MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

「今、気になる」ことを検索する現代人をターゲットにしたリスティング広告ですが、実際にどのくらいの費用をかければいいのかわからない。そのような質問が多く寄せられます。

まずは、リスティング広告がどんなものかを理解し、そのうえで費用について考えていくのがいいと思います。

以下で、リスティング広告の基本についても触れながら、解説していきます。

1.リスティング広告とは

リスティング広告とは、googleやyahooなどのおなじみの検索エンジンの検索結果上部に掲載できる「広告」です。検索エンジンが独自に判断し順位付けする自然検索結果と違い、広告を表示するキーワードや掲載順位をコントロールできるため、即効性が高く・費用対効果が優れるのが特徴です。

1-1. キーワードの設定

検索エンジンでユーザーによって検索されるキーワードを設定することで、ユーザーのターゲティングができます。集客したい検索キーワードを任意に設定して広告を打つため、他の広告に比べてピンポイントなターゲットにアプローチできます。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

1-2. 広告文の作成

さらに広告文を自由に設定することができるので、ユーザーの購買意欲を高め、クリックを促すことができます。自由度の高い広告文は、さまざまなニーズに合わせて、効率よくユーザーを取り込むことができます。

1-3. メリット

メリットは比較的に購買意欲やその商品・サービスに興味のあるユーザーに対してアプローチできることです。また、低予算ではじめられるのでコストパフォーマンスが良く、広告の動向をリアルタイムで確認でき、改善を即座に対応できるため、広告のコントロールを簡単にできます。

2.オークション制&クリック課金制

続いて、リスティング広告の費用の目安を考えていくうえで、必ず知っておかなければならない料金システムについて説明します。

2-1. オークション制

リスティング広告の掲載位置を決定づける1つの要因が、クリック単価(1回あたりのクリックの値段)で、この単価はオークション制で決められます。ですが、その他の要因も掲載位置に関係するので、注意が必要です。

2-2. クリック課金制

料金システムは、クリックされるごとに料金が発生するクリック課金制なので、広告が表示されるだけでは費用はかからず、表示させるだけで高コストなCMやチラシなどの広告と比べて、コストパフォーマンスはいいと言えます。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

3.リスティング広告の費用相場

3-1. 費用に関する基本事項

先に述べたように、リスティング広告の費用は、クリック課金制とオークション制が採用されています。したがって、表示された広告が「クリックされた回数」×「キーワードごとのクリック単価」で費用が決定します。

広告が表示されただけでは費用は発生せず、Google AdwordsやYahoo!スポンサードサーチなどを利用するのに初期費用も発生しないので、手軽に始めることができます。したがって、リスティング広告はかなり低い費用で始めることができる広告です。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

3-2. 費用相場

Google AdwordsやYahoo!スポンサードサーチの初期設定費用が1アカウントあたり5万円以上となっていますが、それより安くてもいいと思います。ですが、商品・サービスにもよりますが、インターネットによる集客に力を入れて、充分な成果を獲得しようと思うなら、もう少し高めの予算設定が必要になるでしょう。30万円ほどは必要になってくるようです。

また、広告代理店などにリスティング広告の運用を依頼し、確実な成果獲得を望むのであれば、その費用に加えて、運用手数料を払う必要があります。その手数料は、15%~20%ほどの企業が多いようです。また、予算が低い場合は、手数料が定額で設定されている場合もあるようです。

4.リスティング広告費用の概算と予算の決定方法

4-1. 費用の概算

リスティング広告の予算は「目標成果獲得単価」×「目標成果獲得数」で求めることができます。
目標成果獲得単価とは、1つの成果を獲得するためにかかった費用のことです。
例えば、目標成果獲得単価が「2000円」で、目標成果獲得数が「月100件」とすると、ひと月の予算は20万円かかることがわかります。
目標成果獲得単価CPAの設定ができていないときは、Google AdWordsの「キーワードプランナー」を活用するといいでしょう。
そこで、キーワードと入札単価を入力すると、予想される費用や掲載順位が表示されます。広告を打ち出す前に、こうしたシミュレーションをすることで、予算の使いすぎを避けることができます。

4-2. 予算を決める方法

予算の決め方は、簡単なものが2つあります。

1つ目は、売上目標をもとに予算を決定する方法です。
月10万円の売上を目標とする場合、商品単価が1000円だとすると100個売る必要があります。目標成果獲得率が1%と仮定すると、100個販売するためには10,000クリックが必要です。そして、平均クリック単価が100円だと仮定すると、用意するべき費用は100万円必要となります。

このように、売上から逆算していくと、予算を決めることができますが、実際の成果獲得率や平均クリック単価が異なる可能性もあるので、予算と費用はズレがあるかもしれません。2つ目は、キーワード単価をもとに予算を決定する方法です。
Google AdWordsの「キーワードプランナー」などで、キーワード単価を検索してみて、例えば平均クリック単価が100円、クリック数が1000回見込めるとすると、予算は10万円になります。仮に成果獲得率が2%だとすると、10万円の費用で20件の成約が見込めます。

5.まずは少ない予算からスタート

ここまで、リスティング広告の費用相場について説明してきましたが、まずは低めの予算設定から広告運用してみるといいでしょう。

少ない予算から始めるうえでのメリットは、無駄な費用を最小限にできることです。
リスティング広告で失敗する要因は無駄が多く、その無駄を解消できないことです。その無駄を最小限にして、今後のリスティング広告の改善に努めることができればかなり成果は見込めるでしょう。

例えば、初期設定のまま予算が5万円であれば、平均的には数百人の見込み顧客に商品・サービスを見てもらえるはずです。購買確率の高いユーザーにアプローチして、1人もアクションを起こさないのであれば、自社サイトや商品自体を見直した方がいいかもしれません。その検証として、少ない予算からスタートするといいでしょう。

一方で、すでに知名度のある企業は、多くのネット利用者の集客があらかじめ見込めるので、予算は多い方が得策であると言えます。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ
リスティング広告の運用代行ならデジタルトレンズ

■費用対効果が良い広告を打ちたい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

■まずは1度試してみたい方

まずは一度、広告のプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。