【最新版】Webマーケティングに強い超大手マーケティング会社7選!

更新日:

投稿日:2022.01.10

【最新版】Webマーケティングに強い超大手マーケティング会社7選!

Web集客にはマーケティング会社がおすすめ

Web集客を効果的に行いたいけど、自社のやり方ではなかなかうまくいかずに困っているという会社や、コンサルティングが必要だと考えているがどの会社を選べばよいかわからないという会社は多いと思います。 そこで今回は、Webマーケティングにおいて実績のあるおすすめの会社について見ていきたいと思います。

マーケティング大手と中小会社の違い

マーケティングの会社といっても、上で挙げたような大手会社もあれば、中小会社もあります。 大手の会社の特徴として、戦略の策定からデータの分析まで包括的に手厚くカバーしてくれる、という点が挙げられると思います。

一方で、中小企業ではあくまでリサーチのみをサポートするなど、部分的なマーケティング支援を行っていることが多いです。 包括的なサポートは難しくても、会社が改善したいと考えているポイントを低コストで解決したいという場合は、こうした中小企業を検討してもよいかもしれません。

低予算からはじめるWebマーケならデジタルトレンズ

弊社デジタルトレンズは、Webマーケーティングを総合的に支援させて頂いている会社ですが、これまで1,000社以上とお取り組みをする中で、

上記のような課題を感じている会社様が多いと感じます。その点、当社は「ご予算にあった最適な施策のご提案」と「ベンチャーならではの融通さ」を評価されていると自負しております。

特に初めてWebマーケティングを初めて実施する企業様や、会社の命運をかけてWebマーケティングに取り組まれるケースなど、ご不安も多いかと思います。そのような場合においても、気軽に相談ができ、信頼と安心感を持って依頼のできるパートナーとして、ぜひ当社にご依頼いただければ幸いです。

<<株式会社デジタルトレンズ公式HPはこちら>>

大手マーケティング企業7選

電通

・電通HP:https://www.dentsu.co.jp/

広告業界ではあまりにも有名かと思いますが、電通はマーケティングにおいては長い経験を誇る、業界トップを走るマーケティング会社です。 広告主やメディア・コンテンツ企業といった顧客が抱える経営課題の解決や、マーケティング・コミュニケーションの実施まで、幅広く事業を展開しています。

電通が最近行っているのは、スマートフォンに関わる種々のデータをクラウドに収集し、解析することで、ビッグデータを使ったWebマーケティング施策を実現するということです。 大量のデータをスピーディに収集・分析・可視化する過程を評価し、マーケティング・コミュニケーションのPDCAサイクルを高速で回すプラットフォーム「Dentsu.io」は、この電通が提供する優れたサービスの一つです。

大規模のプロジェクトを成功させたい、あるいは長年の経験のある会社にコンサルを依頼したいという会社にはおすすめの企業です。

博報堂

・博報堂HP:https://www.hakuhodo.co.jp/

こちらの博報堂も、広告業界ではかなり知名度の高い企業です。 電通と同様、マーケティングの過程で得られた顧客のビッグデータを活用し、経営の重要課題であるマーケティングを成長させるために必要な知識や解決策を提案しています。

博報堂は、生活者発想を原点として、「生活者データ・ドリブンマーケティング」を施策として行っており、デジタル化に伴いアクセスが容易になった生活者の購買行動のデータをリアルタイムで分析し、最適な方法を継続的に提供しています。

これを可能にしているのが、「生活者DMP(データ・マネジメント・プラットホーム)」と呼ばれる、博報堂が独自に作り上げた情報プラットフォームです。 生活者データと、クライアントが有するデータを統合して生活者を総合的に捉えるマーケティングを可能にしているのが博報堂の優れたポイントになっています。

サイバーエージェント

・サイバーエージェントHP:https://www.cyberagent.co.jp/

サイバーエージェントも広告業界ではトップレベルの知名度を誇る会社であり、「Abema TV」や「アメブロ」など、サイバーエージェントが提供するメディアサービスでこの会社を知る人も多いのではないでしょうか。

サイバーエージェントは、スマートフォンの普及によりTwitterやInstagramといったSNSでの動画広告が昨今トレンドとなっている点に着目し、動画を用いた効果的なプロモーションを行うことでインターネットのマーケティング市場をけん引しています。 また、サイバーエージェントは「CA Dashboard」という新たなインターネット広告に特化したツールを広告主に向けて提供しています。

この「CA Dashboard」では、企業のインターネット広告において、すべてのメディアの広告データを統合して解析を行い、メディアの広告効果の確認や課題の明確化を行うことができます。 これらのデータは企業の広告担当者がいつでもWebで閲覧可能であるため、従来ではエクセルによるレポート作成に必要であった人的リソースを最適化し、広告効果をスピーディにアップさせることが期待できます。

アイレップ

・アイレップHP:https://www.irep.co.jp/

アイレップは、1997年設立の比較的新しいマーケティング会社ですが、Google Adwords資格者が国内最多人数在籍しており、また国内外で多くの広告賞を受賞するようなクリエイターが揃っているなど、スタッフが非常に充実しています。

「あらゆるマーケティング課題をデジタルで解決する」をモットーに、インターネット広告やSEO対策をはじめとして、企業が抱える本質的な問題を見つけ出すことを得意としており、コンサルティングからリサーチ・アナリティクス、そしてPDCAマネジメントに及ぶまで、手厚いサービスを行っています。 デジタルマーケティングで結果にこだわりたいという人に最適のマーケティング会社です。

デジタルガレージ

・デジタルガレージHP:https://www.garage.co.jp/ja/

デジタルガレージは、「食べログ」や「価格.com」などを運営するカカクコムを関連会社にもつ、広告マーケティングを主軸事業とする会社です。

近年では、デジタルガレージグループの保有データを活用したマーケティングや、Webとリアルの両面で培ったノウハウを生かしたマーケティングなど、デジタルガレージならではのマーケティング手法を提供することで、業界を代表する存在となっています。

メンバーズ

・メンバーズHP:https://www.members.co.jp/

メンバーズは、1995年に設立された比較的新しい会社であり、現在はデジタルマーケティング運営支援サービスとして、「エンゲージメント・マーケティング・センター(EMC)」を提供しています。

「エンゲージメント・マーケティング・センター(EMC)」は、デジタル戦略の策定から、サイトの制作やデザイン、データ分析に至るまでのPDCA運用を一貫して行い、企業のマーケティング成功を後押しします。 Webマーケティングの包括的な支援を受けたいという企業にはおすすめのマーケティング会社です。

オプト

・オプトHP:https://www.opt.ne.jp/

オプトは、広告代理サービス、ソリューションサービス、データベースサービスを3本柱として、クライアントの利益を最大化するようなマーケティング会社を行っている会社です。

LINEが提供する広告商品の導入において、信頼性をもって相談できるパートナーを認定する「LINE Biz-Solutions Partner Program」の2部門で「Gold」および「Silver」に認定されており、また求人検索エンジン「Indeed」では最高位のゴールドパートナーに認定され、2018年上期売上高No.1の販売代理店として表彰された経歴もあります。

結果を出し続けているのでクライアントから信頼も厚く、人材会社やエンタメ企業、そして玩具メーカーなど、さまざまなタイプのクライアントに対しソリューションを提供しています。

まとめ

ベンチャー企業のWebマーケ会社である「株式会社デジタルトレンズ」と大手の企業7つを比較して特徴や強みといった部分の違いがお分かりいただけたかと思います。Webマーケの会社を選ぶ際は必ずしも大手がいいとは限りません。自社の目的・ターゲットによって強みを持った企業をしっかり選別していきましょう。ぜひこの記事を代理店選びの参考にしてください。

※<月5社限定>「株式会社デジタルトレンズ」では、お客様のご予算・現状課題に沿ったWebマーケティング施策のご提案を無料で実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

【代理店選定が9割】失敗しない広告代理店探しのポイント6選!

「自社に最適な代理店がわからない」「インハウス運用か代理店依頼かで悩んでいる」そんな企業様に向けて、失敗しない広告代理店の探し方についてまとめ資料になります。

今すぐ資料を無料ダウンロード

関連する記事

受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)