MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

Webメディアの運営を効率的におこなっていく上で欠かすことのできない記事の外注化。

メディアに入っているコンテンツが増えれば増えるほどユーザーの目に触れる機会も増えるので、Webメディアを伸ばしたいと考えているのであれば活用しない手はありません。

しかし、記事制作の外注化は意外と難しいものです。

正しい知識を持ち合わせた上で外注化を進めないと、想定していたレベルの記事が上がってこず修正に追われてしまったり、費用だけが膨れ上がり、思うような成果を得られないまま撤退なんてことにもなってしまいかねません。

そこでこの記事では、これから記事の外注化を進めていきたいと考えているSEO担当者のために、記事制作の費用相場と、記事制作を依頼するときのポイントについて紹介していきたいと思います。

記事の外注化を進める前にこの記事に目を通してもらうことで、外注化が失敗してしまう確率をグッと低く抑えることができるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

ライター・記事制作依頼の料金相場は?

ではまず初めに、外部のライターに記事制作を依頼する際の料金相場について解説していきたいと思います。

制作料金の決まり方

クラウドソーシングサイトで活動しているフリーランスのライターや記事代行サービスに記事制作を依頼する場合は、基本的に「文字単価」もしくは「記事単価」の2つの方法で制作料金が決まることが多いです。

文字単価は、「1文字◯円」という形で制作料金を決める方法です。

例えば、1文字1円に設定した依頼で、納品された原稿の総文字数が5,000文字だった場合、5,000円を支払うことになります。

記事単価の方は、「1記事◯円」という形で制作料金を決める方法です。

1記事5,000円で10記事の制作を依頼したい場合、トータルで50,000円を支払うことになります。

どちらの方法で依頼しても特に問題はありませんが、記事単価での依頼よりも文字単価で依頼されることの方が多くなっています。

記事内容の難易度とライターのスキルで相場は変わる

フリーランスのライターや記事の作成代行サービスを利用して記事の外注をおこなう場合、文字単価で依頼することが一般的だと紹介してきました。

では、1文字あたりの単価はどのようにして決めるべきなのでしょうか?

1文字あたりの単価を決めるための指標としては、大手のクラウドソーシングサービスであるランサーズの以下の画像が参考になります。

ライター費用

引用元;
ランサーズ

1文字あたりの単価は、依頼する記事の難易度や専門性が高くなればなるほど高くなる傾向にあります。

また、コンテンツマーケティングを成功させる上で欠かすことのできないSEOを意識したSEOライティングをおこなえるライターに記事制作やリライトを依頼する場合も、1文字あたりの単価は高くなります。

予算と求める質を加味しながら上記の画像を参考にして、1文字いくらで依頼するのかを決めるようにするといいでしょう。

記事制作を依頼する際の4つポイント

次に、記事の制作を依頼する際の4つの大切なポイントについてみていきましょう。

1.同一ジャンル実績のあるライターに頼む

記事を依頼するライターを選ぶ際は、その特定のジャンルで実績のあるライターを選ぶようにしましょう。

例えば、美容系の記事を依頼するのであれば、美容系の記事の執筆経験があるライターに依頼するというようなイメージです。

そのジャンルでの実績がないライターに頼むよりもそのジャンルでの実績があるライターに依頼する方が、より質の高い記事が上がってきやすくなるので、ライターの実績をよく確認するようにしましょう。

また、募集のタイトル文などで”<経験者限定!>”、”<〇〇業界に執筆経験ある方>”などといったフレーズを入れ込むことで、募集したい人だけを効率的に募集することができます。

2.ライターと円滑なコミュニケーションをとる

外部のライターに記事制作を依頼する場合は、とにかく円滑なコミュニケーションを心がけてください。

相手から連絡がきたらできるだけ早く返信するよう心がけ、とにかく丁寧・親切に返信するようにしましょう。

ライターが抱えている案件は一つだけではありません。

そのため、スケジュールを組んでそれぞれの案件に対応していますが、こちらの返信が遅いとそのスケジュールを狂わせてしまうことになりかねません。

また、丁寧で親切なコミュニケーションも、ライターが円滑に仕事を進めていく上で非常に重要です。

いくら単価が高かったとしても、円滑にコミュニケーションをおこなえるクライアントでないと仕事を続けていくことはできないので、ライターがどんどん離れていく原因になってしまいます。

3.ライターを育成する

先ほど解説したとおり、優秀なライターは単価が高い傾向にあります。

ですので、あえて平均的なスキルのライターを確保し、育成していくという方法もおすすめです。

採用した時点では平均的なスキルだったとしても、書き方のコツなどのノウハウを提供してあげたり、納品された記事に対して丁寧にフィードバックしてあげることで、ライターのライティングスキルを高めていってあげることは可能です。

ノウハウ提供や、納品記事に対してのフィードバックは少し大変なところではありますが、継続的に記事を制作していく予定がある場合は、費用対効果が高くなるのでおすすめです。

ライターのライティングスキルが向上すれば、ライターはもちろん、品質の高い記事が納品されるなどこちら側にもメリットがあるので、育成を視野にいれつつの採用も検討してみてください。

4.良いライターさんには惜しみなく単価を上げる

ライターを複数採用していると品質の高い記事を納品してくれるライターに出会えることがありますが、そういった優秀なライターの単価は惜しみなく上げてあげるようにしてください。

というのも、単価を上げるのをしぶり、いつまでも安い単価で仕事を依頼していると、せっかくの優秀なライターが離れていってしまうことになりかねないからです。

ライターが離れていってしまった場合、改めてライターを探すことになりますが、またそういった優秀なライターに出会える確率はそう高くありません。

育成することで優秀なライターに育てあげることもできますが、ライターの育成には時間もお金もかかります。

であれば、単価を上げてでも優秀なライターを確保しておく方が効率的ですし、品質の高い記事が上がってきやすくなるので、優秀なライターに出会ったらとにかく確保し続けることを意識するようにしてください。

記事制作を依頼する上で気をつけるべきこと

次に、記事制作を依頼する上で気をつけたい4つの注意点について解説していきたいと思います。

記事制作の目的を明確にする

記事制作を外注化してウェブメディアを作っていく場合、何かしらの目的があるかと思います。

商品を購入してもらったり、問い合わせをおこなってもらったりというものが代表的なものとしてあげられるでしょうか。

そういった目的を達成するためには、記事制作の目的や目標についても明確にしておく必要があります。

その記事に目を通すであろう想定読者(ペルソナ)をしっかりと設定してライターに共有したり、その記事の想定読者におこしてもらいたいアクションを共有し、動線を確保してもらったりというイメージです。

目的のない記事制作はもってのほかですが、しっかりと目的が設定されていたとしてもライターに共有できていないと意味がないので、記事制作の目的の詳細を事前にしっかりと伝えておくようにしましょう。

記事の内容のすり合わせをする

ライターに対策したいキーワードだけを共有し、記事を制作してもらうという依頼主は少なくありません。

中にはキーワード選定からライターに丸投げしているという依頼主もいますが、それだと上手くいかない場合がほとんどです。

そうなってしまわないためにも、ライティングをおこなってもらう前のすり合わせは徹底しておこなうようにしましょう。

記事の構成案を用意してあげることでこちらが想定していた内容から逸脱した記事が納品されることはなくなりますし、電話で簡単なすり合わせをおこなうだけでも逸脱した記事が納品される確率をグッと低く抑えることができます。

費用が安ければいいというわけではない

初めて記事制作を外注する場合、とにかく費用を安く抑えようと考える依頼主は少なくありません。

しかし、安い単価で依頼してしまうとそれなりの品質の記事しか納品されません。低品質の記事は読者の満足度も低くなってしまいがちですし、SEO的にも評価されません。

つまり、お金を払って価値のない記事を購入しているようなものです。

単価と記事の質は基本的に比例するものなので、適切な単価で依頼することを意識するようにしてください。

依頼先の実績を確認する

記事制作をフリーランスのライターに依頼するにしても、制作会社に依頼するにしても、実績の確認は必須です。

ただ、口頭では何とでも言えるので、実績を確認するときは、過去に制作した記事などのサンプルを確認させてもらうようにしてください。

依頼するジャンルと同じものをサンプルとして提出してもらうのが一番ですが、違うジャンルのサンプル記事であったとしても、構成力や基本的な文章力のチェックはおこなえます。

事前に実績を確認しておけば、こちらが想定していたよりも品質の低い記事が納品されることはまずないので、実績の確認は必ずおこなうようにしましょう。

文字数はどれくらいが理想?

記事制作を依頼する場合、どのくらいの文字数で依頼すればいいかわからない時があるかと思います。

上位表示を狙うのであれば、対策キーワードで、今現在上位表示している競合サイトと同じくらいの文字数は必要だと考えるべきです。

なぜなら、上位表示されている競合サイトの記事の文字数は、そのキーワードで検索したユーザーの検索ニーズを満たすために必要な文字数と考えられるからです。

これから記事を作成して上位表示するには、現在上位表示しているサイトのコンテンツよりも優れたコンテンツを用意する必要があります。

そうなると、最低でも同じくらいの文字数は必要になってくると考えられるので、現在上位表示されているサイトの文字数が参考になるというわけです。

文字数を調べる方法としては、Google Chromeの拡張機能である「Chromeの拡張機能である「かんたん文字数カウント」がおすすめです。」がおすすめです。

記事制作の外注方法

次に、記事制作を外注する際に活用できる3つの外注方法について紹介していきたいと思います。

自らライターを探す

記事の外注方法の一つ目が、自分でライターを探す方法です。

知り合いに紹介してもらったり、SNSでライターを探したりするなどして見つけていきましょう。

最近はSNSで仕事を募集しているライターも多いので、コンタクトを取り、実績を確認させてもらうなどして仕事を発注していくといいでしょう。

自分でライターを探す場合、クラウドソーシングサービスで探す場合と異なり、システムを利用する手数料などが発生しないので、費用を安く抑えられるというメリットがあります。

クラウドソーシング型サービスを利用する

記事制作を外注する方法として定番と言えるのが、クラウドソーシング型のサービスで探す方法です。

代表的なサービスとしては、クラウドワークスやランサーズなどがあげられます。

こういったクラウドソーシング型のサービスにはたくさんのライターが在籍していますし、評価システムが充実しているので、ライター選びで失敗してしまう確率を低く抑えながらライターを確保することができます。

記事制作代行業者に依頼

記事制作をよりスムーズに高品質に進めていきたいのであれば、記事制作代行業者に依頼するのがおすすめです。

記事制作代行業者には、その業者の審査をパスしたライターが多数在籍しているので、制作してほしい記事の概要を伝えるだけで記事制作を依頼することができるようになっています。

記事制作の外注化で最も手間がかかる部分がライターの選定や確保と言っても過言ではありませんが、その最も手間のかかる部分を省略できるのはかなり魅力的だと言えるでしょう。

ただし、これまでに紹介してきた2つの方法よりも制作費用が割高になるというデメリットもあります。

また、制作会社によっては、金額の割に記事のクオリティが低いところもありますので、依頼する場合はその会社の実績や口コミなどを確認するとよいでしょう。

まとめ

これから記事制作を外注化していきたいと考えているSEO担当者のために、記事制作の費用相場と、記事制作を依頼するときのポイントについて紹介してきました。

記事制作を外注化する場合の制作料金は文字単価で決められることが一般的で、文字数には決まりはありませんが、上位表示しているサイトの文字数を参考にしながら設定するといいでしょう。

記事制作を依頼する方法としては、

  • 自分でライターを探す方法
  • クラウドソーシング型のサービスで探す方法
  • 記事制作代行業者に依頼する方法

という3つの方法があるので、それぞれのメリットとデメリットを比較しつつ選ぶようしましょう。

また、記事制作を依頼する場合、意識するべきポイントや気をつけるべき注意点もいくつかあるので、紹介してきた内容を参考にしながら進めていくようにしてください。

なお、当社では、SEOに重視した記事制作を始めとした、コンテンツマーケティングやSEO全般の支援をさせていただいておりますので、何かお困りごと等ございましたらご相談くださいませ。

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。