MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

「今、気になる」ことを検索する現代人をターゲットにしたリスティング広告ですが、その他にもディスプレイ広告というものがあるのは知っていますか?

リスティング広告とディスプレイ広告だとどっちがいいのか。また、リスティング広告とディスプレイ広告をうまく使い分けていくのがいいのか。

以下で、一つ一つ丁寧に特徴・機能についても触れながら、解説していきます。

1.リスティング広告とは

リスティング広告とは、googleやyahooなどのおなじみの検索エンジンの検索結果上部に掲載できる「広告」です。検索エンジンが独自に判断し順位付けする自然検索結果と違い、広告を表示するキーワードや掲載順位をコントロールできるため、即効性が高く・費用対効果が優れるのが特徴です。

1-1. キーワードの設定

検索エンジンでユーザーによって検索されるキーワードを設定することで、ユーザーのターゲティングができます。集客したい検索キーワードを任意に設定して広告を打つため、他の広告に比べてピンポイントなターゲットにアプローチできます。

1-2. 広告文の作成

さらに広告文を自由に設定することができるので、ユーザーの購買意欲を高め、クリックを促すことができます。自由度の高い広告文は、さまざまなニーズに合わせて、効率よくユーザーを取り込むことができます。

1-3. オークション制

リスティング広告の掲載位置を決定づける1つの要因が、クリック単価(1回あたりのクリックの値段)で、この単価はオークション制で決められます。ですが、その他の要因も掲載位置に関係するので、注意が必要です。

1-4. クリック課金制

料金システムは、クリックされるごとに料金が発生するクリック課金制なので、広告が表示されるだけでは費用はかからず、表示させるだけで高コストなCMやチラシなどの広告と比べて、コストパフォーマンスはいいと言えます。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

2.ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告とは、ウェブサイトやアプリの広告枠に表示される画像や動画形式の「広告」のことです。
その画像をユーザーがクリックすることで、ユーザーを広告主が設定したウェブサイトに移動させることが可能です。
サービスを知らない層へ認知させることが得意な広告手法で、潜在的なニーズを引き出すことができます。

2-1. 料金体系

料金体系は、リスティング広告と同様に、クリック課金制とオークション制が採用されています。クリック課金制は、クリックされるごとに料金が発生するので、広告が表示されるだけでは費用はかからず、表示させるだけで高コストなCMやチラシなどの広告と比べて、コストパフォーマンスはいいと言えます。

また、オークション制は、クリック単価(1回あたりのクリックの値段)で掲載順位を決めるというものです。ですが、その他の要因も掲載位置に関係するので、注意が必要です。

他にも、広告の表示回数(1,000回など一定回数)に応じて料金がかかるインプレッション単価制をとる場合もあります。
どちらの料金体系でも、あらかじめ入金したデポジットから課金額が引かれていく方式のため、広告費を予算内に抑えることが可能です。

2-2. 広告の表示場所

ディスプレイ広告が掲載されるサイトは、媒体によって異なります。Google か Yahoo! のどちらの広告として入稿するかで、表示される場所が変わります。

具体的には、Googleの場合は、GmailやYoutubeなどYahoo!の場合は、Yahoo! ニュースや、ヤフオクなどに掲載されます。さらに、関連するサービスや提携しているサイトに広告が表示されます。
また、ディスプレイ広告を管理するツールとして、GDNやYDNを使うといいでしょう。

2-3. 表示できる広告の形式

広告枠に表示できるものとしては、テキスト広告、イメージ広告、動画広告、リッチメディア広告が一般的です。
テキスト広告は、最もシンプルな広告です。広告で表示させる説明文やタイトルなどを設定でき、検索ワードでターゲットを絞り込むことができるものです。構成要素は、見出し、表示URL、説明文、ランディングページとなっています。
(リスティング広告は、テキスト広告のみ)

イメージ広告

イメージ広告は、画像を利用したものでディスプレイネットワークで表示される広告です。
画像なので、インターネット利用者の目につきやすく、テキスト広告よりも「見やすさ」は高いものとなっています。また、文字もある程度、打ち出すことができます。

動画広告

動画広告は、Youtubeで動画を再生する前に自動的に差し込まれるインストリーム広告と、Youtubeの動画の横にサムネイルとして、主に動画を宣伝するために使われるディスカバリー広告の2つがあります。他の広告に比べて、ある程度の時間の範囲で動画を表示させることができるので、情報量が多くなります。

リッチメディア広告

リッチメディア広告は、テキストや画像、動画、アニメーションなどの素材を組み合わせで表示させる広告です。他の広告に比べて表現方法が多彩であることがメリットです。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

3.リスティング広告とディスプレイ広告の違い

ここまで、リスティング広告とディスプレイ広告の特徴を説明してきましたが、以下でその2つの広告の違いをまとめているので、確認していきましょう。

3-1. 広告の形式

リスティング広告は、テキスト広告のみですが、ディスプレイ広告は、テキスト広告、イメージ広告、動画広告、リッチメディア広告の形式で入稿が可能です。

3-2. 広告の表示場所

リスティング広告は、googleやyahooなどのおなじみの検索エンジンの検索結果上部に掲載されるのに対し、ディスプレイ広告は、GoogleやYahoo!に関連するウェブサイト、提携しているウェブサイトやアプリの広告枠に表示されます。

3-3. アプローチ層の違い

リスティング広告は、特定のキーワードを検索している利用者に対して、広告を表示させることができるので、購買意欲の高い・興味をもっている利用者にアプローチすることができる。したがって、そのような利用者に対してアプローチする時、ディスプレイ広告よりもコンバージョン率が高くなる傾向にあります。

一方で、ディスプレイ広告は、利用者が閲覧しているサイトのページ上に広告が表示されるので、リスティング広告に比べて購買意欲・興味の低い利用者にアプローチすることになります。
しかし、まだ自社の商品・サービスを知らない利用者にアプローチできるというメリットがあります。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

4.リスティング広告とディスプレイ広告でできること

4-1. 時間帯・地域設定

リスティング広告、ディスプレイ広告ともに、広告を配信する時間帯・曜日・地域を設定することができます。成果が獲得できていない時間に配信しないように設定することで無駄な費用の削減になります。

また、広告を配信する地域も設定することができます。自社サービスを提供していない地域のネット利用者の配信を除外したり、店舗の半径100キロ圏内のネット利用者にだけ配信したりすることで、無駄な費用の削減になります。

4-2. 年齢・性別設定

リスティング広告、ディスプレイ広告ともに、広告を配信する年齢や性別を設定することができます。女性向けの商品(美容用品など)の広告などで、性別設定をするといいと思います。また、高齢者向けのサプリメントの広告で、年齢設定をするといいと思います。

ただし、注意しなければいけないのが、ネット利用者が登録した年齢・性別でのターゲティングではなく、ブラウザごとのアクセス履歴からシステム側で推定した年齢や性別でのターゲティング設定となるので、実際の年齢・性別ではなくなる可能性があります。

4-3. リマーケティング広告

リマーケティング広告とは広告主のサイトを訪問したけれど、何らかの理由と経緯で去ってしまったネット利用者に再アプローチする広告です。そこからもう一度来訪してもらい、成果につなげるのです。
つまり、問い合わせや申し込みをするかどうかを迷っている利用者に対して表示する広告とも言い換えられるわけです。
そして、このリマーケティング広告はディスプレイ広告でしか配信できないので、ディスプレイ広告の最大のメリットと言えるでしょう。

最後に、リスティング広告にもディスプレイ広告にもメリットがあるので、どちらも並行して運用していくことをお勧めします。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ
リスティング広告の運用代行ならデジタルトレンズ

■費用対効果が良い広告を打ちたい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

■まずは1度試してみたい方

まずは一度、広告のプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。