MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

google広告の地域設定とは

Google広告,地域設定,

google広告の地域設定とは、広告の配信を国内の特定の地域に向けて配信することが可能な設定です。google広告の地域設定を使えば、地域に根ざした配信できるため、費用対効果(ROI)を上げることが可能になります。

例えば、店舗ビジネスしている会社が、店舗のある県にだけ広告を配信したい場合に使えます。

店舗を持つ企業や個人にはおすすめの広告

google広告の地域設定は、店舗を持つ企業や個人におすすめの広告です。google広告の地域設定は、その地域に居住する人や、その地域を訪れる人、そしてその地域に興味のある人に配信されます。

そのため店舗ビジネスしている人にとっては、その地域に広告を配信できるため、効率良い広告運用ができます。 例えば、埼玉県に店舗を構えている場合には、埼玉県に興味がある人や、埼玉県に住んでいる人に広告を配信できるというものです。

google広告の地域設定のメリット

地域ごとの反応を見て予算を変更できる

google広告の地域設定のメリット一番目は、地域ごとの反応を見て予算を変更できるということです。 地域ごとに配信した広告の成果を見て、予算を配分できるというメリットがあります。例えば東京には配信量が多いけど、埼玉の方のCPAが低く達成できている場合、埼玉の配信を増やせます。

広告の内容と、地域の特性により、その広告が向いている地域があるかもしれません。そのような場合に、google広告の地域設定の予算配分を、変えることが可能なのです。

地域にあった広告文やランディングページで成約率アップ

地域ごとに広告文やランディングページを変更できるというメリットがあります。例えば、水回りの修理の会社が、地域名の入ったランディングページを作成し、広告配信できるのです。地域名の入ったランディングページであれば、ユーザーが見たときに地域に根ざした商品やサービスだと思って、信頼度が増します。

地域ターゲティングができれば、そのような地域向けの広告配信が可能になるのです。

google広告の地域ターゲティング

Google広告,地域ターゲティング,

google広告の地域ターゲティングは、その地域にいる人や、その地域に頻繁に訪れる人、その地域に興味のある人に広告を配信されるというものです。 位置情報からその地域にいる人が特定されたり、検索キーワードからその地域に関するコンテンツを閲覧している人が対象です。

つまりその地域に住んでいる人や通勤などでその地域に訪れる人、またプライベートな時間にその地域に行きたいと考えている人に対して配信されることになります。

地域に根ざした商品やサービスである場合には、こういった広告の地域ターゲティングがとても有効になります。

google広告のターゲティングのユーザーの種類

google広告のターゲティングのユーザーの種類は、以下の通りです。

  • ターゲット地域にいるユーザー ターゲット地域を検索したユーザー
  • ターゲット地域に定期的に訪れるユーザー 

それぞれ解説していきます。

ターゲット地域にいるユーザー

google広告は、ターゲット地域にいるユーザーに広告配信ができます。

例えば自分が世田谷区にある居酒屋を経営していて、世田谷区に在住している人に、配信したい場合に広告配信が可能です。一般的なgoogle広告の全国に配信するよりも、世田谷区にいる人に配信した方が効率良くなります。

ターゲット地域を検索したユーザー

ターゲット地域を検索したユーザーに対して、広告を配信することが可能です。

世田谷区の居酒屋であれば、「世田谷区 居酒屋」のように検索したユーザーに対して広告配信することが可能なのです。

そうすることで、世田谷区の居酒屋を探している人に向けて広告配信ができます。

ターゲット地域に定期的に訪れるユーザー

平日仕事をして通っている人や、休日よく遊びに行く人などターゲット地域に、定期的に訪れるユーザーに広告配信することが可能です。

ランチ営業している飲食店が、ターゲット地域に訪れるビジネスユーザーに向けて広告配信することもできるのです。

除外地域にいるユーザーに広告を表示しない

オプションで除外地域にいるユーザーに広告を表示しないように設定することも可能です。また除外地域に頻繁に訪れる人、除外地域に興味を持っている人にも配信しないように設定できます。

例えば複数の飲食店を経営していて、ある地域のお客さんが少ない場合には、その地域の人と相性が悪いかもしれません。そのような場合に、その地域に対しては広告配信しないという設定をすることで、効率の良い広告配信が可能になります。

また地域別のキャンペーンなどを実施していて、ある地域は既にキャンペーンが終わっている場合には、その地域に広告配信しないように設定できます。

高度な設定:複数の地域を一括でターゲティング

google広告の地域設定は、複数の地域を一括ターゲティングできます。そのため例えば、東京、大阪、福岡など主要都市に向けた広告配信をしたい場合に、一括で指定できます。

複数の地域を一括でターゲティングしたい場合は、高度な設定をしてください。

google広告の地域設定の種類と設定方法

地域設定,種類,

google広告の地域設定の種類と設定方法について、説明します。

地名による設定

地名による地域設定ができます。設定方法は、以下の通りです。

1.設定画面の「地域」をクリックし、設定したいキャンペーンを選ぶ

2.地域設定したい地域を入力する。

例えば、渋谷区を設定したい場合には、「渋谷区,東京都,日本」のように設定します。 地域指定できる範囲は、都道府県と一部の市区町村群です。

半径のエリアによる設定

東北地域設定を、中心部からの半径のエリアで設定することが可能です。例えば、東京駅から半径20Kmなどの指定による設定の方法です。

google広告の地域設定の注意点

google広告の地域設定の注意点としては、初期設定で関心のあるユーザーに対しても配信されるということです。つまり実際に、その地域に訪れていない人でも、遠くの地域から検索している人が、広告配信対象となってしまう点です。 お勧めとしては、関心のあるユーザーは、外して配信することです。

設定した地域のユーザーに100%配信されるわけではない

googleが取得している位置情報は、必ずしも正確な位置情報でないため、設定した地域のユーザーに100%配信されるわけではないということを、注意しておく必要があります。

指定した地域にいないユーザーや、動き回っているユーザーに対して配信されることがあります。

半径の設定は、細かく調査して決める

半径を設定して配信すると、予想外の地域に配信される可能性があります。

例えば立川市の半径15km以内と設定したにもかかわらず、周辺地域で触れている市の遠くにいるユーザーにも配信されてしまう可能性があります。

地域設定の範囲をしっかり検討する

都道府県で設定すると、意図しないエリアに配信されることがあります。

都道府県に設定した場合、間に大きな山や川があり、ユーザーが行けないような所へ配信してしまう可能性もあります。

まとめ

Google広告,地域設定,

google広告の地域設定とは、広告の配信を国内の特定の地域に向けて配信することが可能な設定です。 google広告の地域設定を使えば、地域に根ざした配信できるため、費用対効果(ROI)を上げることが可能になります。

google広告の地域設定は地域に店舗を持つ企業や個人に対して、とても向いている広告です。 google広告のターゲティングのユーザーの種類は、以下の通りです。

  • ターゲット地域にいるユーザー
  • ターゲット地域を検索したユーザー
  • ターゲット地域に定期的に訪れるユーザー

ターゲット地域を検索したユーザーに配信すると、思いもよらないような場所にいる人に配信してしまう可能性があるので、除外する方が良いでしょう。google広告の地域設定を駆使し、店舗などの広告運用に生かしていってください。

デジタルトレンズ

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。