代理店が教える!オウンドメディア、コンテンツマーケティングのマネタイズ戦略

更新日:

投稿日:2019.04.23

代理店が教える!オウンドメディア、コンテンツマーケティングのマネタイズ戦略

オウンドメディア、コンテンツマーケティングとは

最近ウェブマーケティングのトレンドの一つとして、「オウンドメディア」、「コンテンツマーケティング」呼ばれる手法が流行しています。

オウンドメディアとは、企業や組織自信が運営するウェブ媒体のことで、ウェブサイト・ブログなどが該当します。

またコンテンツマーケティングとは、ブログ記事の様な読み物を中心としたコンテンツを、オウンドメディアを中心に登録、公開していくことで、検索エンジンからの流入を集めるSEO対策の手法です。

一般的にはオウンドメディアとコンテンツマーケティングは同意に扱われるケースが多いです。

ただしSEO流入に頼らない(例えば広告や、SNSでの拡散を意図とした)アーンドメディアも存在しますし、同様にSEO目的ではなく、既存顧客向けに定期的に情報を発信することもコンテンツマーケティングと呼ばれることがあるので、言葉の定義には要注意です。

この記事では、いずれもSEO対策を意図したコンテンツ(記事)を追加することで、集客数の増加を目指すオウンドメディア、コンテンツマーケティング戦略について記したいと思います。

[blogcard url=”https://dgtrends.com/listing/content-marketing-merit/”]

マネタイズ方法とは

マネタイズ、つまりお金をどう稼ぐかといった点について、大きく分けると「リード」を目的とした手法と、「ダイレクト成果」を目的とした2つの方法に分かれます。

1.リード獲得を目的としたマネタイズ

リードとはつまり見込み顧客のことです。

自社メディアのコンテンツを読んだ上で、すぐに問い合わせ、申し込みをすることが困難だと思われる場合には、見込み顧客の獲得を目指したほうが効率的に集客できることがあります。

具体的には業界動向や事例などをまとめた「フリーペーパー」や、「非公開情報の提供」といったゴールに対して、電話番号やメールアドレスを登録させることでそうした情報を公開するといった流れが一般的です。

導入や既存サービスからの切り替えの難易度が高い、該当サービスのニーズが潜在的なものであるケースによく見られ、BtoB向けの商材などに多く見られます。

成果への障壁が低いことから、簡単に見込み客の情報を獲得することが可能ですが、一方で電話やメルマガなどでの追いかけなど、最終的な成果に導くために、オフラインの取り組みを含めてひと手間かかることがデメリットと言えます。

2.ダイレクト成果獲得を目的としたマネタイズ

リードと違い、資料請求や、予約といった直接的な問い合わせ、申し込み獲得を目指す手法です。

すでに悩みが顕在的なものだった場合には、このような導線設計が効率的に作用します。

例えば美容系、コンプレックス系、士業系などは、悩みが顕在化しており、かつ自分自身ではどうにも対処ができないことが多いことから、このような設計でも効率的に集客をすることが可能です。

ただしリード獲得と比べて、ユーザーの申し込みへの障壁は高く、他社との比較なども行われるケースが多いため、獲得効率としては低く推移することがデメリットと言えます。

[blogcard url=”https://dgtrends.com/listing/google-search-rank/”]

マネタイズ、収益化に向けたポイント

リード、ダイレクト成果、どの獲得を目指すかといった設計だけでなく、その他にも収益化を目指すには以下のポイントが重要です。

1.初期戦略、ペルソナ設計

まず大事なことはどのようなユーザー層、ニーズに対したコンテンツを用意するかが重要です。

ひいては対策キーワードの立案が重要と言えます。

例えば離婚問題に悩むユーザーを集めたいとしましょう。

「離婚」「離婚 弁護士」「離婚 慰謝料」などといったキーワードはもちろんです、例えば「浮気」「不倫」「セックスレス」「夫 不満」「妻 不満」などといったワードも対象になるでしょう。

また薄毛に悩むユーザーを集めたい場合には「薄毛」などはもちろん「AGA」「ハゲ」「抜け毛」などはもちろん、その他には「モテたい」といったワードなども該当します。

それぞれの競合性、検索ボリュームを踏まえたコンテンツ設計が重要となります。

2.日々の改善、メンテナンス

また一定のコンテンツを追加、公開した後には、その後のメンテナスが重要になります。

Googleサーチコンソールを使うと、今どのコンテンツにどのようなキーワードで流入があるかといったデータが分かります。

そのデータを踏まえて、記事の内容を書き換えることで流入数の増加はもちろん、成果を増やすことが可能となります。

例えば、「費用」について書いた記事に対して「安い」などといったキーワードでの流入が発生していれば、安くするためのコツや、場合によっては安いことでのリスク、デメリットなどを書いてあげることで、成果率が高まります。

またコンテンツ自体の読まれる率なども高まるため、SEOの観点からの順位に対してポジティブな効果が期待できます。

3.成果への導線設計

「2」で述べたメンテナンスにも通じますが、見落としがちなのがこの導線設計です。

バナーや、テキスト形式で問い合わせフォームへのリンクを貼るなどが該当しますが、どのような内容を訴求するのか、細かくこだわっているケースはあまり見かけられません。

コンテンツごとに流入するKWは違うため、成果への導線部分で訴求する内容は、それぞれのコラムで個別に考えてあげるべきですし、サイドバーやコンテンツの最下部に配置するだけでなく、コンテンツ途中にも配置することが高い効果を発揮するケースなどもあります。

またデザイン性、色合いなどを一つとっても、数字が大きく変わります。

成果率が1%から1.2%になるだけでも、成果数でみると20%も数字が変わることになりますから、いかに細かい部分にこだわれるかが一つのポイントと言えます。

4.その他テクニカルな要件

Googleが推奨、目指すものは「ユーザーにとって為になる情報」を上位に表示することです。

ただし現実的にはコンテンツの中身の良し悪しをGoogleが判断することは難しく、外部からのリンクが貼られていることや、サイト内のコンテンツ同士でもリンクが貼られているなどなど、多くのテクニカルなポイントが存在します。

あからさまに低品質なコンテンツの場合は、ユーザーの離脱数などである程度の評価はされますが、タイトルにキーワードを入れる、コンテンツ内にキーワードを入れすぎない、などなど、いくつかのポイントは下記記事でもまとめていますので是非一度目を通してみてください。

[blogcard url=”https://dgtrends.com/listing/seo-writing/”]

まとめ

いかがでしたでしょうか。

当記事ではオウンドメディア、コンテンツマーケティングのマネタイズ戦略についてまとめました。

顧客との接点を持つために、個人情報獲得を目的としたリードを狙いに行くのか、はじめから直接的な成果を狙いに行くのか、まずはどのような成果獲得を目的とするのかを検討しましょう。

その上で、そのゴールに対してどのようなユーザーを集めてくるのか、コンテンツ設計を行うことが重要です。

ただしコンテンツだけでなく、テクニカルなSEOのノウハウも必要です。

当社では10サイト以上の自社媒体を運営してきており、外部のクライアント様の支援などを含めると数十のオウンドメディア運営に携わってきました。

これまで公開、書き直した記事は数千を超えています、その中で得たノウハウを用いて、貴社オウンドメディアのマネタイズをサポートさせていただくことも可能ですので、プロへの相談もご検討いただければ幸いです。

※2023年7月にサポート終了!GoogleAnalytics(UA)からGoogleAnalytics4への移行が終了していない方はこちらをご参照下さい。※

デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

【2022年6月中の導入推奨】Googleアナリティクス4(GA4)導入ご案内

「GoogleAnalytics4って何?」「移行する必要性あるの?」「導入方法がわからない/リソースがない」そんな企業様に向けた資料になります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

関連する記事

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)