MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

企業だけでなく、個人のブロガーなど数多くの方々が、「ブログ」サイトを作成し、日々更新されています。

特にTwitter界隈では著名な個人ブロガーが会社に縛られない働き方としてブロガーとしての独立を推奨し、収益などを公開しながら、一種の情報商材的なビジネスを展開されています。

その様な流れの中で、今活気づいているブログを用いたSEO対策、集客手法に関して、効果や上位表示の為のポイントをまとめてみたいと思います。

もちろん個人の方だけでなく、事業会社の方にとっても参考になるノウハウもまとめていますのでぜひご覧ください。一般的に事業会社の場合には、コンテンツマーケティング、オウンドメディア運営と言われているウェブ施策です。多くの企業が導入を始めている施策ですので、参考になれば幸いです。

ブログ型サイトのSEO的メリットは?

一般的にウェブサイトから集客をしようとするときに、コーポレートサイトの様なウェブサイトと、記事などのコンテンツを多数投稿していくブログ型サイトの2つの種類のサイト構成が存在します。

企業の場合にはブログ型サイト「だけ」所有しているケースは稀ではないでしょうか。少なくともコーポレートサイトを所有しており、その上でブログ型サイトを持っているかどうかが分かれるというケースに分類できそうです。

個人の場合は逆にコーポレートサイトの様なものはなく、ブログ型サイトだけを持っているケースが多いと言えます。

ではそのブログ型サイトのメリットはどの点にあるのでしょうか?またコーポレート型サイトにない特徴はどのような点なのでしょうか。

まず挙げられるのが、更新が容易である点です。ブログの様に投稿ができますので、ページの追加更新が容易にできます。

次に挙げられるのが、ロングテールのキーワードからの流入を狙いやすい点です。コーポレート型サイトの場合、100コンテンツ、200コンテンツと追加していくことは非常に困難です。一方でブログ形式の場合は、検索数がわずかなキーワードでも、そのキーワードを意識したコンテンツの追加が容易かつ大量に実施することができます。

そもそもコーポレート型サイトの場合は主に社名などで検索をしてきたユーザー向けに、コンテンツを整理して公開してあげる必要があります。一方でブログの場合は、そもそもロングテールのワードを中心とした流入を狙っていますので、各ページの情報が多少整理されていなくとも、様々な情報を提示してあげること自体に違和感が持たれづらいといった特徴もあると言えるでしょう。

このあたりの点が、ブログ型サイト、ブログSEOの特徴と言えます。

一定の集客を狙うなら独自ドメインがおすすめ

さて、ブログを始めようと思った際に、もちろんまずはブログを作成しないといけません。ブログには主に2種類。livedoorブログ、はてなブログなどのブログサービスを利用して立ち上げあるか、またはドメインの取得からサーバーのセットアップまでをご自身で行うか、といった方法に分かれます。

無料で作成できるブログと、自身で独自にドメインを取得し構成するブログとではどちらの方が有利でしょうか?よく言われるのは、livedoorブログ、はてなブログなど、すでにブログサービス自体のドメインが高い評価を受けており、その下層ページに作られる無料ブログは上位表示を狙いやすいといった点です。

結論としては多少の評価の底上げはありますが、最終的な評価の最大値としては独自ドメインの方が見込めると言えるでしょう。

実際に収益性の高そうなキーワードで検索してみましょう。2019年5月時点で「育毛剤」「脱毛」「英会話」さらには「費用」「料金」「口コミ」など掛け合わせて検索をしてみても、一般のブログは上位には表示されていません。

昨今のSEOではEATと呼ばれる評価軸が重要視されています。細かい説明は省略しますが、つまりそのサイト自体の専門性や、運営主が評価のポイントとなっています。従ってドメイン自体の専門性や、運営者の情報の出しやすさなどが一因と考えらえます。

やはりここは独自にドメインを取得し、ブログサイトを作ったほうが良いと言えるでしょう。

独自ドメインの取得は難しくない

独自ドメインの方がSEO的にも効果的だというのは理解頂けたと思いますが、自分でドメインを取って、ブログを作成するのは費用がかかりそう?そう思われている方もご安心ください。ブログサイトの構築自体は非常に簡単です。おすすめのパターンを記載します。

・ドメイン取得:ムームードメイン 
・サーバー取得:ロリポップ 

この組み合わせでドメインとサーバーを用意すると、管理画面から自動でワードプレスというブログ機能をインストールすることができます。したがって開発費用がかかることもありませんし、年間1万円以下で、ドメイン代、サーバー台を賄うことができます。

またワードプレスにはデザインのパターンも数多く公開されておりご自身でカスタマイズすることも可能です。したがって、まずはこの機能を利用されるのが良いのではないでしょうか。

All in One SEOは必須でインストール

SEO対策に重要なポイントがtitleタグ,metaタグです。それぞれのタグはhtml上に表示されます。例えばこのブログで言えば、

この部分が該当します。そしてこの部分が

この様に検索結果に表示されるため、順位だけでなく検索結果からの押されやすさにも影響するとても重要なタグと言えます。タイトルに入っているキーワードは上位表示を狙いやすいですし、逆に入っていないキーワードでは上位表示が難しいです。ただしこれだけ重要なタグも、ワードプレスのデフォルトの設定では細かい設定ができません。

その細かい設定を可能とするのが「All in One SEO」というパッケージです。こちらも「ブラグインの追加」といった形でワードプレス上で無料で追加が可能ですので、このインストールは必須で対応された方が良い機能と言えるでしょう。

関連記事はこちら:WordPressのおすすめプラグインはこれ

それでも上位表示されない、その時は

ブログを使ったSEOに限らず、コンテンツマーケティング、オウンドメディア運営に必要なのが上位表示のノウハウです。上述のtitleタグ、metaタグ以外にも、

・1コンテンツの文字数
・内部リンクの貼り方
・外部リンクの貼り方
・hタグの使い方
・更新性

や、そもそもどの様なキーワードを狙うべきか、など様々なノウハウがあります。こうしたノウハウなく上位表示は見込めないので、注意したほうが良いでしょう。

特にコンテンツの文字数は重要です。よくブログSEOを指南する情報がTwitterやウェブサイトに掲載されていますが、その中で「毎日コンテンツを投稿しよう」といったような情報も見られます。そこで更新性を意識するあまり、文字数の少ないコンテンツを数多く投稿してしまうようなケースが見られます。

これでは上位表示が見込めるわけでもなく、また往々にして同じようなコンテンツを多数投稿してしまうケースも散見されます。コンテンツの重複はSEOの観点からもネガティブな評価を受ける可能性があるため、このあたりの情報一つとっても、最低限ノウハウがないと、努力が水の泡となってしまうことでしょう。

またもちろん当初の想定と違った傾向が見られることもブログSEOにはつきものです。特定の「A」というキーワードで流入獲得を見込んでいたコンテンツが、実は少し違った「B」というキーワードでの流入が入ってきている、といった様にです。こういった場合には、その「B」というキーワードに沿った内容にコンテンツをブラッシュアップすることで、検索順位の上昇が見込めます。

この作業を「リライト」と呼び、この作業をどれだけ丁寧に、かつ戦略的に行えるかが集客数にも大きな影響を与えるポイントと言えます。

関連記事はこちら:【初心者向け】SEOライティングの基本を学ぼう!検索上位表示のコツや注意点まとめ

独自のデザイン作成も無料で対応

ここまで記した通り、個人でブログを立ち上げようという方も、事業会社の方も、独自ドメインを取得し、ブログを立ち上げる形が最も効果的と言えるでしょう。ただし0からブログを立ち上げること自体は簡単ですが、上位表示の為のノウハウや、一定の流入が見込めるまでに半年~1年程度の期間がかかるため、根気強い対策が必要です。

つまりノウハウはもちろん、リソースも取られることから、業者に依頼をすることに大きなメリットがあると言えるでしょう。

当社の場合、1年契約の際には独自デザインのブログ型サイトを無料で作成させていただくことが可能です。ワードプレスで一般的に公開されているようなデザインテンプレートではなく、貴社独自のデザインを持ったサイトを作成することが可能ですので、この機会にぜひご相談を頂ければ幸いです。

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。