MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

スマートフォンやタブレットなどPC以外の端末が普及した事で、インターネットを活用して情報収集をする人の数も大きく増えました。

それに伴い、Webマーケティングに力を入れている企業も多く存在し、中には専門知識を持たない人材にマーケティングを担当してもらっているという企業も増えています。

この記事をお読みの方の中には、ある日突然Webマーケティング担当者に任命されてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな新任のマーケティング担当者の方にWebマーケティングを始めるのに必須の知識とスキルをお伝えします。

Webマーケティング担当者に任命されたら

マーケティングの知識を持たないまま担当者に任命された多くの人たちは誰しもが一度は「Webマーケティングとは」で検索している事でしょう。

インターネットを利用し、Webマーケティングとは何か、何をしたら良いのか、情報収集し、途方に暮れている方も多くいます。
まずは何から始めるか、知識から身に着けていきましょう。

新人マーケターが陥る罠とは?

情報収集してみたのものの、自社のマーケティング業務に適用できず、闇雲に施策を行ってみるものの成果が出ない。
これこそが新人マーケターが陥る罠です。 では新人マーケティング担当が闇雲に実施した施策に足りないものは何でしょうか?

それは、分析と戦略である場合がほとんどです。
過去のマーケティングデータを振り返らず、戦略も立てずに「とりあえず」で始めるマーケティングは なかなか結果が出るものではないですし、結果が出たとしても、そのあとが続きません。

まずはここからスタート、新任マーケターのWebマーケティング

あなたがこれからWebマーケティングで出したい実績は何でしょうか? 商品の販売でしょうか?サービスのリード獲得でしょうか?ブランディングという方もいらっしゃるかもしれません。

何の為にWebマーケティングを行うのか分からないようでは先に進めません。 何を何件獲得したいのか、目的と目標は事前に明確にしておきましょう。

過去のマーケティングデータを集計

過去のWebマーケティングデータを集計する事、これは何を置いても最初にやるべきです。

先任のマーケティング担当者は何を行い、どの様な結果を得られていたのか?可能な限り過去にさかのぼってデータを集計しましょう。

ただし、データを集計するにもただ闇雲にデータを集めるわけではありません。
データを大きく2つに分けると、「現状把握の為のデータ」「要因深堀のためのデータ」の2種類に分かれます。

現状把握と要因深堀のデータをまぜて考えてしまうと思考が混ざり正しい結果を得る事が出来なくなってしまいます。
データ集計の段階では優先順位を絞り、まずは現状把握の為のデータを集計しましょう。

未来の為の過去分析(現状把握)

今を知らないと未来を考える事は出来ません。未来の為に、まずは過去分析を行い現状を把握しましょう。

注意したいのは、いきなりデータを見てしまうと別の要素が気になってしまい現状把握の優先順位が崩れてしまいますので

現状整理のステップでは、以下2つに絞る事をお勧めします。

web上の顧客行動を大きく定義

Webサイトに訪問した後、ユーザーはどのように動くでしょうか?

例えば、エステティックサロンの集客であれば、メニューの内容によっても異なりますが

①Webサイトに訪問→②メニューページ閲覧→③お試し利用→④来店→⑤プラン契約
のような流れになるのではないでしょうか?
ユーザーの行動を整理する事で、どこを伸ばすべきか何を指標にすべきかを明確にする事ができるようになります。

Webマーケティングで④来店→⑤プラン契約を増加させるのは難しいですよね?
Webマーケティングは集客やコンバージョンの獲得の為の施策が中心ではありますが、 売上向上を目的とするといういみでは営業活動を変わりません。

Webで改善できるポイントはどこか、どこなら伸ばせるのかを考えていくのがはじめの第一歩になります。

それぞれのステップから次のステップに進む率を洗い出す

①Webサイトに訪問→②メニューページを閲覧
この①から②のステップに進む人は何%でしょうか?
例えば①が10000人だとして②に進む人が10%なら1000人です。 さらに②の1000人から③お試し利用に進む人が10%なら100人になります。

過去のデータを収集し、どこがどれくらいの率なのかを整理しましょう。 どこかで率の低いところや止まっているところが出てくるのではないでしょうか?

また、そもそも①のWebサイトに訪問数が圧倒的に少ない場合は広告の数値も持ってくる必要があります。
広告が表示されてクリックされている率は何%でしょうか?クリックした人が②のメニューページに進む率は何%でしょうか?

このように、集客の導線の観点と、サイトに訪問した後に導線の観点で現状を整理する事でおのずと課題点が出てくるはずです。

ターゲットとペルソナを定義

ステップごとの数値や率が出たら、一気に進めたくなる気持ちも分かりますが、 まずは一旦立ち止まり、ターゲットとペルソナを定義しましょう。
ターゲットはユーザーの大まかなデモグラフィック情報です。

自社の商品・サービスは誰向けに作られたものでしょうか?
20代の女性をターゲットにした商品・サービスと、40代の男性をターゲットにした商品・サービスでは、ユーザーの行動からして違います。

まずは大きなカテゴリであるターゲットを整理しましょう。 ターゲットが定義出来たら、さらに深堀したペルソナを構築しましょう。
ペルソナとは前述で決めたターゲットを詳細な人のデータにまで落とし込む架空の人物像です。

ターゲット:30代、女性、東京都在住
ペルソナ:32歳、氏名〇〇〇〇〇、東京都港区在住、営業職でリーダーをしており、年収は570万、独身、一人でマンション暮らし

といった風に詳細なデータにまで起こします。 ペルソナにまで落とし込むのは大変かもしれませんが、それだけのメリットがあります。

顧客のニーズを詳しく仮説立て、この人物の場合どのようなアプローチが魅力的かといった具体的な仮説が立てられる為、
Webマーケティングにおいて施策を考える際の大きな手助けとなるでしょう。

Webマーケティングの醍醐味、施策の立案

Webマーケティングの醍醐味と言えば大きく2つ、 現状から課題を発見し、改善策を考えて施策に落とし込む事、その施策を実行し結果を見る時です。

もちろん、その施策が結果を残せたらなら言うまでもありませんが、失敗だったとしても、次につながる失敗です。
新しい言葉や知識、スキルなど覚える事は山積みですが、まずはこの醍醐味を楽しんで取り組んでみましょう。

現状に対して不足を発見しよう

前段で出したユーザーの行動とそれぞれのステップの中で疑問を感じたところ、これは課題だと感じたところを洗い出しましょう。

課題を感じたポイントを補完するには何が不足しているでしょうか? サイトへの流入数でしょうか?次のステップに進む人の数(率)でしょうか?

このポイントが発見出来たら、そのポイントを改善するために何が出来るかを考えてみましょう。
Webページの改修でしょうか?より多くの人を流入させる事でしょうか?

次のステップに進む人を増やす為にWebページを改修するのであれば、ページやコンテンツの見栄えだけでなく 価値がある情報が提供できているかどうか、 次のページへ誘導するリンクボタンは適切な位置とサイズになっているかどうか等を考える必要があります。

より多くの人を流入させるなら、広告の改善かもしれませんしSEO施策かもしれませんし、 コンテンツマーケティングなどで商品・サービスに関連するコンテンツを増やす事かもしれません。 まずはあまり制限をかけずに、これはどうか?と思う施策を書き出してみましょう。

不足とペルソナを掛け合わせて本当必要な施策を考えよう

ここでは、書き出した施策とペルソナを突き合わせながら考えてみましょう。

例えば広告を使って流入を増やしたいなら、どのような訴求で広告配信したらより多くの人に興味をもってもらえるでしょうか?

次のページへ進ませたいなら、どのような導線ならストレスなくスムーズに遷移してくれるでしょうか?

漠然と考えても答えは出ません。 ですが、事前に考えておいたペルソナの人物ならどのように行動するか、どのように感じ、考えるか 仮説を立てながら施策と突き合わせる事で、より詳細な施策に落とし込んでいきましょう。

優先順位付けを忘れない事

ここまでで出した施策は複数あるかもしれません。 ここで忘れてはいけないのは優先順位です。
助けてくれる仲間が多くいれば施策ごとに担当を割り振る事も出来ますが、 人数が少ない場合は、一気に全てを…というのは難しいですよね。

最も改善すべきポイントは何か、どこからやれば効率よく進める事が出来るのか、きちんと優先順位を決めて取り組みましょう。 優先順位をつける事はとても重要です。

施策の進行だけでなく、効果計測の結果や、分析を行う上でも、何を優先して何が起きたのかを混同して考えない為にも 施策として、何が最も重要かを整理してから始める事をお勧めします。

まとめ

インターネットで調べた情報はどれも信憑性高く、課題に共感できる部分も多くあるでしょう。
調べた情報をとりあえず…でスタートしても、結局大きな成果が出ない、成果がでても次に何をしたらいいのか分からないという罠に陥ります。

Webマーケティングには専門用語も多く、専門知識も必要になります。 広告代理店やWebコンサルティング会社にはWebマーケティングに特化した人材が在籍しています。課題は見つけたものの何が最適な施策か分からない等、立ち止まってしまう時には是非専門の人材に相談してみましょう。コンテンツマーケティングや、SEO、Web広告での集客には、一朝一夕では身につかない専門スキルも必要になります。

株式会社デジタルトレンズには、Webマーケティングをこれから始めたい方や、Webマーケティングを行っているがうまくいかないと言った多くの企業さまから 相談のご連絡を頂いております。

Web広告の戦略から配信、運用実績を多く持っており、親身に対応するweb広告代理店として多くの企業様ににご好評いただいております。

まずは知識を身につけて、これから戦略を立てるという場合でも、戦略の立案からお手伝いする事も可能ですし、集客やコンテンツ制作だけお願いしたいといった部分的なご相談・ご要望にもお応えしております。 お困りの際はまずはお問い合わせください。

デジタルトレンズ

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。