MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

「今、気になる」ことを検索する現代人をターゲットにしたリスティング広告を簡単に運用するためのツールが「Google Adwords」です。

ただ、具体的に「Google Adwords」でなにができるかわからない。そんな疑問の答えが見つかります。

1.Google Adwordsとは

「Google Adwords」とは、Googleが提供しているクリック課金型のインターネット広告サービスで、広告の運用を管理することができます。ディスプレイ広告やリスティング広告を運用できます。

1-1. リスティング広告

リスティング広告とは、googleやyahooなどのおなじみの検索エンジンの検索結果上部に掲載できる「広告」です。検索エンジンが独自に判断し順位付けする自然検索結果と違い、広告を表示するキーワードや掲載順位をコントロールできるため、即効性が高く・費用対効果が優れるのが特徴です。
また、検索エンジンでユーザーによって検索されるキーワードを設定することで、ユーザーのターゲティングができます。集客したい検索キーワードを任意に設定して広告を打つため、他の広告に比べてピンポイントなターゲットにアプローチできます。
さらに広告文を自由に設定することができるので、ユーザーの購買意欲を高め、クリックを促すことができます。自由度の高い広告文は、さまざまなニーズに合わせて、効率よくユーザーを取り込むことができます。

1-2. いつでも編集・確認できる

広告を配信するかどうかや、広告を表示させる時間帯や地域の設定、各レポートのダウンロードなどが可能です。各項の名称も変更できたり、予算も簡単に変更できるので、かなり便利な仕様となっています。また、リアルタイムに費用の消化状況やお問い合わせ・登録件数の状況を確認できるので、対応するためのタイムラグをできるだけ少なくすることができます。

1-3. 表示可能な広告の種類

表示できる広告の種類は、テキスト広告、イメージ広告、動画広告、リッチメディア広告の4つあります。また、広告の表示場所は、Googleの検索サイト、Google と提携して検索広告を掲載する Google 以外の検索サイト、YouTubeの3つあるので、使い分けられるようにすると良いでしょう。

「Google Adwords」の使い方を正確に理解しておくことが、スムーズな運用につながるので、必須事項といえます。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

2.Google Adwordsが人気の理由とは

Google Adwordsは、広告を表示させるのが簡単で、いろんな人がやっています。その理由はいったいなんでしょうか。

2-1. 低予算から広告を打ち出せる

どんな広告でも低予算で打ち出すことができることです。あまり広告に費用を割きたくない方や、広告の初心者なので慎重にスタートさせたい方にとって非常に魅力的なものとなっています。

2-2. ターゲットを絞り込むことができる

広告配信の地域や時間帯を設定できるので、ターゲットの絞り込みが簡単にできることです。たとえば、「JR東日本」は、サービスの提供範囲を東日本に設定しているので、西日本に住むユーザーに広告を打ち出しても、あまり効果が無いと言えます。時間帯も、企業に向けたサービス・商品の場合、一般亭な企業の営業時間である8時から17時だけ広告を表示するように設定することで、ターゲットを絞り込むことができます。

2-3. 広告の動向をリアルタイムに確認・修正できる

広告の配信設定などの編集が容易で、広告の動向をリアルタイムに追うことができることです。広告を表示させるかどうかをすぐに設定できるので、自分の意向をすぐに反映できます。また、広告がどのくらい表示されて、どのくらい費用がかかっていて、どのくらい結果に結びついているかをリアルタイムで確認できます。

3.Google Adwordsで打ち出せる広告の種類

Google Adwordsで打ち出せる広告は、テキスト広告、イメージ広告、動画広告、リッチメディア広告の4種類あります。以下で詳しく説明します。

3-1. テキスト広告

テキスト広告は、最もシンプルな広告で、いわゆるリスティング広告です。広告で表示させる説明文やタイトルなどを設定でき、検索ワードでターゲットを絞り込むことができるものです。構成要素は、見出し、表示URL、説明文、ランディングページとなっています。

3-2. イメージ広告

イメージ広告は、画像を利用したものでディスプレイネットワークで表示される広告です。画像なので、インターネット利用者の目につきやすく、テキスト広告よりも「見やすさ」は高いものとなっています。また、文字もある程度、打ち出すことができます。

3-3. 動画広告

動画広告はYoutubeで動画を再生する前に自動的に差し込まれるインストリーム広告と、Youtubeの動画の横にサムネイルとして、主に動画を宣伝するために使われるディスカバリー広告の2つがあります。他の広告に比べて、ある程度の時間の範囲で動画を表示させることができるので、情報量が多くなります。

3-4. リッチメディア広告

リッチメディア広告は、テキストや画像、動画、アニメーションなどの素材を組み合わせで表示させる広告です。他の広告に比べて表現方法が多彩であることがメリットです。

4.Google Adwordsで広告を表示させられる場所

Google Adwordsで広告を表示させられる場所は4つあります。先の章の広告の種類とかなりリンクしています。広告ごとに詳しい掲載先を紹介します。

4-1. テキスト広告

テキスト広告は、Googleの検索サイト、Google Play、Google と提携して検索広告を掲載する Google 以外の検索サイトなどに表示されます。

4-2. イメージ広告

イメージ広告は、Gmail、Youtube、個人のWebサイトやブログなどのディスプレイネットワークに表示されます。

4-3. 動画広告とリッチメディア広告

動画広告とリッチメディア広告は、Youtubeに表示されます。

5.Google Adwordsでできる最も重要なこと

5-1.Google Adwordsのメリット

Google Adwordsでできる最も重要なことは、各項目の数値を計測でき、それをリアルタイムで確認することができるので、どんな状況になっても迅速に改善・対応ができることです。

Google Adwordsでできること

・Google Adwardsでは、各項目の数値をリアルタイムに確認でき、迅速に改善・対応ができる

リスティング広告の運用代行ならデジタルトレンズ

■費用対効果が良い広告を打ちたい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

■まずは1度試してみたい方

まずは一度、広告のプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。