MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

ビュースルーコンバージョン,SEO,

ビュースルーコンバージョンとは?

ビュースルーコンバージョン,SEO,

ビュースルーコンバージョンとは、広告を初めて見たユーザーが、その場ではクリックせずに、後に別のルートを経由してコンバージョンに至ることです。

例えば、あるポータルサイトで広告が表示されたもののその時はクリックをせず、後日検索エンジンから商品のページに訪問しコンバージョンに至ったケースなどが当てはまります。

こういった場合、ユーザーは広告を見たことがきっかけでその商品やサービスを知り、その時にはクリックまでには至らなかったが興味を持つに至ったと考えることができます。

クリックスルーコンバージョンとの違い

クリックスルー,違い,

このビュースルーコンバージョンと同様にWEBマーケティングにおいてよく用いられる用語で「クリックスルーコンバージョン」があります。

この両者の違いについてここでは解説をしていきます。

クリックスルーコンバージョンとは

クリックスルーコンバージョンとは、実際に広告を見たときにその場でクリックをしたユーザーがそのままコンバージョンに至ることです。

一般にコンバージョンと言われる場合は、この「クリックスルーコンバージョン」のことを指すケースが多いです。

クリックスルーコンバージョンと何が違うのか?

このビュースルーコンバージョンとクリックスルーコンバージョンの違いですが、大きく違うのは「ユーザーが広告を見た時にその場でクリックをしたかどうか」という点です。

ビュースルーコンバージョンとクリックスルーコンバージョンは同じコンバージョンという言葉が使われていますが、意味合いは大きく違うため、明確に区別していく必要があります。

通常、広告がクリックされるケースでは「広告内容がユーザーに対して魅力的であった」「有益なコンテンツであった」と広告効果を判断することが可能です。ですので、広告効果の判断材料として非常にわかりやすいというわけです。

しかし、クリックされない広告が「ユーザーにとって魅力的でなかった」「ユーザーに価値を提供できなかった」と断定することはできません。

なぜなら、WEB広告には、認知度を高めるものや、潜在的な興味関心を惹きつけるものも存在するからです。 ビュースルーコンバージョンは、こういった広告を評価するのに有効な指標となります。

ビュースルーコンバージョンの重要性

ビュースルーコンバージョン,重要,

ビュースルーコンバージョンは非常に重要な指標となります。 人が行動する時には「動機」や「きっかけ」が必要となります。広告のクリック自体は非常に簡単な動作ですが、「動機」や「きっかけ」がなければクリックをするということはないのです。

加えて、この「動機」や「きっかけ」が発生する時は、広告を見た時だけではありません。 広告はその場で興味を惹きつけるケースもありますが、何回も見るうちに興味が湧くこともあれば、後から気になって調べてみるというふうに思い立つケースもあります。

ゆえに、単純に広告をクリックした数をコンバージョンとカウントするだけでは正確に広告の効果を計測することは実は不可能と言えます。

この点において、ビュースルーコンバージョンは、広告にどれだけ間接的な効果や影響を与えているのかを知ることができるため、重要な指標となるわけです。

さらに複数の媒体に広告を掲載している場合、媒体をまたいでどれだけコンバージョンがあるのかも調べることができます。

ビュースルーコンバージョンの計測方法

ビュースルーコンバージョン,測定,

それでは、実際にWEB広告の媒体として代表的な、「Google広告」「Yahoo!ディスプレイ広告」「Facebook広告」「Twitter広告」において、ビュースルーコンバージョンの計測条件と設定方法について解説をしていきます。

まず、ビュースルーコンバージョンの計測条件と計測期間は以下の表の通りとなります。

 

ビュースルーコンバージョンの計測条件 計測期間
Google広告 広告表示された面積が50%以上で、ディスプレイ広告では1秒以上の閲覧、動画広告では2秒以上の閲覧された時。 複数期間で設定が可能。デフォルトでは1日間で設定。
Yahoo!ディスプレイ広告 広告表示された面積が50%以上で、1秒以上連続で表示された時。 1日間
Facebook広告 広告表示された面積が1%以上の時 複数期間を選択可能。初期設定では1日間で設定。
Twitter広告 広告表示された面積が1pixel以上の時 複数期間を選択可能。初期設定では1日間で設定。

Google広告の例上記でビュースルーコンバージョンの計測条件と計測期間について解説をしてきましたが、実際に各広告媒体での設定例についても解説をしていきます。

Google広告での設定方法は以下のようになります。

1、Google広告にログインを行い、右上にあるツールアイコンをクリック

2、「測定」→「コンバージョン」の順に選択

3、対象になるコンバージョンアクションを選択

4、「設定」→「設定の編集」を選択

5、「計測期間」を選択し、「ビュースルーコンバージョン計測期間」を設定

6、「完了」を選択

Yahoo!ディスプレイ広告の例

Yahoo!ディスプレイ広告での設定方法は以下のようになります。

1、広告管理ツール上の「ディスプレイ広告」のタブを選択

2、「ツール」のプルダウンメニュー上にある「コンバージョン測定」をクリック

3、「コンバージョン測定」内にある「コンバージョン測定の新規設定」を選択

4、設定を行い、保存が完了したら、「タグを表示」でコンバージョンタグを表示させる

5、測定ページに先程のコンバージョンタグを挿入して更新

関連記事

Yahoo!プロモーション広告とは?広告の種類と出稿メリット

Facebook広告の例

Facebook広告での設定方法は以下のようになります。

1、広告マネージャーから「キャンペーン」「広告セット」「広告」のどれかを選択

2、「列」のプルダウンメニュー上にある「列をカスタマイズ」をクリック

3、「比較ウィンドウ」をクリック

4、「ビュー」の項目上で期間を設定し「実行」をクリック

Twitter広告の例

Twitter広告での設定方法は以下のようになります。

1、管理画面左上の「ツール」を選択

2、「ツール」上にある「コンバージョントラッキング」を選択

3、計測するコンバージョンイベントを選び、「ポストビューアトリビューション期間」から期間を設定

ビュースルーコンバージョン計測の注意点・使い方

ビュースルーコンバージョン,注意点,

実際にビュースルーコンバージョンを活用する際にはいくつか注意点がありますので、適切な使用方法と合わせてここで解説をしていきます。

ビュースルーコンバージョンの注意点

ビュースルーコンバージョンを計測していると、効果測定の結果が変わってしまうケースがあります。

例を挙げると、同じ広告をさまざまなサイトで見た結果、興味がありクリックしたという場合は、ビュースルーコンバージョンとクリックスルーコンバージョンの両方が発生している状況です。

しかし、データ上ではこういったケースだとクリックスルーコンバージョンとして計測され、クリックの要因となった広告については評価されなくなってしまいます。

こういったケースだとデータで計測されている数値以上に広告効果が出ていることになるのですが、それを証明するのは非常に難しいです。

また、サイト上で広告を見て、その後広告に関連したキーワードで検索を行なってコンバージョンした場合なども注意が必要です。

「ビュースルーコンバージョン」と「自然流入」の両方が重複して計測されてしまう可能性があります。 こういった問題はデータ計測に関して一元管理できるツールを用いることによって回避できますが、複数の計測方法を使っていると起きる問題です。

このように、ビュースルーコンバージョンは計測方法によって広告の適切な評価ができなくなる恐れがあります。計測ツールを統一するなどの対策をすることにより、適切に評価できるような工夫をして広告運用にあたる必要があります。

ビュースルーコンバージョン計測の使い方

ビュスルーコンバージョンの計測期間に関しては、クリックスルーコンバージョンの計測期間よりも短くすることで、より効果を正確に計測することができます。

例を挙げると「数十日前に1回だけ表示された広告のビュースルーコンバージョンが計測された」という状況があったとします。

こういった場合、広告が表示されてからコンバージョンするまでの期間がだいぶ経っているため、広告を見たことがコンバージョンのきっかけとなったかどうかがわかりません。

ですので、ビューするコンバージョンを正確に計測するためには、計測期間を「1日」や「3日」といった短い期間で設定することが重要です。

とはいえビュースルーコンバージョンが発生するには、広告が表示されてからある程度の時間が必要になります。実際のところ、適切な期間は広告内容によっても変わるため、一概にこの期間がいいとは断言できないのです。

自動車や不動産といった即決が難しい商品で広告を出稿する場合は、想定期間を長めに設定することをおすすめします。

まとめ

ビュースルーコンバージョン,使い方,

今回はビュースルーコンバージョンについて解説をしてきました。 一般にコンバージョンの測定というとクリックスルーコンバージョンを主に評価をされがちですが、このビュースルーコンバージョンも広告効果の評価には重要な指標です。

特に最近では、非常に多くの媒体で広告が出稿できるようになりました。多くの企業でも複数の媒体で広告を出稿しているケースも多いかと思います。

そうした時に、ビュースルーコンバージョンは広告の間接効果も計測できるので、本当に貢献度の高い広告の評価を洗い出すことができます。

このビュースルーコンバージョンをうまく活用することで、自社にとって有効な広告を選定し運用していきましょう。

デジタルトレンズ

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。