【最新版】Facebook・Instagram広告の入稿規定、文字数、画像サイズについて

更新日:

投稿日:2018.07.15

【最新版】Facebook・Instagram広告の入稿規定、文字数、画像サイズについて

代表的なSNSとなったFacebookとInstagramは莫大なユーザー数を抱える一方でそのリーチを活かした広告サービスを提供しています。
しかも誰でも広告を出稿することが可能で、商品や目的に合わせた様々なフォーマットで訴求できます。

以下ではそんな今webマーケティング界でホットなFacebookやInstagramで打ち出すことができる広告について、概要の説明から配信方法、入稿規定まで詳しく説明させていただきます。

1.Facebook広告とは

そもそもFacebookとは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼ばれるインターネット上のコミュニティサイトの一つです。知人とネット上でつながりを深めることができ、情報収集や交流に広く利用されています。

そして、Facebook広告とは上記で説明したFacebook内で掲載されている広告のことです。その他のSNS広告として、Twitter広告やInstagram広告などがあります。Facebook広告は、これらの広告に比べてユーザー数が多いうえに、ターゲティング精度が高く、特に利用者層に多いビジネス向けの媒体として使いやすいので、多くの企業が利用しています。

Facebook広告の種類

①リンク広告

利用者をウェブサイトに誘導し、宣伝したいページへの訪問を増やすことができる広告です。リンク広告にはコールトゥアクションボタンを設置することができ、「購入する」、「詳しくはこちら」、「登録する」、「予約する」、「ダウンロード」などの種類から好きなアクションの実行を促すことができます。

②リード獲得広告

資料請求や問い合わせ、メールマガジンの購読、イベント参加などのユーザーからの問い合わせを促進する広告を配信し、Facebook上のエントリーフォームを通して商品やサービスに関心ある見込み客のリード(見込み客情報)を獲得できる広告のことです。

③ダイナミック広告

Facebookのフィード上にユーザー個人に合った「関連性」の高い広告を自動的に配信してくれる広告のことです。
商品が多数あるような事業や、コースやメニューが複数あるようなサービスの場合には、その中から閲覧者に合わせて「パーソナライズ」された広告が表示されます。

④画像広告

画像とテキストを使った広告のことです。画像付きの記事を投稿するだけで作成できるので、かなり手軽な広告となっています。

⑤動画広告

動画を用いた広告のことで、画像広告に比べて伝える情報量が大きく、短時間で企業のブランドや製品などをターゲット層に伝えることできます。

⑥カルーセル広告

1つの広告で最大10の画像または動画を表示し、それぞれに別のリンクやコールトゥアクションボタンを付けることができる広告です。
複数の商品を紹介したり、1つの製品やサービスを多角的に見せたり、ブランドのストーリー性をアピールすることもできます。

⑦スライドショー広告

画像を用いて、動画のように動きや音、テキストを使ってストーリーを美しく伝える広告のことです。デバイスや通信速度を問わずに利用できるので、ユーザーにとって便利なものとなっています。また、スライドショー広告はデスクトップまたはモバイルから数分で作成でき、すでにある動画を使うなどして作ることができるので、動画広告に比べて手軽です。

⑧インスタントエクスペリエンス

Facebookから離れることなく、フルスクリーンの動画や画像、テキストやコールトゥアクションボタンを使うことができる広告のことです。
閲覧したユーザーは、画面をスワイプしたり、傾けたり、画像を拡大したりして、表示されているコンテンツを見ることができます。

⑨コレクション広告

モバイルに特化した広告で、目を引くメインビジュアル(動画・スライドショー・静止画)と、その下に関連する商品画像4枚が並んでいるものです。

2.Instagram広告とは

Instagramとは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼ばれるインターネット上のコミュニティサイトの一つです。
撮影した画像や動画を加工して共有するSNSです。中には、ストーリーズという機能もあり、国内ユーザーが2000万人、海外ユーザーが8億人とユーザー数が急激に伸びています。

そして、Instagram広告とは上記で説明したInstagramのフィードで画像や動画などが掲載されている広告のことです。
その他のSNS広告として、Twitter広告やFacebook広告などがあります。
利用者数の多い10代~40代に関しては女性の利用者の方が上回っており、平均で60.25%を占めていますが、全体の年齢層で見ると男性が45%と約半分ほどの割合となっています。

上記のように、特に若い女性の利用率が高く、インスタグラムユーザーの傾向が明確なため、アパレルブランドやコスメブランドなど、女性をターゲットとする企業を中心にビジネス活用が進められています。

Instagram広告の種類

①画像広告

画像とテキスト(ハッシュタグなど)を使った広告のことです。画像付きの記事を投稿するだけで作成できるので、かなり手軽な広告となっています。

②動画広告

Instagramのフィード内に動画を表示させる広告のことで、画像広告に比べて伝える情報量が大きく、短時間で企業のブランドや製品などをターゲット層に伝えることできます。

③カルーセル広告

1つの広告で5枚ほどの画像やリンクを表示し、横にスライドさせることで複数の画像を確認できるフォーマットの広告です。複数の商品を紹介したり、1つの製品やサービスを多角的に見せたり、ブランドのストーリー性をアピールすることもできます。

④ストーリーズ広告

日々の出来事やイベントを写真・動画でシェアできるInstagramストーリーに表示される広告のことです。また、スマートフォンの画面にフルスクリーンで表示されるタイプの広告で、Instagram独自の広告タイプです。ユーザーの趣味や関心に対してアプローチする目的で使用します。

⑤イベント広告

イベント広告は、開催予定のイベントの認知と、参加者の獲得の両方を同時に行える広告です。オーディエンスを細かく適切に設定することで、見込み顧客であるユーザーにイベントを認知してもらい、集客も期待できます。

セミナーやワークショップ、割引セールといったイベントを行うのであれば、Facebook広告の中でもイベント広告を選択すべきです。

⑥クーポン広告

クーポン広告は、Facebook上で自社商品やサービスに対するクーポンを発行できる広告です。ユーザーが広告をクリックするとクーポンが発行され、ネット上で使用できたり、来店時に提示することで使用できたりします。

クーポン広告は、「◯%OFF」「2つ購入で1つ無料」など、ユーザーが魅力的に感じるオファーがある際に有効な広告で他の広告と比べて、クリックされやすいです。

3.Facebook広告の入稿規定

Facebook広告の種類はかなり多いですが、使用できるものは画像か動画のみであるので、全ての広告に通じる基本的な入稿規定を以下でまとめてあります。

広告の種類 画僧広告 動画広告
サイズ 1200×628 9:16~16:9
形式 jpg、png
容量 3MB以内推奨 4G以内
テキスト 125文字以内
見出し 25文字以内
ボタン 15種類から選択

注意事項
※画像内のテキストが画像全体の面積の20%未満
※動画の長さは1秒~240分
※100文字以上はファーストビューに表示されません
※16文字以上はファーストビューに表示されません
※ボタンの種類…「申し込む」、「予約する」、「今すぐ電話」、「お問い合わせ」、「ダウンロード」、「道順を表示」、「詳しくはこちら」、「上映時間を表示」、「メッセージを送信」、「購入する」、「登録する」、「音楽を聴く」、「他の動画を視聴」、「メニューを見る」、「保存する」

4.Instagram広告の入稿規定

Instagram広告は、Facebookと違ってストーリーズ広告のような特殊なものもあるので、各広告の入稿規定を細かく把握しておきましょう。

①画像広告

ファイル形式:jpg、png
最大ファイルサイズ:30MB
画像の最小解像度:正方形(600×600px)、長方形(600×315px)、縦長(600×750px)
画像の最大解像度:1936×1936px(どのフォーマットも同じ)
画像のアスペクト比:正方形(1:1)、長方形(1.91:1)、縦長(4:5)
説明文の最大文字数:2200文字
説明文の最大ハッシュタグ数:20

②動画広告

ファイル形式:推奨タイプはMP4、MOVだが、ほとんどの形式に対応
最大ファイルサイズ:4GB
動画の最小解像度:正方形(600×600px)、長方形(600×315px)
動画のアスペクト比:正方形(1:1)、長方形(1.91:1)
動画に必要な秒数:3秒以上60秒未満
説明文の最大文字数:2200文字
説明文の最大ハッシュタグ数:30

③カルーセル広告

ファイル形式:jpg、png
画像使用可能枚数:3枚以上10枚未満
最大ファイルサイズ:画像1枚につき30MB
画像の最小解像度:600×600px
画像の最大解像度:1936×1936px
画像のアスペクト比:1:1
説明文の最大文字数:2200文字
説明文の最大ハッシュタグ数:30

④ストーリーズ広告

ファイル形式:MP4、MOV、GIF、jpg、png
最大ファイルサイズ:動画なら4GB、写真なら30MB
動画の最小解像度:600×1067px
動画のアスペクト比:9:16
動画に必要な秒数:1~15秒(デフォルトでは、画像は5秒表示される)
注意点:テキストが動画のサムネイル画像の20%以上を占めると配信が減ることがある

5.Facebook/Instagram広告の料金システム

5-1. Facebook広告の料金システム

①クリック課金制(CPC)

クリックされるごとに料金が発生するシステムのことです。したがって、広告が表示されるだけでは費用はかからず、表示させるだけなので、高コストなCMやチラシなどの広告と比べて、コストパフォーマンスがいいと言えます。

②インプレッション課金(CPM)

ユーザーのニュースフィードやタイムライン右側の広告枠に、広告が表示される回数が1,000回カウントされるごとに料金が発生するシステムのことです。

③最適化インプレッション課金

課金対象は、インプレッション課金と同様でインプレッションによって支払われます。インプレッション課金と異なる点は、広告主が希望するアクションを起こしてくれる可能性の高いユーザーに広告が表示されるように最適化できる点です。

5-2. Instagram広告の料金

①クリック課金制(CPC)

クリックされるごとに料金が発生するシステムのことです。したがって、広告が表示されるだけでは費用はかからず、表示させるだけなので、高コストなCMやチラシなどの広告と比べて、コストパフォーマンスはいいと言えます。

②インプレッション課金(CPM)

Instagramのフィード内に広告が表示される回数が1,000回カウントされるごとに料金が発生するシステムのことです。認知拡大やリーチを目的とする広告に最適なシステムです。

③アプリインストール課金(CPI)

これは、広告を経由してアプリがインストールされた時に料金が発生するシステムのことです。スマートフォン向けのアプリを配信したいという時に最適で、Instagramは特にスマートフォンから閲覧・更新しているユーザーが多く、アプリ広告と相性が良いため、使われることも多いです。

④動画視聴課金制(CPV)

動画が10秒以上再生された場合に料金が発生するシステムのことです。こちらは動画を使った広告の場合のみ使用出来るタイプで、主に認知拡大を目的とした動画広告の場合に最適なシステムです。

6.Facebook/Instagram広告の入稿時のポイント

適切なオーディエンスの設定

Facebook/Instagram広告入稿時のポイントの1つ目は「適切なオーディエンス設定」です。広告が見込み顧客とは異なるユーザーに表示されてもCVにはつながりません。広告費用を浪費するだけです。

事前に地域・年齢・性別などペルソナを具体的に設定し、オーディエンスの設定に反映させましょう。

また広告を運用する中で「オーディエンス設定が適切なのか」を常に検証し、改善できるところがあれば改善を行いましょう。

ハッシュタグの有効活用

Facebook/Instagram広告入稿時のポイントの2つ目は「ハッシュタグの有効活用」です。FacebookやInstagramでは、ハッシュタグ経由でのインプレッション獲得が期待できます。

考えて掲載されたハッシュタグと、適当に選定したハッシュタグでは、広告の効果に大きな差が出ることも。

特にInstagramでは、最大30個のハッシュタグを付けられます。コツは、ボリュームが大きいハッシュタグからボリュームが小さいハッシュタグまで満遍なく入れることです。

音声があり/なしどちらも違和感のない画像

Facebook/Instagram広告入稿時のポイントの3つ目は「音声ありとなし、どちらも違和感のない画像」です。

広告に音声を付けていても、ユーザーが音声ありで広告を見てくれるとは限りません。イヤホンがない状態で電車に乗っている人、複数名がいる状況でスマホを見ている人など、音声なしで広告を見る方はたくさんいます。

音声を前提に画像を作成するのではなく、仮に音声がなかったとしても内容を理解できるような画像を作成しましょう。

プレビューで確認して微調整する

Facebook/Instagram広告入稿時のポイントの4つ目は「プレビューで確認して微調整することです」です。

広告を作成してそのまま公開するのではなく、ユーザーからどう見えるのかをプレビューで確認しましょう。また「ここは変えた方がいいかな?」と少しでも思うのであれば変えましょう。こういった細かい作業が広告の効果をより大きくします。

7.入稿規定を守っても広告が審査落ちしてしまうことも・・

Facebook/Instagram広告を自分で入稿する際に、規定を守っているつもりでも審査に落ちてしまうことは珍しくありません。クリエイティブの思わぬ部分が広告ポリシーに違反していたなんて事例はいくつもあります。

プロの代理店でさえ思わぬ広告ポリシーの違反に引っかかってしまうことがあるため、この部分は非常に難しいです。また、その際に再審査の依頼や問い合わせから結果が分かるまでに1~2週間程時間が必要なこともあります。

ただ、代理店に広告の入稿や運用を依頼していればその間に解決策や、他のクリエイティブ案を出してくれたり、こまめにサポートセンターとやり取りを続けてくれ、いち早く解決に向けて動いてくれます。

広告の入稿が少しでも心配、初めての方はまずはプロの代理店に相談してみてはいかがでしょうか。

以下のページでSNSの運用・広告の代理店を紹介しているので気になる方は是非参考にしてください。

代理店ならFacebook/Instagram広告の入稿から運用まで

デジタルトレンズならSNS広告の運用実績豊富

弊社デジタルトレンズはこれまでに多数のFacebook広告・Instagram広告を運用した実績がございます。ペルソナをしっかりと分析したうえでのターゲット設定・スムーズな入稿作業で運用をしていきます。それだけではなく、しっかりとクライアントの売り上げ拡大に繋がる配信をします。

実際に弊社が扱った案件の成功事例をまとめたホワイトペーパーを無料配布しているので、気になる方は是非記事の最後からダウンロードしてみてください。

デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

【業界別】SNS広告 成功事例12選!

「SNS広告の事例を知りたい」「効果感、費用感を把握したい」そんな企業様に向けて、SNS広告の成功事例をまとめた資料となります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

関連する記事

関連サービス

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)