【リスティング広告】予算消化ができない時の原因と解決方法を紹介!

更新日:

投稿日:2018.06.07

【リスティング広告】予算消化ができない時の原因と解決方法を紹介!

リスティング広告を運用する中で、うまく予算を消化できずに困っていませんか?

広告予算が消化できないと、機会損失から本来得られるはずの成果が得られなくなります。

そこで今回は、リスティング広告の予算を消化できない原因と対処法を4つずつ紹介します。

予算消化できていない時の主な原因

リスティング広告の予算をうまく消化できていない時に考えられる主な原因は、以下の4つです。

それぞれ詳しく見てみましょう。

入札単価が低い

リスティング広告でどの広告が検索結果に表示されるかは、オークションによって決まります。

設定している入札単価が低すぎて、オークションに競り勝つことができなければ、広告は配信されません。よって予算も消化されなくなってしまいます。

入札単価は時期や地域、業界など様々な要因で変化します。日々入札単価をチェックして、広告が入札されるようにすることが大切です。

配信キーワードの検索ボリュームが少ない

キーワードの検索ボリュームが少ないと、キーワードサスペンドになってしまいます。キーワードサスペンドとは、ユーザーの検索と広告に関連性がないと判断され、広告が非アクティブになってしまう状態のことです。

キーワードサスペンドになると、広告が掲載されず、予算も消化できません。

検索ボリュームが少ない検索キーワードでリスティング広告を出稿する際は要注意です。

広告文の質が悪い

リスティング広告が掲載されるかどうかを決定する要素は、入札単価だけではありません。実は広告文の質も広告が掲載されるかどうかに影響します。

リスティング広告が広告枠に掲載されるかどうかは、「広告の品質スコア」×「入札単価」で決まる広告ランクを基に決まります。

「広告の品質スコア」が高ければ「入札単価」が低くても広告の広告欄への掲載が可能です。

ただし「広告の品質スコア」は簡単に上がるものではないため、まずは「入札単価」を上げるべきです。

ターゲットが狭い

ターゲットが狭すぎると、広告が掲載される回数が少なくなり、予算が消化されません。

リスティング広告を出稿するキーワードや、検索ボリュームの合計が少なすぎる場合は、検索キーワードを増やすなどしてターゲットを広げましょう。

ただし無理にキーワードを増やしても、予算を無駄に消費するだけです。キーワードを調査し、適切な箇所にリスティング広告を出稿してあげることが重要です。

予算消化できていない時の対処法

リスティング広告の予算を消化できていない時の具体的な対処方法は以下の4つです。

それぞれ詳しく見てみましょう。

日予算の増額

1日あたりの予算を増額することで、リスティング広告の予算を消化できるようになることがあります。

リスティング広告では、1日あたりの予算を設定しなければなりません。

設定予算が少なすぎると、午前中で予算を全て消化してしまい午後は広告が掲載されなくなったり、本来広告を掲載できる機会を逃したりと、機会損失につながります。

機会損失を起こさない為にも、1日あたりの予算を増額して、できるだけ多く広告を掲載できるようにしましょう。

キーワードの追加

リスティング広告を出稿するキーワードを増やせば、その分多く広告が掲載され、クリック数も増えます。よってリスティング広告への予算をより多く消化できます。

ただし予算を消化できても、CVにつながらないキーワードに広告を掲載していては、意味がありません。

キーワードを追加する際は、どのキーワードに広告を出すと自社の利益につながるのかを分析する必要があります。

またキーワードの検索ボリュームが少なすぎる場合は、前述のキーワードサスペンドにも注意しなければなりません。

クリック上限単価の引き上げ

クリック上限単価を引き上げれば、リスティング広告をより多く出稿できるようになり、予算の消化につながります。

競合がどのくらいのクリック上限単価をどのくらいに設定しているのかを調査し、それよりも上の金額にクリック上限単価を設定しましょう。

そうすることで広告ランクが上がり、広告が掲載されやすくなります。

ターゲットを広げる

ターゲットを広げるのも、リスティング広告の予算を消化するのに有効な方法です。

ターゲットが狭ければ、いくらキーワードを追加して予算を消化しようとしても限界があります。

大元となるターゲットを広げてしまえば、リスティング広告を出稿できるキーワードも増えます。

その際は、商品やサービスへのCVを目指すのではなく、商品の認知獲得を目指すなど、広告の目的や広告の内容を柔軟に変更していくと良いでしょう。

効果的に予算を使いたい人へ

ここまで、リスティング広告の予算が消化されない原因や、それに対する対処法を紹介してきました。

機会損失をなくすためにも、今回紹介した対処法で効果的に予算を広告に使っていくことが重要です。

しかし、リスティング広告の予算を緻密に管理するのは、多少の工数が必要です。なので、広告運用にあまり時間が取れないという方は、リスティング広告の代理店に運用を依頼する方法がおすすめです。

代理店に運用を依頼すると、予算の管理はもちろんのこと、成果にもこだわった運用が可能なので、もしリスティング広告を始めたい、成果があまりでていないという方は、500社以上の実績をもつデジタルトレンズへご相談ください!

デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

【マーケ担当必見!】リスティング広告CPA改善大全!

「リスティング広告のCPAが高すぎる」「CPA改善余地があるのか知りたい」そんな企業様に向け、リスティング広告のCPA改善方法についてまとめた資料となります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

【業界別】リスティング広告 成功事例12選!

「リスティング広告の事例を知りたい」「効果感、費用感を把握したい」そんな企業様に向けて、リスティング広告の成功事例をまとめた資料となります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

関連する記事

関連サービス

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)