MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

「今、気になる」ことを検索する現代人をターゲットにしたリスティング広告ですが、専門用語や省略語が多くてわからない。そのような悩みにお答えします。

まずは、リスティング広告がどんなものかを理解してもらい、そのうえで専門用語を理解していくと、簡単に理解できると思います。

以下で、リスティング広告の基本についても触れながら、解説していきます。

1.リスティング広告とは

リスティング広告とは、googleやyahooなどのおなじみの検索エンジンの検索結果上部に掲載できる「広告」です。
検索エンジンが独自に判断し順位付けする自然検索結果と違い、広告を表示するキーワードや掲載順位をコントロールできるため、即効性が高く・費用対効果が優れるのが特徴です。

1-1. キーワードの設定

検索エンジンでユーザーによって検索されるキーワードを設定することで、ユーザーのターゲティングができます。
集客したい検索キーワードを任意に設定して広告を打つため、他の広告に比べてピンポイントなターゲットにアプローチできます。

1-2. 広告文の作成

さらに広告文を自由に設定することができるので、ユーザーの購買意欲を高め、クリックを促すことができます。自由度の高い広告文は、さまざまなニーズに合わせて、効率よくユーザーを取り込むことができます。

1-3. オークション制

リスティング広告の掲載位置を決定づける1つの要因が、クリック単価(1回あたりのクリックの値段)で、この単価はオークション制で決められます。ですが、その他の要因も掲載位置に関係するので、注意が必要です。

1-4. クリック課金制

料金システムは、クリックされるごとに料金が発生するクリック課金制なので、広告が表示されるだけでは費用はかからず、表示させるだけで高コストなCMやチラシなどの広告と比べて、コストパフォーマンスは良いと言えます。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ
SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

2.リスティング広告でよく見る省略語(アルファベット)

続いて、リスティング広告で頻繁に目にする省略語について説明します。必ず知っておかなければならないアルファベットの省略語について説明します。

2-1. CV(コンバージョン)

CVは、コンバージョンの略で、「変換」「転換」「転化」が直訳的な意味になります。
ですが実際、マーケティングの分野では、ウェブサイトにおける最終的な成果(問い合わせやユーザー登録)を表します。
リスティング広告では、このCVを最大化することを目標とします。

2-2. CVR(コンバージョン率)

CVRはコンバージョンレート(コンバージョン率)の略で、広告をクリックしてウェブサイトに訪れた人の中で、CV(最終的な成果)に到達した人の割合のことです。
計算の仕方は、「CV÷クリック数×100」で求めることができます。

2-3. CPA(コンバージョン単価)

CPAはコンバージョン単価の略称で、CV(コンバージョン)を 1 件を獲得するためにかかった費用のことです。
計算の仕方は、「費用÷CV(コンバージョン)」で求めることができます。リスティング広告では、この数値をできるだけ下げることが重要になります。

2-4. IMP(表示回数)

IMPは、広告の表示回数のことです。つまり、ユーザーの検索キーワードに対応して、検索サイトの上部に広告が表示された回数のことです。
この数字を増加させるには、登録するキーワードの個数を増やす必要があります。

2-5. CTs(クリック数)

CTsは、ユーザーの検索キーワードに対応して表示された広告が、ユーザーにクリックされた回数のことである。IMP(表示回数)よりも数値はかなり低くなるのが一般的です。
CTs(クリック数)を増加させるには、ユーザーのニーズに応じた広告文を作成する必要があります。

2-6. CTR(クリック率)

CTRとは、クリック率の略称で、広告の表示回数に対して、ユーザーにクリックされた回数の割合のことです。
計算の仕方は、「クリック数÷表示回数×100」で求めることができます。クリック率の数値によって、広告文が適切にユーザーのニーズにこたえることができているかを判断することができます。

2-7. CPC(クリック単価)

CPCは、クリック単価の略称で、クリック課金制において、クリック1回あたりに生じる料金のことです。
この数値が高いと、掲載順位も高くなり、より多くのユーザーが目にすることになります。ただ、高すぎると予算超過を引き起す可能性もあるので注意が必要です。

2-8. PPC(クリック課金)

PPCは、クリック課金制の略称です。クリック課金制とは、クリックされるごとに料金が発生する料金体系のことで、広告が表示されるだけでは費用はかからず、表示させるだけで高コストなCMやチラシなどの広告と比べて、コストパフォーマンスはいいと言えます。

2-9. LP(ランディングページ)

LPとは、ランディングページの略称で、検索結果や広告などを経由して、ウェブサイトへの訪問者が最初にアクセスするページのことです。
このLPをユーザーにとって、より魅力的に見せることができれば、かなり集客効果が上がるでしょう。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ
SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

3.入稿に関する専門用語

次に、リスティング広告を入稿する際に知っておかなければならない用語について説明します。

3-1. キャンペーン

キャンペーンは、リスティング広告で最もの大きなくくりの広告管理単位です。
一つ以上の広告グループ(以下で説明)で構成され、キャンペーンごとに予算や広告表示時間帯、広告表示地域の設定ができます。

3-2. 広告グループ

広告グループはリスティング広告のキャンペーンの下層の広告管理単位。キャンペーンをユーザーのニーズ別に区分し、さらに下層のキーワードをわかりやすく管理するためのカテゴリーです。

3-3. キーワード

キーワードはリスティング広告で最下層の広告管理単位です。
ユーザーの検索キーワードを設定するカテゴリーです。ユーザーの検索キーワードに対応したニーズに合わせて、キーワードごとに広告文が設定できます。

3-4. 上限入札価格

上限入札単価は、キーワードごとに設定できるもので、クリック単価を入札(オークション)形式で決定する際に、広告主が払うことのできる上限価格のことです。
高く設定しすぎると、クリック単価が高くなり、予算超過になる可能性があるので注意が必要です。

4.タグ・アナリティクスに関する専門用語

4-1. タグとは

タグとは、リスティング広告のCV(コンバージョン)やクリック回数、ウェブサイト滞在時間などを測定したり、一度自社サイトに訪問したユーザーを追跡したりするのに必要な JavaScript のコードのことです。
リスティング広告を入稿する前に、表示させる広告の飛び先であるウェブサイトのHTMLコード内に挿入しておく必要があります。このタグが正しく設定できれば、広告の効果を分析することができ、広告の改善などに役に立ちます。

4-2. コンバージョンタグ

コンバージョンタグは、問合せフォームの「送信完了」ページなど、「このページを通過、もしくは到達したら成果(コンバージョン)を獲得した」と定義しているページに設置するタグのことです。
これによって、CV(コンバージョン)を正しく測定し、今後のリスティング広告の改善策を考えるうえで、かなり役に立ちます。

4-3. リマーケティングタグ

リマーケティングタグは、リマーケティング広告の配信リストを集めるためのタグです。
基本的に、サイト内全ページに設置し、どのページの訪問者についても確実に追跡できるようにします。

4-4. 配信トリガー

配信トリガーとは、タグの発火・発動条件のことです。設定可能な条件として、ページを見た時、クリックをした時、フォームの送信をした時、その他のイベントを行った時などの条件があります。
配信トリガーを工夫して用いて、自社サイトの欠点を洗い出し、改善につなげられるといいでしょう。

4-5. アナリティクスとは

アナリティクスは、登録したウェブサイトのユーザーの行動に関するデータ、たとえばサイトの訪問者数、訪問者がどこから来たか、広告を見るときに使用されたデバイスなどがわかります。
タグと組み合わせて使用することで効果を発揮し、今後の改善策を決定するうえでも、かなり重要になります。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ
リスティング広告の運用代行ならデジタルトレンズ

■費用対効果が良い広告を打ちたい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

■まずは1度試してみたい方

まずは一度、広告のプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。