MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

共起語,SEO,

SEO対策を施したコンテンツを作成する際、共起語が重要だと聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。しかし、なぜ共起語が重要であるか、またどのようにコンテンツに含めれば良いのか分からない方も多いかと思います。

そこで本記事では、共起語の概要やその他のキーワードとの違いを解説するとともに、共起語を重要視するべき理由をご説明します。

また、共起語の調査に役立つツールもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

SEOに重要な共起語とは?

SEO,共起語,

まずは、共起語の概要を解説します。共起語とは、特定のキーワードと一緒に出現する頻度の多い言葉のことです。たとえば「SEO」の共起語では、「対策」や「コンテンツ」「検索エンジン」などが挙げられます。

つまり、検索クエリによって共起語は異なります。したがって、共起語をコンテンツに含める際は、狙うキーワードによって事前に共起語を調査し、その共起語をコンテンツに含められるよう準備することが大切です。

共起語とその他のキーワードの違い

共起語,キーワード,

ここまで、共起語の概要を解説してきました。

ここからは、共起語と混合されやすい下記2つのキーワードを解説します。

・サジェストキーワード
・関連キーワード

それぞれ順番に見ていきましょう。

サジェストキーワード

サジェストとは、検索窓に表示される、予め「他のユーザーが検索しているキーワード」を教えてくれる機能のことです。

つまり、サジェストに表示されているキーワードがサジェストキーワードになります。 こちらのサジェストキーワードは、ユーザーの属性や、検索している地域や場所によって異なります。たとえば、新宿でイタリアンレストランを検索する場合、サジェストには「新宿 イタリアン 〇〇(店名)」などが表示されます。

それぞれのユーザーの属性や地域によって、事前に最適化された状態で表示されるキーワードがサジェストキーワードだと理解しておきましょう。

関連キーワード

関連キーワードとは、文字通り、ユーザーが検索しているキーワードと関連するキーワードのことです。たとえば「共起語 SEO」のキーワードの場合の関連キーワードは、「共起語 サジェスト 違い」「読み方」などが挙げられます。

これらのサジェストキーワードと関連キーワード、そして共起語をコンテンツに上手く組み込むことで、検索エンジンからユーザーの悩みをより深く解決できる記事だと判断されやすくなります。

SEOで共起語を重要視するべき理由

共起語,重要視,

ここまで、共起語やその他のキーワードの概要を解説してきました。

ここからは、SEOで共起語を重要視するべき下記2つの理由をご説明します。

・検索エンジンは共起語から正確な情報を得てSEO評価を下す
・ユーザーニーズに的確に応えられる

それぞれ順番に見ていきましょう。

検索エンジンは共起語から正確な情報を得てSEO評価を下す

検索エンジンは、特定のキーワードと一緒に出現しやすい言葉をコンテンツの中で見つけ、その言葉からコンテンツの内容を理解しようとする特性があります。

その一緒に出現しやすい言葉こそ、共起語です。したがって、検索エンジンはコンテンツのキーワードと、共起語の2つを基に情報を判断しているということです。

つまりコンテンツに共起語を含めることで、コンテンツの内容をより適切に理解してもらいやすくなり、結果的にSEOで上位表示できる可能性が高まります。

ユーザーニーズに的確に答えられる

次に、ユーザーニーズに的確に応えられることも共起語を重要視するべき理由の1つです。なぜなら、その時々に応じて、共起語は移り変わるためです。

つまり、共起語が変わることは、ユーザーニーズ自体が変わっていることを意味します。 コンテンツのリライトは必要になりますが、共起語が変わるごとにコンテンツもアップデートすることで、その時代に応じたコンテンツをユーザーに届けられます。

SEOに活かせるおすすめの共起語ツール3選

共起語,ツール,

ここまで、共起語を重要視するべき理由等を解説してきました。

ここからは、SEOに活かせる共起語調査ツールを3つご紹介します。

・共起語調査検索
・パスカル
・LSI調査

それぞれ順番に見ていきましょう。

共起語調査ツール

共起語検索ツールは、コンテンツのターゲットキーワードを検索窓に入力するだけで、共起語を調査できるツールです。

回数制限なく、無料で利用できるため、共起語ツールを初めて利用する方におすすめです。

ただし、タイムラグが長かったり、アクセスが集中していたりすると利用できないケースもあるため、その場合は下記2つどちらかのツールを利用しましょう。

パスカル

パスカルは、URLやターゲットキーワードを入力することで、共起語を調査できるツールです。パスカルにおいては共起語のみならず、競合分析やページのユニーク単語数等を調査できるため、コンテンツやサイトの全体分析にも役立ちます。

ライトプランは月額45,000円の費用が必要になりますが、無料体験版も用意されているため、必要に応じて有料版を契約してみると良いでしょう。

LSI調査

LSI調査は、共起語のみを調査できるシンプルなツールです。Googleの検索結果10位までの共起語を抽出します。

無料かつ回数制限なく利用できるため、共起語調査ツールと比較して、使いやすいほうを優先して使うと良いでしょう。

共起語ツールを有効活用する方法

共起語,有効活用,

先ほど、共起語ツールをご紹介しました。

ここからは、共起語ツールを有効活用する2つの方法を解説します。

・新規コンテンツの作成
・検索順位が上がらないコンテンツ

それぞれ順番にご説明します。

新規コンテンツの作成時

まずは、新規コンテンツの作成時に役立てましょう。共起語ツールを使用して共起語を分析、コンテンツ内に必要だと判断した共起語のみを、コンテンツの中に散りばめれば問題ありません。

なお、コンテンツ内に必要な共起語とは、基本的にユーザーの悩みとの関連性が深いものです。関連性が深くない共起語を使用しても、ユーザーの混乱を招くことにも繋がりかねません。

検索順位が上がらないコンテンツ

次に、検索順位が上がらないコンテンツに共起語を追加しましょう。

検索順位が上がらないコンテンツは、共起語の数が足りないケースが多く、検索エンジンからユーザーニーズを満たせていないと判断されている可能性が高いです。

検索順位が上がらないコンテンツに対して、必要な情報が適切に設置されているか確認するためにも、共起語ツールを利用して必要な共起語を洗い出しましょう。

SEOに悪影響な共起語の使い方

共起語,悪影響,

ここまで、共起語を適切に使用することは、はユーザーと検索エンジンの双方にメリットのあることだと解説してきました。

しかし、SEOに悪影響な共起語の使い方も存在します。

・共起語ばかりのコンテンツ
・文脈が整っていない

上記2つをそれぞれ解説します。

共起語ばかりのコンテンツ

まずは、共起語ばかりが使用されたコンテンツは、SEOに悪影響を与えます。検索エンジンへの対策ばかりを意識し、共起語ばかりを散りばめても、かえって検索エンジンはコンテンツの内容を判断することはできません。

結果的にペナルティの対象となる恐れもあるため、あくまで適切に使用することを心がけましょう。

文脈が整っていない

上述した内容と似ていますが、文脈が整っていないコンテンツも、SEOに悪影響を与える可能性があります。検索エンジンは細かな文脈までを判断できませんが、文脈の整っていないコンテンツは、ユーザーの離脱率を高める可能性があります。

つまり、結果的にSEOにおいて悪影響を与えます。共起語を使用することは重要ですが、文脈として適切な配置になっているかも確認しましょう。

まとめ:SEO強化のために共起語を適切に使用しましょう

共起語,SEO,

本記事では、共起語の概要や、重要視するべき理由を解説してきました。共起語は、特定のキーワードと一緒に出現する頻度の高い言葉のことです。

共起語を適切に使用することによって、ユーザーニーズを満たしやすくなったり、検索エンジンに適切に情報を伝えやすくなったりします。

共起語をコンテンツ内に使用できるようにするためにも、まずは本記事でご紹介した共起語ツールを利用し、共起語を洗い出すことから始めてみてはいかがでしょうか。

デジタルトレンズ

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。