MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

この記事を読んでいる方は

  • 楽天広告とはどんなものがあるだろうか…
  • 楽天広告は費用はどれくらいかかるだろうか
  • 各楽天広告のメリットとデメリットはなんだろうか

とお考えではないでしょうか?

この記事ではWeb広告を検討している事業主の方、広告代理店の広告担当者の方に向けて、楽天広告についてポイントを紹介しています。

この記事を読んだ後には、楽天広告について詳しくなっています。特に代理店の方は、どの広告を使ったらいいか分かるようになるので是非最後までご覧ください。

では早速、楽天広告の解説をしていきます!

楽天広告は大きく分けて3種類

楽天広告は、全部で次の3種類があります。

  • 掲載系広告
  • メルマガ配信広告
  • 成果報酬型広告

それぞれ説明していきましょう。

掲載系広告

楽天トップページやジャンルページ、特集ページなどに掲載される広告です。多くのユーザーの目に止まる場所に広告が掲載されます。

楽天市場広告と特別大型企画があります。
掲載されただけでは料金はかからず、ユーザーにクリックされると課金されます。

メルマガ配信広告

楽天からユーザーに配信されるメルマガの中にバナー広告として掲載されるものです。最近では、掲載系広告と一緒に出すのが鉄板となっています。

特定のジャンルに興味ある人にダイレクトに広告を配信することができるでしょう。

成果報酬型広告

RPP広告やクーポンアドバンス広告、CPA広告等様々な広告があります。

クリックやクーポン取得、コンバージョンなど様々な成果に応じて費用が発生するものになっています。成果が出たら費用が発生するので、安心して利用できるでしょう。

掲載系広告

掲載系広告は、次の二つがあります。

  • 楽天市場広告
  • 特別大型企画

それぞれ、詳しく説明していきましょう。

楽天市場広告

楽天トップページや、ジャンルページ、特集ページなどに掲載される広告です。決まった広告枠を購入して掲載するもので、楽天内純広告と呼ばれています。

楽天市場広告のメリット・デメリットについて説明していきましょう。

メリット、デメリット

メリットは、楽天ページに広告が掲載されるので、多くのユーザーに接触することができるため、商品の認知度やブランドを上げることができるという点です。

一方でデメリットは、ターゲットを絞らずに配信するため、費用対効果が合わない可能性があることです。

さらには上位枠を獲得できなければ、なかなかクリックされないというデメリットもあるでしょう。

広告の掲載は簡単ですが、購入に繋げるには良い場所に掲載しなければならず試行錯誤が必要となります。

費用

費用は、40,000円~1,200,000円と幅広く設定することができます。掲載枠の場所や、掲載期間によって広告費が変わっていきます。

同じ広告枠でも、スーパーセールの広告は大幅に費用が上がる場合もあります。予算の調整には注意するようにしましょう。

効果的な運用方法

戦略としては、スーパーセールやお買い物マラソンなど楽天が開催するイベントに合わせて掲載することで、爆発的なアクセスを作ることが可能です。

ただし注意が必要なのは、検索により流入したユーザーではないので、それほど購入意欲の強くないユーザーであることです。

コンバージョン率を上げるために、クーポン施策や割引施策などを一緒にしていくのが効果的でしょう。

特別大型企画

特別大型企画は、広告予算を多くかけることができる売上実績のある会社向けの広告になります。特別大型企画は、次の2種類に分けられます。

  • 大口予算枠
  • 超目玉枠

それぞれ説明していきましょう。

大口予算枠

スーパーセールやお買い物マラソンなどの期間中に、2,000,000円以上の広告枠を購入できる店舗だけが使える広告になります。まず出稿したい広告枠を2,000,000円以上で購入します。

しかし申請すれば必ず出稿できるわけではなく、広告予算の高い店舗やこれまでの実績のある店舗から掲載するように楽天が調整していきます。

費用対効果については、最低2,000,000万以上という設定があるため、ROASを高めるためには、広告以外の施策をする必要があるでしょう。

超目玉枠

超目玉枠は、広告費がかからないという広告になります。これは、楽天が行うイベントに協力できる店舗が無料で広告枠に掲載してくれるというものです。

例えば楽天スーパーセールでは、多くの店舗が半額というCMを見た事があるのではないでしょうか。これは店舗に対して、「50%オフなどの一定条件をクリアしている場合には、広告枠に無料で掲載します」というオファーを楽天が出しているのです。

その結果、商品を半額にすることで、広告枠に無料で掲載してもらえるのです。ただし条件を満たせば必ず掲載されるというわけではなく、売上実績などから楽天が店舗を選んでいきます。

メルマガ配信系広告

メルマガ配信系広告は、「おすすめニュース広告」と呼ばれるもので、楽天からユーザーに配信されるメルマガに掲載される広告です。

最近では、掲載系広告と一緒に出すのが流行りとなっています。メルマガ配信系広告は、次の2種類があります。

  • 楽天配信
  • 店舗配信

それぞれ説明していきましょう。

楽天配信

楽天配信とは、ユーザーの閲覧履歴などから購入の見込めそうなユーザーに対して、商品選定と広告配信を行うものです。

つまり、複数ある店舗から、楽天が購入しそうなユーザーに対して店舗を選択し、メルマガを作成し配信していきます。そうすることで購入を促す効果があります。

費用

楽天配信の費用は、月予算5,000円から設定することが可能です。クリック型課金で、クリックされてはじめて課金される仕組みです。

予算を超過した分のクリック課金は広告費用は発生しないので、予算オーバーになるリスクがありません。

効果的な運用方法

楽天配信では、クリック単価(CPC)の設定が重要になるため、常に競合商品の広告出稿強度を分析しながら、調整させることが重要です。

楽天広告の担当に相談をすると、同業界の平均クリック単価(CPC)を教えてくれることがあるので、相談をしてみるのも良いでしょう。

どのくらいの価格の競合商品を扱う店舗が、どのくらいのCPCで入稿しているのかを担当ECCに聞いて出稿するといいでしょう。

店舗配信

店舗配信とは、すでに購入しているユーザーに対して、購入後のフォローアップや再購入を促すアプローチをする広告になります。

メールは店舗が作成し、楽天が自動でセグメント配信します。それぞれ何日前かに購入したユーザーに対して再購入を促していきます。

この店舗配信は、リスティング広告における「リマーケティング広告」と非常に似ている手法で、既存顧客の取りこぼしを無くす上で効果的な施策と言えます。

費用

店舗配信の場合には、30,000円から設定が可能です。こちらもクリックされる度に課金されるクリック課金になります。

楽天配信のように予算を超過した分のクリック課金はされないという嬉しい仕組みがあります。

効果的な運用方法

こちらの広告は、メルマガによって配信されるためメルマガの開封率によって、クリック数やコンバージョン数に関係してきます。ユーザーに開封してもらえるようなタイトルを工夫するといいでしょう。

成果報酬型広告

成果報酬型広告は、次の3種類があります。

  • RPP広告
  • クーポンアドバンス広告
  • CPA広告

RPP広告

RPP広告は、ユーザーの検索結果に広告が掲載される、検索連動型広告になります。楽天内におけるリスティング広告といってもいいでしょう。

ユーザーが検索したキーワードとマッチした商品についての、「商品名」「キャッチコピー」「商品説明」を自動で選んで表示させます。

ポイントとしてRPP広告は、パソコンでは上位3枠、スマートフォンでは上位5枠までと決まっています。検索結果の表示に上位表示させることができ、商品ページへの流入を増やすことが可能でしょう。

簡単に楽天内SEOを行いたい方には、おすすめの広告になります。

費用

CPCは25円から、月予算は5,000円からと低予算で始めることができます。

課金は、クリックされるたびに課金されるクリック型広告になります。そのため表示されるだけでは、課金されません。

効果的な運用方法

初期設定の状態では、RMSに登録している全ての商品が広告の対象になってしまいます。

商品別・キーワード別のCPCの設定を行うことで、広告費を効率よく使うことができるでしょう。さらに除外商品の設定もします。

メリット・デメリット

メリットは、検索結果の上位に表示させることができるため購買意欲のあるユーザーを多く商品ページに流入することが可能です。

またRPP広告は、CPCと月予算を決定するだけで楽天がうまく運用してくれるため初心者でも扱うことができます。

一方でデメリットとしては、デフォルトでは店内全ての商品が広告の対象となってしまうことです。広告に出したい商品以外は、除外する設定をする必要があるでしょう。

クーポンアドバンス広告

クーポンアドバンス広告とは、2017年1月に開始した「パーソナライズ型クーポン付き露出広告」の事です。

店舗が商品と値引き予算額を設定すると、楽天が自動で最適な値引き価格を予測し、クーポンを発行、購入意欲の高いユーザーにアプローチしてくれるというものになります。

費用

広告が表示されるだけでは費用は発生せず、クーポン発生数に応じて費用が発生する成果報酬型広告です。その費用は、1獲得(クリック)40円となっています。

安い単価で始めることができるのが特徴ですが、クーポンが使用された際の割引源資は店舗側の負担です。

メリット・デメリット

メリットは、単価が安いということがあります。RPP広告よりもコスパがいいでしょう。

また、興味のあるユーザーにだけ配信されるということです。ビッグデータにより、購入意欲のあるユーザーのみに配信されます。

デメリットとしては、効果が出るまでに時間がかかることがあることです。マッチングさせるためのデータが足らない時に、時間がかかってしまうことがあります。

こんな方にオススメ

クーポンアドバンス広告は、以下のような人にオススメです。

  • 予算や対象商品を自分で決めたい
  • クーポンによる適正な値引き価格が分からない
  • 成果報酬型の広告がいい
  • 面倒な設定が無く広告を出したい

CPA広告

楽天CPA広告とは、成果報酬型広告で、ユーザーが広告をクリックして720時間以内に広告経由で発生した売上に対して、20%の費用が発生するというものです。

広告の設定が無いのでとても簡単に配信することができますが、全ての商品が広告の対象となるため、好きな商品だけを広告に出すことはできません。

ただし全ての商品が広告掲載されるわけではなく、楽天側で選択されます。

CPAとは

CPAとは、「Cost Per Action」または「Cost Per Acquisition」の略で、つまり顧客獲得単価のことです。つまり1件のコンバージョンを得るためにかかったコストの事を表しています。その1件成果が出る度に、費用が発生する広告ということになります。

メリットとデメリット

CPA広告のメリットは、設定が簡単にできるため、工数少なく配信することができるというものです。そして大型セールで訴求できるのも魅力です。

CPA広告のデメリットは、ユーザーが広告をクリックしてから720時間以内に購入した全ての商品が課金対象となるということです。

つまりまとめ買いされた場合には、広告に掲載された商品だけでなく、全ての商品が課金の対象となります。

CPA広告をするときには、広告として表示したい商品以外は、除外商品として登録しておく必要があるでしょう。

また注意としては、720時間以内であれば、同じユーザーから2回目以降の購入も課金の対象となります。

まとめ

楽天広告は、全部で次の3種類がありました。

  • 掲載系広告
  • メルマガ配信広告
  • 成果報酬型広告

掲載系広告は、楽天トップページやジャンルページ、特集ページなどに掲載される広告です。

メルマガ配信広告は、楽天からユーザーに配信されるメルマガの中にバナー広告として掲載されるものです。

成果報酬型広告は、RPP広告やクーポンアドバンス広告、CPA広告等様々な広告があります。クリックやクーポン取得、コンバージョンなど様々な成果に応じて費用が発生するものになっています。

楽天広告は非常に魅力的な集客方法といえますが、広告の種類が多く、運用・管理の面でかなりの手間がかかるものでもあります。

デジタルトレンズでは、楽天広告をはじめ、あらゆるWeb広告のサポートをさせていただいておりますので、楽天広告を検討されてる方はお気軽にご連絡、ご相談ください。

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。