MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

SEMとは

Webマーケティングにおいて、SEMという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

SEMは、Search Engine Marketingの略であり、似た言葉としてSEO(Search Engine Optimization)という言葉はよく知られていますが、SEMとSEOはあくまで定義が異なるものであり、SEOについて正しく理解しているという人は意外と少ないかもしれません。

SEMの定義

SEMとは、「検索エンジンから特定のWebサイトに対し訪問者を増やすためのマーケティング手法」のことをいいます。

これだけだと、「リスティング広告やSEOとはどう違うの?」と思う人も多いと思いますが、実際同じものではありません。

しかし全く別物というわけではなく、SEMという概念の中にSEOやリスティング広告が含まれているというのが、SEMに対する正しい理解です。

つまり、SEOもリスティング広告もSEMといえるのですが、SEMの中でも目的やその特性によって種類が異なり、種類によって呼び方が異なっているというわけですね。

SEOとリスティング広告の違い

ここまでで、SEMという概念にはSEOとリスティング広告が含まれるということを説明しました。

それでは、同じSEMではありますが、SEOとリスティング広告にはどのような違いがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

まず、SEOとは、Search Engine Optimizationの略であり、Googleなどの検索エンジンでの上位表示を獲得するためにWebサイトの構造や内容を最適化していくことを指します。

これに対し、リスティング広告というのは、検索連動型広告とも呼ばれ、検索キーワードに応じて上位に表示される課金型の広告のことを指します。

どちらも検索エンジンに働きかけているという点では同じかもしれませんが、即効性、コスト、信頼性といった点で対照的な特徴があります。

まず、即効性についてですが、リスティング広告は課金をすることによって記事を必ず上位表示にすることができるため、サイト自体の構造や内容を充実させることによって上位表示を狙うSEOと比べると、即効性が高いです。

次にコストについてですが、リスティング広告は、オークションで決められた単価とクリック数に比例して広告費を支払わなければならないため、ターゲットとしているキーワードが人気であれば人気であるほどコストがかさんでしまうというデメリットがあります。

一方SEOは、サイトを充実させればさせるほどユーザーが集まってきて検索上位に表示されるようになるため、お金をかけなくても取り組み次第で効果を出すことが可能ですv。

そして、サイトの信頼性についてですが、一見リスティング広告は自動的に上位表示されるため権威性がありそうですが、実際はユーザーが広告を避けて別のサイトをクリックすることも多く、決して上位表示に見合うクリック率が得られるわけではありません。

一方SEOについては、サイトの内容やユーザビリティの向上によって課金に頼らず上位表示させることができれば、信頼できるサイトとして高い集客効果が得られる可能性があります。

このように、SEOとリスティング広告にもそれぞれの長所と短所がありますが、それらを理解した上で検索エンジンへの働き方を考える必要があるわけですね。

SEOとリスティング広告の使い分け方

両社ともSEMに含まれるSEOとリスティング広告ですが、目的に応じてどのように使い分ければよいのでしょうか。

結論からすると、短期集中的に集客効果をあげたいのであればリスティング広告、長期的にじわじわ集客効果をあげたいのであればSEOを使うのがうまい使い分け方ではないかと思います。

上でも書いた通り、リスティング広告はコストこそかかりますが、課金することで確実に検索上位にすばやく表示できるというメリットがあります。

そのため、できたばかりのサイトですぐに集客をしたいという場合には、リスティング広告の方が最適ということになります。

一方で、コンテンツを蓄積させていき、サイトを徐々に成長させていきたいという長期的な目的で集客効果を望むのであれば、低コストかつ信頼を得やすいSEOによるマーケティングを行うのが最適といえるでしょう。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

まとめ

この記事では、「SEM」「SEO」「リスティング広告」という3つのWebマーケティングにおいて重要なキーワードについて解説しました。

字面は似ていますが、「SEM=SEO」というわけではなく、SEMという概念の中にSEOやリスティング広告が含まれているということはこの記事で説明した重要なポイントになります。

また、短期的な集客にはリスティング広告、長期的な集客にはSEOというのがWebマーケティング上の大原則であるということも、SEMの中身を理解した上で駆使する際に重要です。

「SEM」「SEO」「リスティング広告」、これらのキーワードを混同してしまっているがために、目的とずれたマーケティング手法を選択しまい、効率的な集客の機会を逃してしまうということがしばしばあります。

キーワード同士の包含関係や長所短所を十分に理解し、最大限効率的な集客を生むことができるようなマーケティングを心掛けましょう。

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。