MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

リスティング広告は費用対効果もよく、低予算から始めることができるので、どんな商材に対しても有効な広告宣伝であると考えている人が多いかもしれませんが、実際はそうでもありません。

リスティング広告と相性のいい商材、相性の悪い商材があり、それぞれに特徴があります。
したがって、これからリスティング広告を始める人、すでにリスティング広告を始めている人は、自身の抱える商材が果たしてリスティング広告と相性がいいのかを判断する基準として、この記事を読んでいただければと思います。

以下で、相性のいい商材、悪い商材の特徴を説明していきます。

1.リスティング広告と相性のいい商材(まとめ)

リスティング広告と相性のいい商材の特徴は、以下の3つです。

①ブランド力があり、商品認知度が高い
②ニーズの高い(検索数が多い)商材で、他社との優位性がある
③利益率が高く、リピートが見込める

ブランド力があり、認知度の高い商材は、リスティング広告を出せばユーザーをかなり惹きつけるうえに、検索数も必然的に多くなると考えられます。
さらに、ニーズの高い商材はやはり関連キーワードの検索数が多くなり、他社との優位性があればさらに検索回数も増え効率よく集客ができます。
最後に、利益率が高く、リピートが見込める商材であれば、webの手軽さから定期的な購入に誘導することができ、低コストでCVを獲得することができます。

では、逆にリスティング広告と相性の悪い商材とは、簡単にいってしまえば上記の反対パターンに該当する商材です。改善するべきポイントとあわせて、ひとつずつ解説していきます。

2.リスティング広告と相性の悪い商材1

2-1. ニーズ型商材でブランド力が弱い

ニーズ型商材とは、ユーザーのニーズはあるものの、具体的な対象のイメージが弱いものを言います。
たとえば、食品やアパレルや雑貨などのファッション系、家具・インテリアなどです。

具体的に言うと、「何かおいしいものが食べたい」というニーズはあっても、特定の何かが食べたいという具体的なイメージがない場合には、複数商品の集まるショッピングモールなどで探そうという行動が自然です。
したがって、自社の商品名などで検索される可能性は低く、リスティング広告に向いているとは言えません。

2-2. 対策案

商材にブランド力があれば、具体的な商品を求められるようになるので、リスティングも有効ですが、ブランド力も弱く知名度・認知度の低い食品や洋服などは、まずはショッピングモールなどに出店することで顧客を増やし商材のブランド力を高めていくことを優先すべきでしょう。

3.リスティング広告と相性の悪い商材2

ここから、広告代理店を選ぶ基準となる5つのポイントを紹介します。

3-1. Google・Yahoo!の認定に惑わされない

「資格を保持しています」や「正規代理店です」というアピールを目にすることが多々ありますが、これらに惑わされることのないようにしましょう。

Googleについては、誰でも受けられる資格試験にいくつか合格している社員が一定数いれば、Googleパートナーになることができます。資格を取得するためのセミナーもGoogleによって定期的に開催されており、合格のためのポイントを押さえた講座を受講後、その場で試験を受けて即日合格もできてしまう難易度です。

またYahoo!については、月間で支払われる広告費の金額などの複数条件から判断され、正規代理店として星の数が決まるシステムとなっており、優秀で必ず成果をだしてくれる代理店かどうかは直接的には関係ないのです。

したがって、肩書や看板だけで判断することは軽率すぎるので、他の要素もしっかりと吟味しましょう。

3-2. 最低出稿額の有無とその金額の確

リスティング広告は、小額からでも出稿できるのが魅力の一つですが、代理店によっては、最低利用金額を設定している場合があります。

なぜなら、代理店手数料を広告利用額の20%に設定している場合、5万円の広告利用に対する代理店手数料は1万円となり、代理店が運用にかかるコストに対して、リターンが見合わないためです。
大手の代理店では、月額100万以上予算がないと受付していない場合もあるようです。

また、出稿金額によって、対応が変わる場合もあります。利用額が100万円以上の場合は専任コンサルタントが運用するというように、額が大きければサービスレベルが上がる場合もありますので、確認が必要です。

3-3. 費用体系の詳細な説明

費用体系を詳細に説明できるかどうか、事前に確認しておきましょう。

代理店の言う、「月額10万円」という費用はその10万円が何の費用かは代理店によって異なる場合があります。
リスティング広告の費用は、最終的にYahoo!やGoogleに支払う広告利用料(クリックコスト)と、代理店の手数料があります。
費用体系を質問した際に明確に説明してくれず、「詳しくはお会いした時に説明します」というような場合には、費用体系を曖昧にすることで多くの手数料を取っている代理店の可能性があるので、しっかり説明してもらいましょう。

3-4. 要求や要望に応じてくれるバイタリティ

広告代理店に対して要求したことについてどこまで対応してくれるかについても事前に確認しておくべきポイントです。
リスティング広告には様々な機能や手法があり、対応範囲が広ければそれだけ成果を出せる可能性が高まります。
具体的には、コンバージョンの計測、地域指定配信、除外キーワード設定、リマーケティング広告、ディスプレイ広告(YDN・GDN)、ランディングページの改善です。

もし、1つでも対応できない、という項目がある代理店は成果が限定的になるリスクが高まりますので、避けた方がいいでしょう。
また、上記の内容がよくわからないという方は、代理店の担当と会った際に、聞いてみてください。対応の良い代理店であれば全て丁寧に説明してくれるはずです。

3-5. 運用担当者と話すことができる

地理的な問題で会えないこともあるかもしれませんが、電話やテレビ電話、メールでも直接連絡をとれるので、やってみましょう。
もし、重要な顧客として認識されているならば躊躇されることはないはずです。

また、運用担当者と直接話すことで、ひととなりを確かめることもできます。本気で広告運用に向き合ってくれるかを確かめるには、会って話をしたほうがいいでしょう。会わなければわからないこともあるので、積極的にアポイントメントを取りましょう。

3-1. Google・Yahoo!の認定に惑わされない
肩書や看板だけで判断することは軽率すぎるので、他の要素もしっかりと吟味するべき
3-2. 最低出稿額の有無とその金額の確認
最低利用金額を設定している場合があり、出稿金額によって対応が変わる場合も
3-3. 費用体系の詳細な説明
広告利用料と広告運用手数料の2つが費用となるので。それについて詳しい説明があるか
3-4. 要求や要望に応じてくれるバイタリティ
自社の要求にどのくらい応じてくれるか、CV計測、検索クエリの除外設定、スケジュール設定など
3-5. 運用担当者と話すことができる
実際に会うことで、本気で自社の広告運用代理に向き合ってくれるか確かめる

4.リスティング広告と相性の悪い商材3

4-1. 手数料だけで選んではダメ

良いweb広告代理店は、成果を出して継続的に改善に取り組んでくれるのが良い代理店です。
なぜなら、リスティング広告は運用の技術によって成果に大きな差が生まれるためです。
広告代理店にとって手数料が多少安かろうと、広告費全体の費用対効果を換算すれば誤差の範囲です。

しかし、成果を出せる良い代理店かどうかは、運用してもらわないとわかりません。
また、そのことにつけこんで格安価格で提供するなど耳障りの良いうたい文句で申込をもらい、実際には運用せず、ほとんど放置しているだけの代理店も残念ながらまだ一部、存在するようです。

4-2. 一度会って話してみる

代理店を選ぶ最重要ポイントは、担当と必ず会って話すことです。大手代理店を中心に、リスティング広告運用技術の標準化やシステム化も進んでいますが、代理店の中で担当してくれる人の能力や熱意による部分も少なからずあるというのが実態です。

大手で実績のある代理店でも、やる気のない担当者であればあまり成果は見込めないですし、中小で実績がまだ少ない代理店でも、熱意とノウハウがあれば大きな成果を出せることもあります。

4-1. 手数料だけで選んではダメ
成果を出して継続的に改善に取り組んでくれるのが良い代理店
格安の手数料を歌い文句にしている代理店でも、実際の運用能力を吟味しましょう
4-2. 一度会って話してみる
代理店の中で担当してくれる人の能力や熱意が、広告運用代理において大切である
リスティング広告の運用代行ならデジタルトレンズ

■費用対効果が良い広告を打ちたい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

■まずは1度試してみたい方

まずは一度、広告のプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。