MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

若者を中心に絶大な人気を誇る動画作成・共有モバイルアプリTikTok。

今や誰もがその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

TikTokのその高い認知度から、現在ではマーケティング戦略として、企業が広告の掲載先としてTikTokに選ぶことも少なくないようです。

今回はTIkTokの概要とTikTokが広告掲載として魅力的である理由に迫ります。

その中でも、TikTokが有名になった背景や広告掲載の手段について詳しく解説しておりますので、TikTokの本質的な価値を知ることができると思います。

ぜひご一読ください。

TikTokとは?

TikTokとは、中国のBytedance社が運営する動画作成・共有モバイルアプリです。

Instagramやfacebookは「画像投稿」がメインですが、TikTokは「動画投稿」がメインであることが最大の特徴です。

ユーザーは15~60秒程のショートムービーを作成し投稿します。

TikTokの人気を支える3つのポイント

現在人気が急上昇しているTikTokですが、その人気の背景として3つポイントが挙げられます。

加工で自分を魅力的に見せることができる

TikTokには写真に加工を加えることができる機能があります。

例えば、肌を綺麗に見せる美肌効果や目を大きく見せる目の強調、顔のラインを痩せているように見せることもできます。

また、写真に加工を加えて、顔や髪の毛に飾りつけをしたり、動画にスタンプを張り付けたりすることもできます。

こういった点が若者の心をつかんでいます。

簡単に映像加工できる

 誰でも簡単に映像加工ができることもTikTokの最大の特徴です。

YouTubeで映像を投稿する人の多くは、映像加工アプリやソフトを用いていますが、TikTokではアプリ内のフィルターやエフェクト機能を用いて簡単に編集することができます。

映像加工の特別な技術を持たなくても、映像を揺らしたり、スローモーションにしたり、逆再生にしたりすることができるのです。

音楽を楽しむエンターテインメント性

 動画に自分の好きなBGMを入れることができるのもTikTokの魅力の一つです。

単調なサウンドトラックではなく、世間で流行りの曲をBGMとして設定できるため、動画編集の表現の幅が広がります。

また、人気グループPerfumeをはじめとした多くの有名タレントが動画を投稿しており、音楽やダンスに関心が高い人が集まるエンターテインメントのプラットフォームとなっています。

ユーザー数

TikTokのユーザー数は世界150か国で利用されており、2018年12時点でアクティブユーザーは5億人にのぼるとされています。

TikTok利用者数も年々増加しており、ユーザー数は昨年と比較して250%超えをするなど、SNS業界の中でも高い成長率を誇っています。

より分かりやすく例えるなら、ユーザー数増加の早さはあのInstagramを超えるほどなのです。

また、TIkTokは、日本国内においても人気が高まるSNSです。

LINEやFacebookと相対的に比較すると、ユーザー数はまだ少ないですが、それでも月間アクティブユーザー数は950万人を記録しており、国内でもその人気が高まっていることは間違いないでしょう。

若年層から支持が高いこともあり、今後その人気が増加していくことが期待されるポテンシャルの高いSNSであるといえます。

これらのことを踏まえれば、国内外問わず高い人気を誇りながら、将来的にInstagramに並ぶほどの影響力を持つ有望なプラットフォームであることが分かります。

ユーザー層

世界のユーザー層を見てみると、約55%が男性で約45%の女性と五分五分の数字となっています。

ユーザーの年齢層は10代が最も多く、続いて20代となっており、若年層からの人気が伺えます。

ちなみに、日本国内ではユーザー全体の6割から7割を女性が占めており、世界全体と比較して女性利用が多いことが特徴です。

ただし、「投稿するユーザー層」と「視聴だけのユーザー層」には多少差があることも注視が必要です。

視聴のみをしているユーザー層をみると20代が最も大きい割合を示します。

つまり、TikTokを「見ている」ユーザーは10代のみに固まらず、より広い層であることが分かります。

TikTokの広告とは?

以上を踏まえると、TikTokの市場は、広告としてのポテンシャルの高さが伺えると思います。

しかし、TikTokで広告を打つメリットはそのユーザー数の多さのみではありません。

広告掲載の選択肢の多さと人目をひく広告掲載ができることこそがTikTokで広告を打つ理由です。

さてここからは、そんなTikTokでの広告掲載の魅力に迫ります。

TikTokでは、TikTokAdsという広告主向けのプラットフォームが準備されており、

  • ・OS
  • ・性別
  • ・年齢
  • ・時間帯
  • ・通信環境
  • ・オーディエンス
  • ・言語
  • ・地域

の項目を設定して、ターゲットに向けて広告を発信することが可能です。

この精密なターゲティングに加えて、TikTok独自のアルゴリズムによって、広告主の目標に合わせた入札や最適化が可能です。

また、広告作成ツールも準備されており、広告の作成もTikTokAdsを使えば難なくすることができます。

このように、TikTokでは広告主が広告掲載をしやすくする工夫が随所に準備されております。

TikTokの広告の種類

ハッシュタグを使った広告

TikTokの広告としてまず一つ目に取り上げたいのが、ハッシュタグを使った広告です。

ハッシュタグ広告とは、広告主がハッシュタグを設定し、ユーザーがそのハッシュタグにちなんだ動画投稿をするものです。

このハッシュタグ投稿のメリットは以下の通りになります。

メリット

  • ・ディスカバリーページのトップにバナーを設定できる
  • ・アプリ内にコンテンツページを設定できる
  • ・TikTokからのサポートがある
  • ・ユーザーが参加型できるコンテンツのためユーザーの間で人気である
  • ・有名人や有名TikTokerを起用したタイアップも可能

ハッシュタグを用いた巧みな広告としては、楽天カードの広告が挙げられます。

川平さんのCMでも馴染みのある楽天カードですが、ハッシュタグを「#むむ顔」に設定し、人気の高い広告コンテンツを作成しています。

また、サントリー食品による「ペプシJコーラ」の広告で12本の動画広告を掲載したところ、掲載後たった一か月で再生回数は1500万回を記録しています。

また、同投稿を真似した一般ユーザーの投稿数は計2万人となっており、ハッシュタグ広告の影響力の高さが伺えます。

有名人を起用した例は、全身脱毛サロン「キレイモ」が渡辺直美さんを利用した例が挙げられます。

Instagramのフォロワー数日本一位を誇る渡辺直美さんですが、TikTokでも多大な影響力があることは間違いありません。

このように、有名人や有名TikTokerとコラボした広告掲載は他社の広告と差を付ける強い武器になります。

しかしながら、デメリットもあります。

デメリット

  • ・広告費が高額である
  • ・効果が測定しにくい

高い宣伝の効果が期待される反面、広告コストが高いことがデメリットです。

ハッシュタグ投稿は、製作費や広告費等、TikTokからのサポートなどを含めたパッケージ料金となっているため、広告費が高額になります。

また、どの程度購買や成約に繋がったのか効果が図りにくいことも特徴です。

起動画面広告

起動画面広告とは、起動時に3~5秒間、全体画面で表示される広告を指します。

メリット

  • ・起動時にユーザーの目に必ず触れることになる
  • ・アプリ内ページもしくは外部サイトに遷移が可能
  • ・静止画のみでなくGIFでも広告が可能
  • ・全画面表示で広告が可能

起動時に必ず表示される広告であり、ユーザーの目に届きやすいのが特徴です。

また、全画面表示の広告であるため、視覚的に訴求力が高い広告形態です。

デメリット

  • ・一日一社限定であるため枠の確保が難しい
  • ・広告コストが高い

一日一社限定であるため、枠の確保が難しいのがデメリットです。

インフィード広告

インフィード広告とは、一番視聴時間の長い「おすすめ広告」に表示される5~15秒の動画広告を指します。

音声が必須の動画広告となります。

メリット

  • ・ユーザーに人気の高い動画に広告を掲載できる
  • ・通常の動画投稿と同様の形式で広告掲載ができる
  • ・アプリ内ページや外部リンク、アプリストアへ遷移可能になる
  • ・期間保証やImp保証、CPM課金・CPC課金で投稿が可能
  • ・CTAの設定が可能
  • ・通常の動画投稿と同様に「いいね」や「コメント」、「シェア」が可能
  • ・インストール数やWEB上のコンバージョンの計測可能

インフィード広告の最大の特徴は、最も視聴時間が長い投稿に広告を付与できるため、多くのユーザーへのリーチが可能であることです。

おすすめの動画に合わせて広告を掲載できることで、ユーザーの目にとまりやすいです。

また、通常投稿と同様に音声がつけられたり、いいねやコメントがつけられたりすることができます。

コンテンツ次第では、影響力の高い広告を打つことが可能となります。

加えて、ダウンロードや外部リンクに遷移をしたり、インストール数やウェブ上にコンバージョンの計測も可能となる充実した広告形態となります。

デメリット

  • ・クリエイティブ性が大きく問われる

インフィード広告は、コンテンツ内容に大きく依存しているため、広告に高い創造性・デザイン性の高さが求められます。

TikTokの広告運用を成功させるには!ポイント3点

動きを入れた広告にする

TikTok広告の最大の特徴は、「動画を使った広告ができること」にあります。

静止画による広告作成とは意識的に作成方法を変えて、動画の良さを最大限に活かした作り方が重要になります。

TikTokで人気の高い広告は、「ダンスを取り入れた広告」や「特徴的なアニメーション」を入れている傾向にあります。

例えば、アイドルグループを起用したダンス中心の動画広告は高いコンバージョンを達成しています。

また、人気ゲームアプリ「モンスターストライク」の動画広告では、躍動感のあるアニメーションを用いることで多くのレスポンスを得ることに成功しています。

つまり、「動画広告」である以上、「動き」を最大限に意識した広告作成をすることが成功の秘訣といえるでしょう。

動画広告の最初の5秒を意識的につくる

「動き」を最大限に活かした動画広告を作成したとしても、15秒間がだらだらと過ぎてしまうようなコンテンツではユーザーからの支持を得ることができません。

最も大切なのは、最初の5秒間でどれだけユーザーに「これはなんだろう?」や「この広告面白そう」と思わせることが重要になります。

ですので、動画広告をつくる際は、特に最初の5秒間をインパクトのあるコンテンツにすることをおすすめします。

利用ユーザーの属性を意識した広告作成を行う

前述したとおり、TikTokは若年層が多く利用するSNSです。

今日の若い世代が、どのようなことに興味があり、どのようなアプローチであれば興味を持ってくれるのかを意識することが非常に重要になってきます。

例えば、先ほども触れた渡辺直美さんを起用した広告が良い例です。

若年層から絶大な支持を集める有名人を利用することで、若者が興味を持つことは間違いないでしょう。

まとめ

TikTokは、LINEやInstagram等の大手SNSに比べるとそのユーザー数はまだ少ないですが、ユーザー増加率の高さや充実した広告コンテンツを踏まえると、軽視できない広告プラットフォームであることは間違いありません。

この機会にTikTok広告の検討をぜひしてみてください。

SEO対策・コンテンツマーケティング支援ならデジタルトレンズ

■検索順位を上げたい方

■PV数を増やしたい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

まずは一度、SEOのプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。