MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

Google,広告,

Googleショッピング広告とは?

Google,ショッピング広告,

Googleショッピング広告とは、ECサイトに向いている広告のことで、検索の一番上位に表示されます。

特にモバイルにおけるGoogleショッピング広告は、表示領域が広くとても目立つため(Google検索すると画面のほとんどを占める)有効な広告手段として使えます。

そしてGoogleショッピング広告は、商品名、商品画像、ショップ名などが最初から表示されているため、クリックする前に商品情報を知ることができます。

Googleショッピング広告の特徴としては、導入するために手間がかかるため、導入しているショップが少なく、広告の単価が安いという特徴があります。 Googleショッピング広告は、商品を持っているECサイトであれば、どんなショップでも向いている広告です。

ただし、Googleショッピング広告は、偽造品や危険物などの商品に対しては、広告掲載が不可能です。また、成人向けコンテンツやアルコール飲料などに関しては、掲載に制限がかかる場合があるので注意が必要です。

Googleショッピング広告の配信先

Googleショッピング広告の配信先は、以下のようなところがあります。

  • Google検索結果
  • Google画像検索結果
  • GoogleショッピングタブGoogleショッピングタブ
  • Googleパートナーサイト
  • YouTubeやGmail、Google DiscoverなどのGoogle関連のサイト

また無料枠については、Googleショッピングタブの下に配信されます。

Googleショッピング広告の仕組み

Google広告,仕組み,

Googleショッピング広告は、Google検索を使った検索連動型広告です。購買意欲がある検索に対してGoogleは、ショッピング広告を表示します。

広告の掲載順番は、広告ランクや検索との関連度、入札単価によって決まります。 Googleショッピング広告に掲載された広告が、クリックされるとランディングページへと飛んでいきます。

Googleショッピング広告には、Googleのフォーマットで決められた商品データを入力して送信していきます。Googleに送るデータは、データフィールドと呼ばれる形で送ります。

データフィードの登録や更新は、Merchant Centerというところで設定していきます。

Googleショッピング広告の課金方式

Googleショッピング広告の課金方式は、クリック課金方式です。つまり広告が表示されているだけでは、課金されずクリックされて初めて課金されます。

クリック課金は、希望額を入札するオークション形式で、掲載順位や掲載の有無が決まっていきます。あまり小さい額を希望すると広告掲載されない可能性があります。

Googleショッピング広告のクリック課金単価は、10円~30円程度と通常の広告よりも安くなっています。

Googleショッピング広告のメリット

Google広告,メリット,

通常の検索広告に比べてGoogleショッピング広告は、以下のようなメリットがあります。

  • 検索結果の最上位に表示される
  • 購入見込みの高い顧客にアプローチできる
  • 関連性の高い検索にアプローチできる
  • ライバルが少なくクリック単価が安い

Googleショッピング広告のメリットについて、それぞれ説明していきます。

検索結果の最上位に表示される

Googleショッピング広告は、検索の一番上に画像付きで表示されるためクリックしやすいというメリットがあります。

特にモバイルでは、画面の占有率がとても広く、目立ちやすくクリックされやすい特徴があります。 広告を表示させる上で、クリックされるということはとても大切な要素です。

購入見込みの高い顧客にアプローチできる

Googleショッピング広告は、購入見込みの高い顧客にアプローチできるというメリットがあります。 検索画面に画像と商品情報が掲載されており、クリックすると商品の詳細ページへ飛ぶため購入欲の高い顧客にアプローチできます。

またGoogleショッピング広告は、配信先をキーワードで選定するのではなく、テールワードと言う検索に、Googleが自動で配信先を決定してくれます。

そのため人が想像するよりもより、購買意欲の高い顧客にアプローチが可能となっています。

ライバルが少なくクリック単価が安い

Googleショッピング広告は、通常のGoogle広告に比べて、導入に手間がかかるため利用しているショップが少ないです。

そのためクリック単価が安いというメリットがあります。クリック単価が安いため、商品の広告費に対する利益が多くなってきます。

Googleショッピング広告のデメリット

Google広告,デメリット,

通常のGoogle広告に比べて、Googleショッピング広告は、以下のようなデメリットがあります。

  • 広告設定や運用の手間がかかる
  • キーワードによる広告運用ができない

Googleショッピング広告に関するデメリットを、それぞれ説明していきます。

広告設定や運用の手間がかかる

Googleショッピング広告は、通常のGoogle広告に比べて手間が多いです。商品データを登録し、ショッピングキャンペーンを追加し、Google Merchant Centerの開設が必要です。

そんなGoogleショッピング広告をする際には、商品データと広告運用に関する知識が必要となり、時間やリソースがある程度無いといけません。

キーワードによる広告運用ができない

Googleショッピング広告は、キーワードによる広告運用ができません。狙ったキーワードに対して商品を売るという設定ができないのです。

そのためキーワードによる広告戦略ができないというデメリットが、あります。

無料で利用できる無料リスティング

2020年10から開始されている無料リスティングは、Googleショッピング広告での中の無料で利用できる広告です。 Googleのショッピングタブに表示されるGoogleショッピング広告の中で、無料枠ができています。

Googleショッピングタブの通常のGoogleショッピング広告の下に、無料枠ができて掲載されます。 この無料リスティングは、広告費がかからず無料で掲載することが可能です。

Googleショッピング広告の設定方法

Googleショッピング広告の設定方法は、以下の通りです。

1.Google Merchant Centerを登録する
2.商品データ(フィード)を登録する
3.ショッピングキャンペーンを追加する

Googleショッピング広告の設定方法を順に説明していきます。

Google Merchant Centerを登録する

はじめに、Merchant Centerに登録します。

Merchant Centerでは、ビジネス名、国、タイムゾーンを入力し、利用規約に同意して、「アカウントを作成する」をクリックすると登録完了します。

商品データ(フィード)を登録する

Google Merchant CenterとGoogle広告のリンクをした後に、商品データ(フィード)を登録していきます。商品データは商品名や商品画像などのデータを登録していきます。

ひとつずつ商品を登録するのではなく、スプレッドシートなどにデータとしてまとめて入力しておきアップロードします。

ショッピングキャンペーンを追加する

続いて、ショッピングキャンペーンを追加します。

「キャンペーン」をクリックし、「+」アイコンを押し、「+新しいキャンペーンを作成」を選択していきます。

出てきた画面で、達成したい目標をクリックし、Google Merchant CenterのアカウントIDを入力し追加します。

まとめ

Google広告,やり方,

Googleショッピング広告は、Googleの検索結果などの一番上に出てくる広告です。商品名や商品画像などを表示させられ、クリックされやすい広告です。

通常の検索広告に比べて、Googleショッピング広告は、以下のようなメリットがあります。

  • 検索結果の最上位に表示される
  • 購入見込みの高い顧客にアプローチできる
  • 関連性の高い検索にアプローチできる
  • ライバルが少なくクリック単価が安い

Googleショッピング広告には、無料枠もあるので、ECサイトのショップを所有している方は、試しに利用してみては、いかがでしょうか。

デジタルトレンズ

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。