企業YouTubeでチャンネル登録者を増やす方法とは?指標など基礎から解説

投稿日:2022.09.27

企業YouTubeでチャンネル登録者を増やす方法とは?指標など基礎から解説

近年では、チャンネルを開設して集客や商品・サービスの販売促進に役立てようという企業が増えてきました。

しかし、YouTubeチャンネルの開設当初は登録者を増やすことが非常に難しく、運用事業から撤退してしまうところも珍しくはありません。

そこで今回の記事では、YouTubeチャンネルを開設した企業の方々に向けて、チャンネル登録を増やすポイントなどを解説していきます。

YouTubeのチャンネル登録者が増えない原因とは?

ここでは、YouTubeのチャンネル登録者が伸び悩む原因の中でも、主だったものを5点紹介していきます。

更新頻度が少ない・不定期

YouTubeのチャンネル登録者が増えない原因の大きなものとして、そもそも更新頻度が少ない、もしくは不定期の配信というものがあります。

お店でたとえると分かりやすいと思いますが、品数が少ないお店や、開店が不定期なお店が繁盛することは、まず考えられません。

YouTubeのチャンネル登録者を増やすためにも、動画の更新頻度を上げるとともに、定期的にアップするよう心がけましょう。

また、更新頻度を上げることにより、YouTubeのアルゴリズム的に検索の上位やおすすめに載りやすいというメリットもあります。

チャンネルの設計が曖昧

チャンネル設計が曖昧というのも、YouTubeのチャンネルが伸びない理由の一つです。

たとえば、コンセプトがまとまっておらず、料理系の動画やDIY系、動物系の動画を一つのチャンネルで配信しても視聴者は困惑してしまいます。

YouTubeのチャンネル登録者を増やすためにも、どんなチャンネルにするのか、慎重に設計してから動画作りに取り組みましょう。

チャンネルの分析を行っていない

YouTubeには、自社のチャンネルのクリック率などを分析できる便利な機能が備わっています。

そういった機能を利用し、どんな動画が視聴者に好まれるのかの分析をしつつ、ブラッシュアップを重ねることで、YouTubeのチャンネル登録者数を増やすことにつながります。

なお、この分析機能は次の項で詳しく解説していきます。

YouTubeのアルゴリズムを理解していない

YouTubeのアルゴリズムを理解できていない企業は、チャンネル登録者数を増やすことが難しくなります。

YouTubeにおけるアルゴリズムとは、どれだけ表示されやすいかの指標の一つです。

YouTube側に良質な動画だと判断されれば、どんどんユーザーに表示され、再生回数も伸びていきますが、そうでない場合は、表示されにくくなり、チャンネルの伸び悩みの原因となります。

ただ、このアルゴリズムに関しては定期的に変更されていますので、YouTube運用の代行業者などに外注するのがおすすめです。

チャンネル登録者を増やすために知っておきたい用語

続いて、チャンネル登録者を増やすために知っておきたい用語を解説します。

きちんと理解することで、チャンネルを正しく分析することが可能になります。

インプレッション

インプレッションとは、自社のチャンネルの動画のサムネイルが、画面に表示された回数のことを指します。

このインプレッションが多ければ多いほど、ユーザーの目に止まったということになります。

インプレッションが多いのに、再生回数が伸びない場合は、サムネイルやタイトルに何らかの問題がある可能性が高いです。

このような場合は、一度サムネイルやタイトルを見直してみましょう。

ちなみに、動画の再生回数と混同されがちですが、あくまで「サムネイルが画面に表示された回数」ですので、間違わないようにしましょう。

クリック率

クリック率とは、その名のとおり、サムネイルが表示された際に、どれくらいの割合でクリックしてもらえたかを表す指標です。

このクリック率が高い動画は、YouTube側から良質な動画と判断されるため、インプレッションの増加につながります。

クリック率が高い状態で、インプレッションが増加すると、再生回数がさらに伸びるという好循環が生まれ、自社のチャンネル登録者数を増やすことができます。

エンゲージメント

YouTubeのエンゲージメントとは、視聴者が動画やチャンネルに反応した数のことを指します。

このエンゲージメントが高くなればなるほど、ユーザーから選ばれやすくなるうえ、「いいね」やコメントがもらえやすくなるのがメリットです。

高評価やコメントが多い動画は、YouTube側からの評価も高くなりますから、チャンネル登録者を増やすことにもつながります。

平均視聴時間

平均視聴時間とは、読んで字のごとく、視聴者の平均的な動画の視聴時間です。

視聴者は、動画を最後まで観てくれるとは限りません。

たとえ30分の動画を作ったとしても、「つまらない」と判断されれば数十秒で離脱されることもしばしばあります。

こちらの数値が低いと、YouTubeからレコメンドされる確率が下がってしまいますので、きちんと最後まで動画を見てもらえる工夫をすることが重要です。

総再生時間

総再生時間は、投稿した動画が、合計してどれだけの時間再生されたかを表す指標です。

収益化を目指す際には4,000時間もの再生時間を稼ぐ必要があります。

ちなみに、収益化にはチャンネル登録者数を1,000人以上、保有しているという条件も追加されます。

YouTubeのチャンネル登録者を増やす工夫

次に、YouTubeのチャンネル登録者を増やす工夫についても押さえていきます。

SNSなどの他の流入源を作る

YouTubeのチャンネル登録者数を増やす方法には、動画配信以外にも、SNSやブログなど外部からの流入源を作るといったものがあります。

動画を配信する度に、SNSとブログで報告することにより、より大勢の人にアピールできます。

さらに、外部のコンテンツと連携することにより、Googleからの評価が高くなるので、検索した際に上位表示されやすくなるというメリットもあります。

SEO対策を意識したコンテンツ設計

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすためには、SEO対策を意識したコンテンツ設計が欠かせません。

先述のとおり、アルゴリズムやクリック率、ほかにもキーワードなどを意識しないと、ユーザーに表示されにくくなってしまいます。

ただし、自社の社員だけでSEO対策を賄おうとしても困難なケースが多いため、最近ではYouTubeの運用を外注する企業も増えてきました。

サムネ・細かい編集はプロに外注する

YouTubeで再生回数を増やしていくためには、ただ動画を撮影するだけなく、サムネやテロップ、効果音などを有効活用しなければなりません。

これらの要素が無い動画は、どうしても質素なものに見えてしまうため、視聴時間が稼げなくなってしまいます。

ただし、これらの作業はデザインのセンスや動画の編集技術などが必要なので、素人が施そうと思っても、納得のいく形にはなかなかならないです。

そのため、上記SEO対策と同様に、細かい編集作業でも外注がおすすめです。

動画を広告で配信する

チャンネル登録者を増やす工夫の一環として、広告を利用してみるのも効果的です。

YouTube広告は、YouTube内の様々な配信面に配信することが可能なので、ターゲットとするユーザーにアプローチすることができます。

YouTubeのチャンネル登録者を増やす難しさ

YouTubeのチャンネル登録者を増やすための要素には様々なものがあることは、ここまで見てきたとおりです。

しかし、チャンネル登録者を増やす要素を理解していても、一筋縄ではいかないのがYouTubeです。

そこで、ここでは、YouTubeのチャンネル登録者を増やす難しさについて解説していきましょう。

視聴してもらえる動画の企画作り

動画を作る以上、何らかの企画を考える必要があります。

しかし、YouTube上は様々な動画で溢れかえっているため、斬新なアイデアでもない限り、多くの視聴者に自社の動画を届けることができません。

自社が発信したい内容と相性がよく、かつ新しい切り口の動画でなければ、なかなか視聴者に選んでもらえないところが、YouTubeの難しいところと言えるでしょう。

編集に凝った動画でもSEO対策をしていないと表示されにくい

YouTubeで動画を配信する際に、多くの人は動画の制作に力を入れます。

「高額な動画編集ソフトを購入し、丹精込めて作り上げた珠玉の作品!これが伸びないはずがない!」

と本人が思っていても、SEO対策がきちんとなされていないと、ユーザーに表示されにくくなってしまいます。

上でも触れましたが、表示されるようにするには、キーワードの埋め込みなど数々の工夫を凝らしましょう。

代理店に依頼してチャンネル登録者を増やす方法がおすすめ

上述のとおり、YouTubeの世界で生き残っていくためには様々な方策が必要です。

優れた撮影機材や動画編集ソフトを扱える人材、SEO対策の知見を有した人物を、自社だけで集めるのは非常に困難と言えます。

そのため、YouTube運用の代理店に依頼して施策を施してもらうのが、チャンネル登録増やすための近道です。

代理店に依頼することで、時間の節約、そしてコストの圧縮、社内の人的リソースの温存など、数々のメリットが生まれます。

また、運用のためのノウハウもレクチャーしてもらえれば、いずれはインハウス化にもつなげられます。

YouTubeでチャンネル登録増やすことに悩んでいる企業の方々は、ぜひデジタルトレンズにお問い合わせください。

デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

初心者でもできる!少額で効果を出せるWEBマーケティング施策3選

「何から始めたらいいかわからない」「まずは自分(自社)でWEBマーケをやってみたい」という企業様に向け、少額で実施しやすいWEBマーケティング施策ついてまとめた資料となります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

関連する記事

関連サービス

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)