MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

Google,カスタマーマッチ,

カスタマーマッチは、自社が保有する「メールアドレス」や「電話番号」などの自社が所有する顧客情報を利用することで、コンバージョンの確度が高いユーザーに広告の配信を行う手法です。

Googleカスタマーマッチの広告管理ページで、データをアップロードすればいいため、新人マーケティング担当者でも、簡単に設定ができます。

この記事では、カスタマーマッチの仕組み、費用、利用方法、3つの注意点を徹底解説します。

Googleのカスタマーマッチを活用して、無駄な広告運用を避けましょう。

Googleのカスタマーマッチとは何か?

Google,カスタマーマッチ,

Googleカスタマーマッチのシステムは、住所、メールアドレス、電話番号のユーザーデータと企業データを分析して、マッチングしたユーザーに広告を配信します。

マッチング率は、平均で20%前後ですが、最低でも1,000件以上のユーザーデータが必要です。1,000人のデータがあれば、200人程度とマッチングできます。

またGoogleのカスタマーマッチは、Google広告の一部サービスであり、利用ごとに費用が発生しません。

Googleカスタマーマッチが利用できる広告

Googleカスタマーマッチ,広告,

Googleカスタマーマッチが利用できる広告を解説します。

YouTube広告(100~300字)

YouTube広告では、Trueview広告を利用可能です。Trueview広告には、動画内に表示する「インストリーム広告」と右上に表示する「ディスカバリー広告」の2種類があります。

既存ユーザーや似たユーザーに広告を配信すれば、自然な宣伝やブランドイメージの向上になるでしょう。

Google検索広告・ショッピング広告

Google検索広告は、既存・新規ユーザーに合わせた広告を配信できます。Googleショッピング広告は、既存ユーザーが指定キーワードで検索したら、入札の対策が可能です。 広告ごとの特徴は、以下の表を参考にしてみてください。

【Google検索広告とショッピング広告の特徴】

名称 特徴
Google検索広告 新規・既存ユーザーに合わせた広告が配信できます。

■新規ユーザー
無料体験、お試しセット、資料請求

■既存ユーザー
リピート購入、定期購入、ライフスタイルが変化するタイミングで広告を配信。

Googleショッピング広告

■既存ユーザー
購入単価の高い商品やセット販売により、売上アップを狙います。

■新規ユーザー
原則として、アプローチはしない。

カスタマーマッチ活用時の3つの注意点

カスタマーマッチ,注意点,

カスタマーマッチの注意点を紹介します。

その1:1,000件以上のユーザーデータが必要

Googleカスタマーマッチの注意点は、1,000件以上のデータが必要です。収集するデータは、電話番号やメールアドレスで十分ですが、データ数は1,000件以上にしましょう。

1,000件のデータを収集しても、すべてのユーザーとマッチングできません。「ユーザーとのマッチング率は、約20%」と考えましょう。

その2:Googleの条件をクリアする

Googleカスタマーマッチの注意点は、条件に当てはまることです。

カスタマーマッチの利用には、4つの条件をクリアしなければいけません。

  • Googleのポリシーに違反しない
  • 支払いの遅延がないこと
  • Google広告の利用額が、5万ドル以上
  • Google広告を、3ヶ月以上利用中

「Googleアカウントさえあれば、カスタマーマッチを利用できる」というのは誤解です。

詳しくことは「カスタマーマッチのポリシー」をチェックしましょう。

その3:ユーザーデータの取り扱い(100~300字)

Googleカスタマーマッチの注意点は、ユーザーデータの取り扱い方です。ユーザーの住所、電話番号、メールアドレスを利用するので、情報漏えいに注意しましょう。

カスタマーマッチにユーザーデータをアップロードする場合は、暗号化(ハッシュ化)して安全性を高めてみてください。

広告代行業者を利用する場合も、暗号化したデータを提出しましょう。

Googleのカスタマーマッチ利用方法

Googleカスタマーマッチ利用方法を解説します。

5つのステップを踏むだけで、カスタマーマッチを利用できるので、参考にしてみてください。

ステップ1:広告配信の設計

Googleのカスタマーマッチを利用するには、広告配信の設計が必要です。設計するためには、以下のデータを収集しましょう。

  • 自社のユーザーデータ数
  • ユーザーデータの特徴を知る
  • データをもとにした広告配信方法

広告配信の設計を怠ると、ユーザーに効果的な広告を配信できません。

Googleカスタマーマッチで重要なステップなので、慎重に設計を進めましょう。

ステップ2:ユーザーデータの作成

広告配信プランの設計に基づいて、ユーザーデータのCSV化をします。CSVファイルは、フォーマットが用意されているので、参考にしてみてください。

ステップ3:ユーザーデータのアップロード

ユーザーデータの作成をしたら、アップロードしましょう。アップロードの手順は、以下を参考にしてください。

  • 1:Google広告の「ツール設定」→「共有ライブラリー」→「Googleオーディエンスマネージャー」を選ぶ
  • 2:オーディエンスマネージャーの「ユーザーリスト」を選ぶ
  • 3:データの種類とタイプを選択したら「リストをアップロードして作成」を選ぶ

 

Web広告の作成方法と同じなので、新人マーケティング担当者でも設定できます。

ステップ4:有効期限の設定

Googleカスタマーマッチの有効期限を設定します。

デフォルトの有効期限は無制限となりますが、自社の広告戦略に合わせて期間を調整しましょう。

ステップ5:オーディエンスリストのチェック

ユーザーデータをアップロードしたら「オーディエンスリスト」に表示されます。手続きが完了するまで2日かかるので、注意してください。

Googleカスタマーマッチのまとめ

Googleカスタマーマッチの特徴、利用方法、注意点などをまとめました。

カスタマーマッチは、自社のユーザーデータを基にして、効率的な広告の配信ができます。

また、既存ユーザーに近い人物にも、広告の配信がでるので、Googleカスタマーマッチを利用する場合は、記事を参考に手続きを進めましょう。

デジタルトレンズ

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。