Google広告最適化スコアとは?実運用で役立つ改善へのコツ

更新日:

投稿日:2022.03.31

Google広告最適化スコアとは?実運用で役立つ改善へのコツ

Google広告を活用する上で外せない日々のチューニング。管理画面上で「最適化」という言葉を見かけた人も多いのではないでしょうか。

最適化スコアはGoogle広告のアカウント設定がどの程度最適化されているかを示す推定値になっており、100%に近いほど、アカウントが最大限パフォーマンスを発揮できている事を意味するスコアとなっています。

最適化スコアと最適化案の概要と活用メリット

Googleの自動化が普及し、機械学習は驚くほど進化しています。

最適化スコアと最適化案を活用する事で、アカウントの問題点に気付く事が出来たり、現在の状況に合わせた改善案が得られるなどメリットは多くあります。

Google広告最適化スコアとは

最適化スコアは統計情報や設定、アカウント内の状況からGoogle広告がリアルタイムに算出した広告の最適化状況を示すスコアです。その値は0%100%で示されており、100%に近いほど広告アカウントが最適化されている事を表しています。

また、最適化スコアを改善するために、Googleが提案してくれる最適化案は、アカウントがパフォーマンスを改善するための提案が表示されており、過去の掲載結果やGoogle検索のトレンドに戻づいてGoogleのアルゴリズムが自動で提案してくれる機能です。

主な最適化案

最適化案を確認するには、Google広告アカウントにログインし、左側にあるメニュー内から「最適化案」をクリックする事で、アカウントのスコアと最適化案がまとめられたページが表示されています。

最適化案は「入札と予算」「広告と広告表示オプション」「キーワードとターゲティング」「問題の修正」というカテゴリに分かれて表示され、カテゴリ名を選択するとそのカテゴリの最適化案だけを表示する事が出来ます。

最適化案で提案された内容を確認し、適用を選択するとその最適化案が広告アカウントに適用され、「×」をクリックするとその最適化案を非表示にする事が出来ます。

最適化案は闇雲に適用するのではなく、提案された内容をよく読み適用したほうが良いと判断できるものだけを適用するようにしましょう。

入札と予算

パフォーマンスを最大化するため、目標に対して最適な入札戦略を見つけ、予算による制限を防ぐ事が出来ます。

広告と広告表示オプション

新しい広告の作成や広告表示オプションの追加など、広告のパフォーマンス改善に繋がる項目が提示されます

キーワードとターゲティング

商品やサービスに沿ったキーワード選定など、興味を持っているユーザーに広告を表示するための改善案が提示されます

問題の修正

アカウントの問題に対する修正案が提示されます。アカウントの健全性と掲載結果を改善する項目が提示されます。

最適化案活用のメリットと注意点

最適化案の活用メリットはなんといってもアカウントの問題にいち早く気付ける事にあると思います。これまで人間が手動で運用していたGoogle広告ですが、どんなに細かくチューニングを行っていたとしても、アカウント細部の問題には気付けません。

Googleの最適化案はアカウントの状況や過去の運用状況から予測データを提示してくれる為、これまでの人の運用では気付けなかった部分も読み取って提示してくれます。

また、適用が手軽に出来る事も大きなメリットと言えるでしょう。

前述の通り、最適化案で提示されたものは「適用」ボタンをクリックするだけで広告に反映する事が出来ます。

しかし、表示された最適化案を全て適用したら必ず成果に繋がるというものではないという点はしっかりと理解しておきましょう。

あくまでもGoogle広告が予測した最適化案です。運用者がやらないと判断したものでも表示される場合がありますので取捨選択をする事が重要です。

また適さない改善案が提示された場合は非表示にする事も出来ますので適用しない場合は非表示にする事をお勧めします。

実運用で役立つ最適化スコア改善のコツ

最適化スコア改善は「100%を目指す事に固執しない」という事が最も忘れてはいけないコツと言えるでしょう。

前段でもお伝えしましたが、最適化案を全て適用したら必ず成果に繋がるというものではありません。あくまでもGoogle広告の仕様に沿って計算される値のため、実際の広告結果に対して計算される値ではないという事は年頭においておきましょう。

優先度を決めて実施しよう、改善効果の高い施策

最適化案のページを開くと、改善インパクトが大きいと予測されるものほど上位に表示される場合が多いですが、実は各施策には改善ポイントが設定されていて改善効果の度合が数字で表示されており、このポイントが高い方が最適化スコアの改善率が高くなります。

ポイントの高いものを優先的に施策を検討していくことで改善施策にも優先度をつける事ができます。

また、最適化案を適用した場合はその効果がどれだけ得られたのかは定期的にチェックしましょう。最適化案を適用した直後、1週間後、2週間後あたりを目安にチェックすると良いでしょう。

最適化案の自動適用

最適化案を自動適用とはその名の通り、表示される最適化案を自動的に適用してくれる機能です。

自動適用とはいえ全てを適用するのではなく、指定した項目だけを自動適用してくれますので自動適用しても問題ない項目だけを選ぶ事が出来ます。

自動適用の選択は、Googleアカウントにログインし左側にある「最適化案」を表示した画面の右上にある「自動適用」ボタンから選択する事が出来、自動適用できる項目は以下となります。

入札と予算

目標コンバージョン単価の調整

広告の費用対効果の目標値の調整

拡張クリック単価を活用した広告の費用対効果の改善

入札戦略「クリック最大化」を使って広告の費用対効果の改善

入札戦略「コンバージョン数の最大化」を使って広告の費用対効果の改善

目標コンバージョン単価を使用し、広告の費用対効果の改善

目標インプレッションシェアを活用し、広告の費用対効果の改善

目標広告費用対効果を導入し、広告の費用対効果の改善

目標コンバージョン単価の設定

目標広告の費用対効果の設定

入札戦略の目標を設定

コンバージョン トラッキングをアップグレード

広告と広告表示オプション

レスポンシブ検索広告を追加

レスポンシブ検索広告を改善

広告のローテーションを最適化

キーワードとターゲティング

オーディエンスを追加

レポートするオーディエンスセグメントを追加

動的検索広告を追加

キーワードを追加

Google検索パートナーへ出稿し、リーチを拡大

重複するキーワードの削除

広告配信に使用されていないキーワードの削除

競合する除外キーワードを削除

ターゲットの拡張を使用

自動適用を導入すると、最適化案は自動で適用されるようになりますが、自動適用した内容については変更履歴に残るようになります。運用が予期しない提案が適用された場合には履歴から元に戻す事も可能なので定期的にチェックするようにしましょう。

まとめ

自動入札の仕組が進み、最適化案まで自動化が進むと「運用者は必要ないのでは?」と感じる方も多くいるでしょう。

しかし、どんなに自動化が進んでも、全ての項目をGoogleがしてくれる訳ではありません。運用の目標や目的を明確にし、その目標に適した運用を判断するのはやはり知識やスキルを持った運用者です。

デジタルトレンズではGoogle広告のアルゴリズムを理解した、経験豊富な運用者が多数在籍しております。インターネット広告配信の戦略立案から運用まで、多方面からお手伝いできるコンサルタントが、親身に対応する広告代理店として多くの企業様にご好評いただいております。インターネット広告運用にお悩みの企業ご担当者様はまずはご相談ください。

デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

【マーケ担当必見!】リスティング広告CPA改善大全!

「リスティング広告のCPAが高すぎる」「CPA改善余地があるのか知りたい」そんな企業様に向け、リスティング広告のCPA改善方法についてまとめた資料となります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

関連する記事

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)