MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

SEO対策を行うためには、いくつか事前にチェックしておくべきポイントがあります。

誤った対策方法を行うことでwebサイト作成の手間と時間を無駄にしないため、また、スムーズに集客を行うためにも、SEO対策に影響するチェック項目を認識しておく必要があるでしょう。

そこで、そもそもSEO対策とは何か、SEO対策に影響する項目を紹介します。

SEO対策とは

SEO対策とは、googleなどを検索した際に検索結果で自社のwebサイトを上位表示させるため行うものです。

SEO対策では、上位表示を目指すべくキーワードを調査、掌握し、該当のキーワードで検索するユーザーのニーズを満たすコンテンツ作りが求められます。

コンテンツの質は極めて重要であり、検索するユーザーがwebサイトに訪れて滞在した時間や、閲覧した情報の量と内容など、webサイトへの反応が上位表示を目指すための大切な指標となるためです。

Googleは、ユーザー最優先という考え方のもと、ユーザーの要望に合致したコンテンツが検索結果に反映されることを基本としています。

検索するユーザーはどのような目的で検索しているのか、また、どのような課題や問題を解決しようとしているのかを踏まえたコンテンツ作りが重要です。

Googleのユーザーに対する基本的概念は、単なる「コンテンツ数の多さ」では足りないとしており、ユーザーの満足度向上を徹底追求したコンテンツ作りが求められています。

SEO対策によって検索結果を上位表示するためには、コンテンツの質を高めると共に、従来のSEO対策として行ってきた内部・外部の対策も必要です。

Webサイトの内容を検索エンジンに明確に伝えるための内部対策と、webサイトの評価確認である外部対策が結果を生み出すためのポイントだといえます。

そのため、SEO対策の起点は、Googleが提唱する「SEOの概念」をしっかりと理解することが大前提なのです。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

SEOに影響するチェック項目

質の高いコンテンツ作りに満足してしまい、肝心のwebサイト検索結果で上位表示するという目標を果たせない場合、更なる改善具体策が求められます。

それは、対策キーワードの見直しです。

Googleで指定した検索キーワードの検索数をチェックした際には、そのキーワードと同時に検索されたキーワードなどもチェックする必要があります。

キーワードへの対策が、SEO対策にもつながるのです。

対策キーワードで順位がつかない背景には、第一にキーワードに対する競合が多すぎたり強すぎたりする、第二に対策するキーワードが最適化されていない、第三にキーワードに対するコンテンツが不適切などが考えられます。

このような状態になっている場合には、複合キーワードから徐々に上位を目指し、段階的にボリュームの多いキーワードに対応することが大切です。

SEO対策でいう「良質なコンテンツ」とは、多くの人に読まれているコンテンツを指します。

十分な文章量があることはもちろん大切ですが、それだけでは良質とはいえず、Google検索の上位も狙えません。

まずは「どのようなネタで検索上位を狙うか」を決めることが重要になるため、メインとなるキーワードを選びましょう。

テーマ性が薄く、何を言いたいのかわからないといったコンテンツになってしまうと、Googleのアルゴリズムから外れて膨大な情報の中に埋もれてしまいます。

構成・内容などがある程度出来上がったら、コンテンツが「ユーザーのニーズに応えているか」のチェックが必要です。

クオリティが高いように見えても、該当のキーワードを検索した人が求めている情報が載っていないと、ユーザーの満足を得られず、結果として良質なコンテンツと認められなくなります。

見直しのための基準となるのは、現時点で上位に表示されている競合コンテンツの内容です。

文章のボリュームや見出し、読みやすさへの配慮(画像を挟むなど)をチェックし、作成中のコンテンツと照らしあわせて、欠けている部分を見極めましょう。

仕上げに、誤字脱字の有無や、コンテンツの構成に一貫性があるかどうかを確認します。

欲しい情報が用意された読みやすいコンテンツになっていれば、より高い検索順位を狙いやすくなるのです。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

SEO対策の方法・手順

SEO対策には、主に6つの方法があり、順に進めていく必要があります。

具体的な方法と手順について見ていきましょう。

キーワードを絞り込む

SEO対策で狙うキーワードは、1つに絞ることをから始めましょう。

理由は、最初から複数のキーワードを盛り込もうとすると、内容に一貫性がなくなってしまう可能性があるためです。

良質なコンテンツとして認識されるためには、何について書かれているのか一目でわかるようにする必要があります。

しかし、いくつかのキーワードで上位を狙えるコンテンツを作りたい場合には、キーワードごとにページを分けてコンテンツを作成するという方法が有効です。

具体的には、特定のキーワードでコンテンツを完成させたら、そこに別のページで作成した関連コンテンツのリンクを貼ります。

各キーワードに特化できれば、トータルして専門性の高いコンテンツとみなされて評価を得られるのです。

キーワードによっては、情報を無秩序に盛り込むような構成の方が評価されることもあるため、リアルタイムでの検索順位と、流入を獲得しているキーワードをサーチコンソールで確認して調整を行ないましょう。

また、上位を狙いたいキーワードの検索ボリュームも確認します。

検索ボリュームが大きいほど、そのキーワードで上位を狙う難易度も上がるのです。

難易度が高いと感じる場合には、メインのキーワードに関連ワードを付随させる「複合キーワード」で上位を目指します。

複合キーワードのページの順位を上げられれば、関連元としてリンクされているメインキーワードのページの評価も上がるのです。

この方法を続けることで、後にメインキーワードのみで上位に表示させることができるようになります。

内部対策を行う

SEO対策において重要なものであり、ユーザーの求めている情報に沿ったキーワードを選び、そのキーワードを記事内の随所に織り込みます。

例えば、内部キーワードを含めた見出しを考えたり、自然な形で記事内にキーワードを散りばめたりする方法です。

中でも、ユーザーが絶対に目を通す「ページタイトル」には、必ずキーワードを加えます。

ただし、キーワードをあからさまに加えるのではなく、ユーザーがどのような情報を求めて検索をしているのか、どのような内容を提供したら満足してもらえるのかといった、ユーザー側の気持ちを考えることが大切です。

タイトルが長すぎるとスマートフォンでは見づらくなってしまうため、タイトルの冒頭にキーワードを織り込みつつ、30文字以内に収めるようにしましょう。

検索結果が表示されたときに、ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルを考えてください。

ページタイトルと見出しを考える

タイトルが決まったら、続いては記事の構成を考えていきます。

各見出しのどれを大見出しとするか小見出しとするかを考え、h1とh2〜6の見出しを加えましょう。

なお、h1は1ページに1回使用しますが、h2~h6についてはすべてのタグを使用する必要はありません。

記事の構成に合ったタグを使うことが大切です。

内部リンクの構成

コンテンツの記事に合った内容を集めることも大切ですが、他のキーワードをメインとした関連記事を集めることが理想です。

理由は、コンテンツ同士を繋げることでユーザーの悩みが解決しやすくなり、ユーザーの満足度がアップするからだといえます。

また、1つの記事につき1つの対策キーワードに絞って作成することで、より内容が濃くなり、ユーザーの満足度も高くなるでしょう。

外部対策も忘れずに

外部対策の中でも最も重要な「被リンク」を重視しましょう。

上位表示されているブログやコンテンツ記事に共通していることが、他人のブログやサイトを紹介しているという点です。

これを被リンクといい、単純にwebサイトやブログを紹介したいから貼るのではありません。

多くの人は、被リンクを貼ることがSEO対策の評価に含まれるため、貼っているのです。

適当に選択するのではなく、自分の記事に合った質の高いリンクが選ばれています。

つまり、コンテンツを作成したユーザー本人が「有益な情報だ」と思ったサイトを、厳選して紹介しているのです。

被リンクを貼るだけなら誰でもできますが、もしも自作自演のリンクや相互リンク、内容が薄いペラサイト

ような質の悪リンクを貼ると、Googleからリンク先のページが削除される可能性があります。

これは、Googleのアルゴリズムのひとつである「ペンギンアップデート」によるものです。

他のユーザーから被リンクを獲得するためにも、SEO対策はもちろんSNSやブログなどの拡散方法を構築しておきましょう。

何かしら理由でコンテンツが大きな注目を集めた場合は、たくさんの被リンクを獲得できます。

Webサイトの質を向上してどんどんコンテンツを強化し、ユーザーに認められるサイトを構築していくことが大切です。

SEO対策を記録する

検索エンジンの上位に表示されるためのSEO対策には、注目させたいページと似ているページの順位を毎日確認することが大切です。

検索エンジンの上位に表示させるためにどんな事をしたのかも一緒に記録しておくと、どのような対策が効果的だったのか、または効果的ではなかったのかがわかります。

もちろん、同じようなページが新しく加わってくることや、Google検索の計算方法の変化などとともに順位が下がる可能性もあるでしょう。

日々の状況をよく見て判断し、上位表示を目指したSEO対策を繰り返し行うことが重要なのです。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

まとめ

基本となる対策を行った後は質の高い情報を、表示順位を確認できる程度になるまで、コンテンツを提供し続けることが重要です。

Webサイト自体の質が高まってきたら、見直しとして記事の文章を書き換えるなど、個々の内容を高めていきます。

一般的な検索でユーザーの訪問数や成果を増やすためには、全体の記事数は最重要ではなく、情報の質が大切です。

つまり、上質なコンテンツを大量に保有しているwebサイトは、上位表示を維持できる可能性が高いといえます。

上位表示されることでSNSなどでシェアされ、力を持つwebサイトに成長し、検索回数が少ないキーワードでも上位に表示されるのです。

長期的な計画でSEO対策を行い、徐々にメインキーワードでの記事作成を行えるようにしましょう。

SEO対策ならデジタルトレンズ

■費用対効果が良いサイト運営を行いたい方

■リスティング広告以外の手法を検討したい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

まずは一度、広告のプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。