【広告運用者が選ぶ】おすすめのLPOツール10選を徹底比較!

更新日:

投稿日:2021.12.22

【広告運用者が選ぶ】おすすめのLPOツール10選を徹底比較!

LPOとは

LPO(ランディングページ最適化)とはLPをユーザーにとって最適なものにすることで、離脱率の改善やCVR の向上を行うことです。 例えば「商品の購入を促したい」「資料請求数をふやしたい」「会員登録・メルマガ登録者数を増やしたい」などのCVRを高めることを指します。

実際のLPOの事例についてはこちらの記事を参照ください。

LPOツールを使用するメリット

LPOツール使用時とツール未使用時の運用を比較すると、様々なメリットがあることに気付かされます。 そこでLPOツールのメリットをご紹介しましょう。

利益の最大化が狙える

LPOツールを使用することで、様々な施策が可能になります。結果、利益の最大化が狙えます。

もちろんLPOツールを使用せずとも利益の最大化は狙えますが、LPOツールを使用することで未使用時よりも高効率かつ選択肢も多々ありますので、未使用時にはできなかった施策を打ち出すことも可能です。

LPOツールはLPの最適化のために、サイトの問題点の抽出から改善提案を行いますのでツールの提案に沿って施策を実践することで、未使用時には行えない方法や効率にて利益の最大化を狙えます。

訪問者のニーズに合わせたページ変更

LPの訪問者のニーズも様々です。ニーズへの対応はサイト運営者として意識しなければならない点ですが、LPOツールであれば訪問者のニーズに合わせたページ変更も可能です。

LPOツール未使用で様々なニーズに対応する場合、膨大な手間がかかりますが、LPOツールを使用することで効率的な対応が可能になります。

また、ニーズそのものの把握も可能なので、多種多様なニーズへの対応が可能です。

制作ページの費用削減

LPの制作にもまた、費用が必要です。

LPの改善を常に考えているものの、費用面で断念せざるを得ないケースも決して珍しい話ではありませんが、LPOツールを使用することで、効率的な改善策が分かります。

つまり、制作ページの費用削減効果も期待できます。 改善すべきポイントを効率的に把握し、実践できるのもLPOの特徴なので、未使用時と比較すると費用対効果にも優れています。

変更したい部分だけの変更が可能

LPOツールを使用することで、変更したい部分だけ差し替えることが可能です。

LPOツールを使用せずにLPの差し替えを行う場合、専門的な知識が必要になります。コードの書き換えはもちろんですが、バックアップ、変更した部分の把握など、全て自らで実践しなければなりません。

この点からLPの改善を進めたくとも進められないケースも見受けられますが、LPOツールを使用することでそれらの問題も改善します。

LPOツールを使用するデメリット

メリットもあればデメリットもあるものです。 そこでLPOツールのデメリットについても把握しておきましょう。 メリット・デメリット双方を把握し、判断することが大切なのはLPOツールも同様です。

ツールの使い方を覚える工数が必要

LPOツールを使用することで、先に紹介した様々なメリットを享受できます。

しかし、それらのメリットはLPOツールを使いこなしてこそです。 LPOツールを導入してみたものの、思うように使いこなすことができないケースも十分に考えられます。

慣れてしまえば簡単な操作ではあっても、慣れるまで時間がかかったり、結局は挫折してLPOツールを使わなくなってしまう可能性も決してゼロではありません。

サイトの種類によっては効果が薄い

LPOツールはLPを効果的に改善し、目的の達成を手助けしてくれるものですが、LPに向いていないジャンルの場合、いくら改善しても効果が薄いです。

LPとは縦長1ページで展開するページです。 LPOツールはユーザーの検索意図に基づいて最適化をしていくため、特定のキーワードや指名キーワードでしか流入がない場合は、目的が決まってユーザーが流入しているので、いくらLPそのものが向いていないもしくは行ったとしても効果は薄いといえます。

LPOツールの選び方

LPOツールは様々なメリットをもたらしてくれる一方で、実に様々な種類が登場しています。 そのため、LPOツールを導入するかしないかだけではなく、どのLPOツールを導入するかも考えなければなりません。 そこでLPOツールの選び方のポイントですが、主に下記の3点を覚えておきましょう。

必要な機能が用意されているのか

LPOツールによって搭載されている機能が異なりますので、自社が想定する領域の作業を行えるのかを確認しておきましょう。

評判の良いLPOツールであっても、想定する作業を行う機能がなければミスマッチです。

何をしたいのかによって、導入すべきツールが異なるのはLPOツールに限った話ではありません。

そのため、LPOツールそれぞれの違いはもちろんですが、自社がどのようなLPOを想定しているのかも改めて見直し、マッチした機能を搭載したLPOツールを選ぶことが大切です。

導入時のコストパフォーマンスを考慮する

LPOツールを使用することで費用の削減が可能ではありますが、有料のLPOツールの場合、導入費用も考慮しなければなりません。

また、例え無料のLPOツールの導入であっても、その後の保守には費用がかかります。

導入時にLPOツールを使いこなせる人がいなければ教育、あるいは外部スタッフの招聘も考慮しなければなりませんが、それらは別途費用がかかりますので導入時にコストパフォーマンスを考慮しておきましょう。

運用体制・環境を整備できるのか

LPOツールは一度使用して終わるものではありません。

LPを展開して事業を継続する限り、問題点を見つけるため、あるいは改善のためにLPOツールが活躍します。

つまり、ある程度中長期での運用を見越しておく必要がありますので、中長期運用できる体制を整えられるのかも考慮しなければなりません。

使用難易度が高く、使用できる人が限られているLPOツールの場合、仮にそのスタッフが辞めてしまったら運用不可となってしまいます。

また、LPOツールを導入できるスペックのPCがなければ、PCを新たに購入しなければなりません。 これらの視点を踏まえ、運用体制や環境を整えられるのかという点からもLPOツールを選びましょう。

おすすめのLPOツール10選

LPOツールは多々登場しています。 そこで、おすすめのLPOツールをご紹介します。 いずれも評判の良いLPOツールになりますので、この中に自社にマッチするLPOツールがあるはずです。

Optimizely

導入企業9,000社以上、毎月数十億件のテストが行われているツルです。 ABテストの実装経験を軸にした迅速かつ正確なサポートが持ち味です。

スタンフォード大学との連携によって開発したStats Engineはベイズ統計をベースにした擬陽性検出率処理を採用したもので、世界トップクラスのシェアを誇るツールですが、有料での提供となっていますが、無料トライアルも用意されています。

Optimizelyh

SiTest

HTML、CSSの知識不要で扱えるLPOツールです。

ABテストではなく、設定した条件でのページパターンによる出力が可能な点や、ユーザーの属性によって最低化されたページの表示も可能です。

そのため、曜日によってページを変更したり、あるいは地域によって言語を変更するなどフレキシブルな運用を簡単に行えます。

SiTest

dlpo

ABテストだけではなく、多変量テストも可能なツールです。

CV率の高いページを導くABツール、なぜCV率が高いのかを示す多変量テストの二つのアプローチに加え、DMPやCDP、さらにはWEB解析ツールとの連携も可能で、過去に700社以上が導入した実績があります。

dlpo

Gyro-n LPO

SEO対策も行っているGyro-nが、そのノウハウを活かしてLPOツールも用意しています。

ターゲティング機能や外部DMPデータとの連携、ABテストなど様々な機能が搭載されているだけではなく、利用者にはLPOサポートも得られるなど充実した機能が搭載されています。

Gyro-n LPO

SEGMENT

広告とLPの最適な組み合わせを導き出す支援サービスです。 マーケティング戦略を「ワンダイレクション」と位置づけ、想定ユーザー別に広告設計からEFOまでを一環設計します。

LPOツールというよりも、LPとリスティング広告の組み合わせが肝となっていますので、LP改善だけではなく、LPを通したマーケティング戦略そのものを改善したい場合にマッチします。

SEGMENT

CVX

ランディングページの制作・分析・改善運用をスピーディーに行えるツールです。

新規制作も可能なことから、これからLPでの運用を考えている場合にも重宝できるクラウド型のツールで、ABテストやページ分析、クリエイティブ改善など様々な機能が搭載されています。

ちなみにCVXのABテストでは簡単即時設定を売りにしていることから、HTMLの編集やタグ設置をその都度行う必要がありません。いくつものパターンを同時にテスト運用することも可能なツールです。

CVX

LPOエビス

アドエビスの機能の一環としてLPOエビスが用意されています。

アドエビスに関しては導入実績1万件を突破するなど豊富な実績となっていますが、その理由としてwebマーケティングを一元管理できる点にあります。

計測、分析、活用がワンパッケージで提供されており、かつPDCAを回せる設計となっています。分かりやすい一方で、ユーザーのプライバシーにも配慮している点も特徴です。

LPOエビス

Kaizen Platform

顧客一人一人に合わせ、DMPやCRMデータとの接続が可能なツールです。

LPOだけではなく、WEBマーケティング全般の手助けとなるツールの理念は、「顧客への投資」「顧客の体験」です。 ツールの提供だけではなく、ノウハウの指導など様々なサービスを提供しています。

Kaizen Platform

WebAntenna

LPにも対応している広告効果測定ツールです。

様々な広告の一元管理が可能で、複数にまたがる広告も同一指標で評価することで効果を適正に判断できます。

また、アトリビューションやカスタマージャーニーの把握も可能なことから、自社の「勝ちパターン」の発見に繋がりやすい点も特徴で、これまで大手からベンチャー企業までおよそ600社以上への導入実績があります。

WebAntenna

どこどこJP

エリアターゲティングを得意とするLPOツールです。

ユーザーの位置情報を元に配信コンテンツを変更しますので、常にユーザーにとって興味深い情報の配信を可能にします。

Google Analyticsとの連携が可能で見込み客のリスト化による顧客獲得、特定の国や地域からのアクセスを制限する不正アクセス防止機能を搭載しているので、利便性はもちろんですが安全性にも優れているツールです。

どこどこJP

まとめ

LPOツールを活用することで、LPの改善、効果的な運用が可能になります。

一方で、LPOツールには様々な種類が用意されています。いずれも他社にはない強みをアピールポイントとしていますが、優劣で考えるのではなく、自社のニーズにマッチしているのはどれなのかという観点が大切です。

また、LPOはPDCAを繰り返し行うことで成果が上がってくるものです。ツールの選定して終わりではありません。より精度の高くしたい方、工数をLPOにかけれない方はぜひ一度弊社にご相談下さい。

デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

【業界別】リスティング広告 成功事例12選!

「リスティング広告の事例を知りたい」「効果感、費用感を把握したい」そんな企業様に向けて、リスティング広告の成功事例をまとめた資料となります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

【業界別】SNS広告 成功事例12選!

「SNS広告の事例を知りたい」「効果感、費用感を把握したい」そんな企業様に向けて、SNS広告の成功事例をまとめた資料となります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

関連する記事

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)