MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

メタディスクリプションとは

メタディスクリプション(meta description)とは、ページコンテンツの概要や要旨を示したHTML内に記述するテキストのことです。

メタディスクリプションダグ

メタディスクリプションに設定した文章はページ内には表示されず、Googleをはじめとした検索エンジンでの検索結果ページに表示されます。

メタディスクリプション

検索したユーザーは、メタディスクリプションをサイト訪問をするひとつの判断材料としているため、ユーザーの集客において非常に重要な役割を持ちます。

さらに、facebookやツイッターといったSNSで共有される際にもメタディスクリプションが引用されるケースが非常に多いため、アクセス数の増加には必要不可欠な要素となります。

メタディスクリプションを設定するべき理由

ここからはメタディスクリプションを設定するメリットについて紹介していきます。

メタディスクリプションを設定する最大のメリットは、ユーザーのクリック率を上げることです。

検索エンジンの結果表示ページ一覧には、自社サイト以外にも競合サイトが多く表示されます。

メタディスクリプションを設定することで、ユーザーに対して、「サイトにどのような情報が掲載されているのか」をアピールできるので、クリックを促すことができます。

また、キーワードを入れ込むことで、検索したキーワードが太字で表示されるため、ユーザーの興味を惹きやすくなります。

設定しないとどうなるのか

メタディスクリプションはタイトルと違い、必ず設定しなければいけないものではありません。

設定をしていない場合は、Googleが自動的にそのページ内に存在するテキストを検知し、概要となるような文章を検索画面に表示させます。

しかし、これはあくまでも自動検知のため、意図しない文章が表示される可能性が高く、ユーザーのクリック率が大幅に減少してしまう恐れがあります。

そのような事態を回避するためにもメタディスクリプションは必ず設定しておくようにしましょう。

SEOとの関係性

ここまで、メリットについて紹介しましたが、メタディスクリプションの設定と検索順位を上げるSEOは関係があるのでしょうか?

以前は、メタディスクリプションの設定有無によって検索順位が変動することがありましたが、近年の検索エンジンは、メタディスクリプションをページコンテンツの判断材料としてみなしていなため、検索順位には影響しません。

しかし、メタディスクリプションを設定することで、「クリック率が上がる」「ユーザーのアクセス数が増える」可能性があり、ユーザーにとって価値あるコンテンツとなるため、結果として検索エンジンからの評価が上がる可能性も0ではないです。

どちらにせよ、ユーザーに対して適切なメタディスクリプションでコンテンツの概要を伝えるということは重要なので、設定をするべきでしょう。

ユーザーがクリックする際のもう一つの判断材料であるページタイトルの効果的な設定方法については「SEO対策に最適なタイトルとは?クリック率を上げるテクニックもご紹介!」を参考にしてください。

効果的なメタディスクリプションを書く4つのポイント

ここからは、効果的なメタディスクリプションを書く4つのポイントについて紹介していきます。

1.適切な文字数を記述

Googleは特にメタディスクリプションにおいて文字数の下限、上限は設けていませんが、PCは120文字程度、スマホは50文字程度を推奨しております。

PCとスマホでは表示される文字数が異なるため、基本的にはスマホで表示される50文字前後の中で、伝えたい重要な部分や、キーワードを配置するようにしましょう。

50文字~120文字の間は、サイト内の詳細部分の説明や、補足情報について記述すると、PCでもスマホでも効果的なメタディスクリプションになります。

2.対策キーワードを適度に使用

メタディスクリプションの中に対策キーワードを設置することで、検索したキーワードが太字で表示され、ユーザーが情報を探しやすくなります。

しかし、キーワードの過剰利用、羅列はGoogleの「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」にて、

避けるべきメタディスクリプションの書き方として記載されているので、キーワードは必要最低限使うようにしましょう。

3.各ページ固有の説明を使用

時々、サイト内全てのページに共通のメタディスクリプションが設定されているページを見かけますが、必ずページごとに個別で設定するようにしましょう。

それは、ページ内容と関連性が薄いメタディスクリプションを設定すると、ユーザーの誤解を招くことに繋がるからです。

また、Googleの「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」においても、ページ内容と関連性の無いメタディスクリプションの記述は避けるべきと挙げられています。

現在のサイト内の全ページのメタディスクリプションを確認するには、「Screaming Frog SEO Spider」というツール(無料)で確認することができます。

4.ユーザーの興味を惹くような魅力的な文章

メタディスクリプションは、ユーザーがサイトを訪問(クリック)する際の判断材料の1つになります。

数ある記事の中からユーザーに選んでもらえるためには以下のポイント意識しましょう。

  • ユーザーの悩みについて触れる
  • ユーザーが知りたい情報の要約を入れる
  • ページに限定性を持たせる

ユーザーの興味をひくSEOライティングの方法については「SEOライティングの基本を学ぼう!検索上位表示のコツや注意点まとめ」をご覧ください。

メタディスクリプションの設定方法

ここからは、メタディスクリプションの設定方法について解説していきます。

直接HTMLに記述する方法

直接HTMLに記述する際は、meta descriptionタグ使って以下のように記述します。

<meta name=”description” content=”★★★”>

★★★の部分にメタディスクリプションとして表示させたいテキストを記述します。

また、meta descriptionタグは必ず各ページのheadタグ内に設置しましょう。

WordPress内で記述する方法

WordPressなどのCMSを利用している場合は、その管理画面内でメタディスクリプションを設定できることが多いです。

導入しているプラグインなどによって異なりますが、基本的には、記事の編集画面にタイトルと一緒にメタディスクリプションを設定できるので、一度確認してみて下さい。

まとめ

メタディスクリプションは直接的にSEOに関係はしませんが、ユーザーのアクセス数を左右する重要な要素となります。

今回紹介した、以下のポイントを元に、魅力的なメタディスクリプションの作成に取り組んでみて下さい。

  • 適切な文字数を記述する
  • 対策キーワードを適度に使用する
  • 各ページ固有の説明を使用する
  • ユーザーの興味を惹くような魅力的な文章

また、弊社では、多数のメディア実績をもとに、検索順位を上げて、アクセス数を増やすSEO対策のサポートを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。