MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

SEOライティングとは

SEOライティングとは、Googleなどの検索エンジンなどで上位表示させることを目的として文章を書くことです。一般的な記事のライティングは、「読み手(ユーザー)にわかりやすい文章を書く」ことが重要ですが、

SEOライティングは読み手(ユーザー)に加えて、「Googleの検索エンジン(機械)にもわかりやすい文章を書く」ことが必要となります。

SEO対策において、SEOライティングは必要不可欠なので、必ずポイントを抑えておきましょう。

SEOライティングの大前提

SEO対策は、Googleに好まれるサイトコンテンツの作成すること、に等しいですが、

そのGoogleは、検索エンジンの開発にあたり、「ユーザーを最優先すること」を方針として掲げており、「Googleが掲げる10の事実」でも以下のように記述されています。

Googleは、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。(引用元:Googleが掲げる10の事実)

つまり、検索上位に表示させるために一番重要なことは、ユーザー目線に立って「ユーザーの満足度の高いコンテンツ」を提供するということです。

この考え方は「ユーザーファースト」とも言われ、詳細については後述しますが、SEOライティングの大前提として頭に入れておきましょう。

SEOライティングの5つのポイント

ここからは、実際にSEOライティングを行う上でのポイントを5つ紹介します。

1.キーワードとの関連性

特定のキーワードを検索するユーザーのニーズ(検索意図)に沿った文章を書くということです。
そうすることで、検索キーワードと、コンテンツの関連性が高まり、上位表示されやすくなります。

文章を書く際は、以下のポイントを意識しましょう。

  • タイトルや見出しにキーワードを含める
  • リード文や末尾の文章にキーワードを含める
  • 記事のURLにキーワードを含める

キーワードに沿って文章を書くことは、SEOライティングにおいて一番重要なポイントなので、必ず意識するようにしましょう。

2.共起語の使用

共起語とは、特定のキーワードと一緒に使われるもしくは、連想されるキーワードのことです。例えば、「SEO ライティング」の場合、共起語は、「Web、検索、ライター、キーワード、ブログ」といったものになります。

このような、共起語を文章に入れることで、情報の網羅性が高まり、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを作成することが可能となります。

共起語を探す際は、以下のツールなどを使うとかんたんに調べられます。

参考ツール:共起語検索(neoinspire.net/)

3.ユーザーファースト

ユーザーファーストにおいては、ユーザー目線に立ち、わかりやすく丁寧に情報を伝えることが重要です。

  • 読者は何を知りたいのか?
  • この説明/表現は伝わるのか?
  • 読みやすい記事になってるのか?

ユーザー目線に立ち、ユーザーの気持ちや、知識レベルなどを考慮したライティングが重要です。
また、視覚的に読みやすくするために必要に応じて以下を活用しましょう。

  • 箇条書き
  • 太文字、強調
  • 色付け
  • 改行・スペース
  • 図・表・写真

4.独自性

Googleは、サイトを評価する際、コンテンツの独自性(オリジナリティ)を見ています。

そのため、検索エンジンで上位表示させるためには、独自のコンテンツが必要不可欠になります。
独自性のあるライティングをするには、競合コンテンツと比較しながら、以下の要素から検討してみましょう。

  • 情報の網羅性
  • 情報の詳細
  • 図や表、写真
  • 表現や言い回し
  • 例や経験談

5.専門性

独自性と同時に、コンテンツの専門性もGoogleの評価基準とされています。
特に、医療系や美容系のコンテンツにおいては、厳しく専門性を評価されるため、専門家やプロの監修をもとにコンテンツを作成することが重要です。

また、GoogleはSEOにおいて以下の頭文字を取った「E-A-T」と呼ばれる基準を設けております。

  • 専門性(Experience)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

一般的に、様々な情報を発信するよりも、一つの専門的な分野に集中したコンテンツの方が専門性が高いと評価されます。

SEOライティングで注意する4つのこと

ここからは、SEOライティングで注意、確認するべきことについてみていきます。

1.キーワードの出現頻度

SEOライティングにおいて、キーワードの使用は重要ですが、過度の使用は「過剰SEO」とされ、サイト評価が大きく下がることがあります。

一般的には、「1コンテンツにキーワード出現率5%が最適」と言われているので、必要最低限の量を意識すると良いでしょう。

キーワードの出現率がわかる以下のようなツールがあるので、ライティング完了後に確認をしてみましょう。

参考ツール:キーワード出現率チェック(ohotuku.jp/)

2.著作権・盗用

他の人の文章や、画像を無断で引用をすると、「著作権侵害」の犯罪になります。
引用をする際は以下のルールを守りましょう。

  • 引用符(blockquote)をつける
  • 引用元を明記する
  • 参照元リンクをつける

ライティングが完了した後は必ず上記を確認するようにしましょう。

3.誤字・脱字

誤字・脱字があると、ユーザービリティーが低いコンテンツとみなされます。
少し、時間のかかる作業ではありますが、細かく丁寧にチェックするようにしましょう。

誤字・脱字チェックツールなどを利用すると効率化できるので試してみて下さい。

参考ツール:日本語の誤字脱字エラーチェック(enno.jp/)

4.リンク切れ

最後に、記事内に貼り付けたリンクが有効かどうかを確認しましょう。
リンク切れが原因で、リンク先に遷移ができないとサイト評価が下がります。

記事制作のタイミングでは有効なリンクでも、時間が経つとそのページが既に削除されているという可能性もありますので、定期的に確認するようにしましょう。

SEOライティングの4ステップ

ここからは、SEOライティングに取り掛かるにあたっての4つのステップ(手順)をご紹介します。

1.キーワードを選定する

Googleなどの検索エンジンで上位に表示させるためには、特定のキーワードに沿ったコンテンツづくりが重要となります。

そのため、SEOライティングを始めるにあたっては、「どのキーワードを軸とした文章をつくるか」を一番最初に決定する必要があります。

キーワードの探し方や、選定方法についてはこちらの記事をご覧ください。

2.ペルソナを設定する

キーワードの選定が完了したら、次にペルソナ(想定読者)を設定しましょう。なぜなら、同じキーワードであっても、誰に情報を届けるかで記事の内容や書き方が異なるからです。

「男性か女性か」「初心者か経験者か」など、できるだけ明確にペルソナ(想定読者)を設定しましょう。

3.ゴール設定をする

次に、SEOライティングをするにあたってのゴール(目的)を設定しましょう。
ゴール(目的)は以下を参考にしてみて下さい。

  • 成果(CV)を獲得する
  • サイト流入数を増やす
  • 認知拡大(ブランディング)をする

4.コンテンツを設計する

最後に、SEOライティングをするコンテンツの全体像を設計しましょう。
コンテンツ設計をする際には以下の項目を設計しましょう。

  • タイトル
  • ディスクリプション(説明文)
  • 見出し
  • 小見出し
  • 要点、まとめ

上記の項目だけでも、記事の内容を大まかに理解できるようにすることがポイントです。
このコンテンツの設計は、記事の目次にもなるので、時間をかけて丁寧に作成しましょう。

まとめ

本記事では、SEOライティングのポイント、気をつけること、実際の手順についてまとめました。

SEOライティングは、検索順位を上げるSEO対策において必要不可欠なので、是非、今回の内容を参考にしてみて下さい。

補足:SEOライティングは膨大なリソースが必要?

SEOライティングは、SEO対策において非常に重要ですが、単に記事を書くだけでなく、市場調査、競合分析や、データ分析を元にした効果検証が必要となります。これらすべてを対応するには多くのリソースが必要となります。

また、徹底的にSEOライティングを行うとなると、SEOライティングは、descriptionメタタグをhead内にどのように記述するかや、article、nav、asideタグの使い分けといった、HTML言語の知識を始めとするプログラミングの知識も必要となります。

このように、SEOライティングで効果を出すには、膨大なリソースと、専門的な知識やノウハウが必要となります。
SEOライティングに取り組む際は、社内や自分のリソースを確認した上で、業者に依頼したり、クラウドソーシングサービスなどを使い外注化することも検討しましょう。

弊社デジタルトレンズでは、SEOライティングを始めとするSEO対策を一括でサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。