MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

オウンドメディアを運営する人のなかには、運営費用について悩んでいるケースも多いのではないでしょうか。
ウェブサイトは、単純に作成して記事を投稿すれば良いわけでありません。

運営するためにはコストや費用を含めて体制を整え、継続することが大切です。
そこで、オウンドメディアをマネタイズさせるための具体的な手法を紹介します。

オウンドメディアをマネタイズさせる手法とは?

オウンドメディアは、基本的にどの企業であっても所有しているものです。
しかし、一般的なオウンドメディアは、利益を生み出すシステムにはなっていないといえます。

運営コストを使ってマイナスになっている、もしくは他社のオウンドメディアと差別化できない、ブログの要素だけになっているなど、収益を生み出せない情報だけを発信しているものが多いです。

オウンドメディアは、そもそもサイトそのものが利益を生む目的で作られていないため、オウンドメディアのコンテンツを再検討してマネタイズする必要があります。

マネタイズとして多く利用されている方法がモバイル事業です。
オウンドメディアにクリック型広告を組み込み、課金制のコンテンツを作成して一部を有料で公開します。
無料で使えるサービスへ利益を得る目的のシステムを組み込むことによって、運営にかかる費用やメディア作成の費用を回収できる可能性が高いです。
運営コストが必要なツールでも、収益からコストをカバーできるようなシステムを作成し、マネタイズを行っている企業は沢山存在します。

クリック型広告と同等に、マネタイズとして利用されるのがアフィリエイトです。
アフィリエイトは成功報酬型広告のことであり、オウンドメディアで紹介・掲載したサービスや特定の商品を、メディアを訪れたユーザーが購入すると、成果報酬である収益を得られます。
自社のオウンドメディアを訪問するユーザーとアフィリエイト広告の関連性が深いと、
訪問者が少なかったとしても購入数が増えるため報酬を得られるケースが高いです。

オウンドメディアをマネタイズすることで得られるメリットは、ユーザーを確保し、収益はメディアの運用コストとして消化できることだといえます。

オウンドメディアで獲得した固定ユーザーは、継続してサービスや商品を購入することが特徴です。
自分の求めているものやサービスを購入したいという目的だけではなく、特定のオウンドメディアを支持するといった気持ちから、再度商品やサービスを購入するのだといえます。

その行動は、物やサービスの購入だけではなく、コンテンツの内容に対しても同様です。
1つの物、サービスに関する収益を得る目的で作られたサイトは、他のサイトにユーザーが移ってしまえば、以降収益を得られる可能性がなくなります。
しかし、マネタイズされた
オウンドメディアを作れば、そのような不安はなくなるでしょう。
そのため、一時的な収益と運営コストで収支計算するだけではなく、ユーザーと情報の両方がオウンドメディアの資産であることを意識することが重要です。

結果として、将来性のあるオウンドメディアを運営できるようになり、上位表示を固定できるといったメリットを得られます。

一方、マネタイズのデメリットとしては、商品やサービスを購入する固定ユーザーを獲得するまでに時間がかかることです。
そして、効率が悪くなるケースもあります。

オウンドメディアは、固定ユーザーの獲得に時間を要する点が特徴であり、マネタイズで運営コストを補えるようになるまでに経営破綻を起こす可能性があるのです。

オウンドメディアを作る際には、ある程度の支出を認識したうえで運営しなければなりません。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

マネタイズできるオウンドメディアを育てる方法

オウンドメディアをマネタイズするための3つのポイントを解説します。

SEOの要素を加える

SEOは、検索者がキーワード検索をした理由に対して最適なウェブサイトを表示するシステムです。
SEO対策を行っていなければ、どれほど記事数を増やしても、誰にも閲覧してもらえなくなります。
実際に、インターネット上には人目に触れることのない情報が溢れているのです。
検索したユーザーがなぜ該当のキーワードを検索したか、検索キーワードを組み込む理由を検討してから記事内に入れることが大切です。

SEOに関する知識がないとキーワードやリサーチ不足を招く可能性があるため、 コンテンツマーケティングやユーザーに有益な記事を作るためのノウハウを学習する必要があります。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

インデックスされる記事を作る

インデックスは、検索エンジンに登録されることであり、コンテンツを公開した状態を指します。
検索エンジンにインデックスされているコンテンツは、クローラーが内容のデータを収集してから評価するため、評価対象である記事がなければウェブサイトそのものの検索順位を上げることは難しいでしょう。

構成と企画が重要

企画、構成はメディアそのものやコンテンツの方向性を左右します。
自社のことばかりを書いていたり、社内の人間にしか分からない内容であったりといったケースが多いため注意が必要です。

個人ブログであれば企画、構成を強く意識する必要はないものの、オウンドメディアは重要視しなければなりません。
担当者が作りたいコンテンツではなく、ユーザーが検索するであろうキーワードを基に企画を練りましょう。

例えば、SNSで注目されることを目的とするのであれば、共有したいと感じてもらえるような珍しい、面白い企画を考える必要があります。
SEOで成果を得ることを目的とする際には、競合メディアやターゲットをリサーチしながら、検索エンジンに評価されて表示順位を上げられるコンテンツの構造を検討しましょう。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

まとめ

オウンドメディアは数ヵ月~1年程度の期間が経過してから効果を実感できるケースが多いです。
効果を得られないと感じて更新をせずにいると、改善点や自社の弱点を確認できず、運営に行き詰まってしまいます。
効果を実感するためには、継続してコンテンツを更新することが大切です。

また、リソースが足りないといったことにならないよう、人材確保も重視しましょう。
コンテンツを確認する人、編集者、メディアの方向性を検討するチーム、企画の流れをチェックする人など、それぞれの工程に人員を配置します。
リソースが足りていないと、結果として失敗する可能性が高いです。
リソースを確保することで一定の頻度で更新できるようになるので、オウンドメディアのSEO効果も期待できるでしょう。

ある程度長期的なスケジュールを決めて継続することで、万が一失敗しても原因解明をスムーズに行えます。
最も注意したいことは、更新を止めてしまうことです。
地道に作業をして、マネタイズを成功させましょう。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。