広告主ではなくなりますので、一度非公式リツイートをされてしまえば、こちらの判断でツイートを削除することができなくなってしまいます。
    よってTwitter広告を出稿する際は、炎上のリスク等も考慮しなければなりません。
  • ユーザーの年齢層が低い

    Twitter広告のデメリットの2つ目は、ユーザーの年齢層が低い点です。
    Twitterは140文字の短文でコミュニケーションを取るSNSです。よって長文投稿を好む世代のユーザーはFacebookのような他SNSに流れやすいです。
    こういった層をターゲットにしたTwitter広告は、それほどの効果を期待できない可能性があります。
  • デモグラのターゲティング精度が低い

    Twitter広告のデメリットの3つ目は、デモグラのターゲティング精度が低い点です。
    Twitterではアカウントを作成する際に誕生日の登録が必須ではありません。こういったことから、Twitterの登録情報から得られるデータが少なく、Twitter広告におけるターゲティングは、ユーザーのフォローやツイート内容をもとに行われます。
    フォローやツイート内容から完璧なデータが得られることはないので、Twitter広告は、他SNSと比べてターゲティング精度が低いと言えます。

Twitter広告の運用代行のメリットとは?

  • 社内リソースが不要

    Twitter広告の運用代行のメリットの1つ目は、社内リソースが不要である点です。
    Twitter広告を適切に運用するには工数がかかるため、社内リソースの確保が欠かせません。Twitter広告を運用したいものの、社内リソースの不足がネックになっている企業は多いです。
    代理店にTwitter広告の運用代行を依頼すれば、社内に十分なリソースがなくても、Twitter広告を運用できます。
  • 広告の知見がなくても大丈夫

    Twitter広告の運用代行のメリットの2つ目は、広告の知見がなくても大丈夫である点です。
    ただ広告を出稿するだけでは、十分な広告効果は得られません。Twitter広告を運用するには、Twitter広告の運用経験やノウハウを持った人材が必要です。
    そういった人材を育成するには時間がかかり、貴重な広告機会を失ってしまいます。
    一方代理店にTwitter広告の運用代行を依頼すれば、社内に広告運用の知見を持った人材がいなくても、すぐにTwitter広告の運用を開始できます。
  • 成功事例を共有してもらえる

    Twitter広告の運用代行のメリットの3つ目は、成功事例を共有してもらえる点です。
    代理店には、Twitter広告運用によって得られた成功事例や失敗事例がいくつも蓄積されています。
    代理店にTwitterの広告運用を依頼することで、これらの事例を考慮した広告運用が可能となり、十分な広告効果が期待できます。

料金体系

  • 初期費用0

  • 広告費制限なし お好きな金額でお試しいただけます

    運用手数料広告費の20%※ただし、下限は10万円とさせて頂きます。

    ご契約期間1ヶ月から

    LP制作30万~50万※必要に応じて要相談

    バナー制作5,000円~/1枚※必要に応じて要相談

サービス導入までの流れ

  • お問い合わせ
  • お打ち合わせ
  • 戦略立案
  • 実行支援

レギュレーション

頻度区分 項目 概要
Dayly SEM運用 日々の運用、予算進捗確認、運用調整
Weekly 週次レポート提供 主要数値進捗の報告、前週取組みの報告、
今週方針・施策の共有
Monthly 月次レポート提供 前月・当月経過の報告、分析の提供
月例定例会 月次レポートの報告、施策の提案、
分析に基づく戦略視点協議、
貴社からの情報共有・フィードバック
Regular ダッシュボード提供 各媒体数値の可視化

的確なフォロワーターゲティングで検索広告同等の成果を実現

  • 配信媒体
  • Twitter広告

エンジニア転職サービス(BtoC)

・フォロワーターゲティングの活用
・カルーセル広告の実施
・定期的なバナー制作と効果検証

  • コンバージョン
  • エントリー申込み
広告費 CV CVR CPA
¥174,731 7 0.31% ¥24,962

未記入

  • 配信媒体
  • Twitter広告

グルメイベント

・フォロー獲得広告の実施
・フォロワーターゲティングの活用
・イベント開催日に合わせた配信量の調整

  • コンバージョン
  • アカウントフォロー
広告費 CV CVR CPA
¥150,000 1,351 0.12% ¥111

未記入

  • 配信媒体
  • Twitter広告

ASPサービス

・フォロワーターゲティングの活用
・キャンペーン訴求の活用
・定期的なバナー制作と効果検証

  • コンバージョン
  • サービス登録
広告費 CV CVR CPA
¥544,237 49 0.09% ¥11,107
導入事例一覧へ
施策概要
サービス/料金
実績紹介
関連記事/資料

まずは気軽にご相談ください

電話受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)

WEB戦略のご提案・アカウント分析
・お見積り作成も対応いたします。

よくある質問

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)