MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

今回は不動産系のお客様向け、ウェブ広告手法に関して、事例を交えて紹介したいと思います。

不動産系の商材は一般的に高単価であることから、所得の高いユーザー層に対していかにアプローチするかが求められます。

また賃貸物件などの場合は、所得などはあまり関係ないものの、学生や、サラリーマンなど、想定される利用者を的確にターゲッティングすることが求められるケースが多いです。

リスティング広告、Facebook広告、Instagram広告、LINE広告、などなど様々な広告手法が存在しますが、それぞれにターゲッティングの特性があります。

もちろん、求められる細かい条件はお客様によって様々ですが、それでも自社の商材にあったターゲティングが求められることには変わり有りません。

今回はあくまで当社の事例と、一般的なケースに当てはめて紹介したいと思います。

当コラムが、自社の集客方法自体や、ターゲッティングに関しての検討材料となれば幸いです。

主なウェブ広告手法の概要

まずそれぞれの事例について説明する前に、主な広告手法の概要に関してまとめます。

リスティング広告

リスティング広告とは、Yahoo、Googleの検索結果に表示される広告です。

広告を出したい検索ワードを設定し、1クリックにかけられる費用を入札することで貴社の広告が表示されます。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

ディスプレイ広告

主にYahooやGoogleが提供するネットワークに表示されるバナー形式などの広告手法です。

Yahooニュースなどをご覧になられている際に表示される広告というとイメージがつきやすいのではないでしょうか。

リスティングと違い、検索を行わなくとも、ウェブサイトを閲覧している際に、表示される広告です。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

Faebook、Instagram、LINE、Twitter広告

名前の通りそれぞれのプラットフォームで表示される広告枠です。

こちらもリスティングと違い、プラットフォームを利用している際に表示される広告ですので、ディスプレイ広告の一種とも言えます。

後述の事例ではそれぞれの特徴などにも触れていますが、Twitterに関しては匿名性が高いため、不動産系のマーケティングにおいては効果を出すのは難しいのではと当社では考えています。

業種別ウェブマーケティングの施策例と注意するべきポイント

不動産投資会社の場合

上述の通り、所得の高いユーザー層が求められます。

また一括で物件を購入できるユーザーは稀で、少なくともローンの審査が通る収入や、職業、年齢のユーザーが望ましいでしょう。

Googleリスティング広告、ディスプレイ広告では世帯年収でターゲッティングをすることが可能です。

またFacebook、Instagram広告では、所属企業や職位、1歳刻みの年齢などでターゲッティングをすることが可能ですので、これらの施策であれば、より自社に合ったユーザーの集客が可能です。

逆にLINE広告の場合は、年齢のセグメントはできますが、職位や年収でのターゲッティングができないため、非推奨と言えるでしょう。

賃貸物件の場合

当社の事例では、都心のマンションを取り扱っている会社様のケースです。

サラリーマンや学生向けに幅広い物件を紹介しています。

したがってLINE広告なども効果的に作用しています。

LINEの場合LINE@と呼ばれるアカウントを作成すれば、知人とチャットをするようなイメージで、お客様とメッセージのやり取りができます。

また一度つながったお客様にクーポンや定期的な情報発信をすることが可能となりますので、LINE上に広告を出した上で、広告の飛び先となるページではLINE@の友達登録を行える導線を用意し、友達登録へ誘導するような広告設計も、おススメの戦略と言えます。

住宅展示場の場合

住宅展示場の場合、物件の価格帯によっては所得が重要になってくるケースもあります。

上述の通り、Google広告や、Facebook、Instagramで、ある程度所得が高いと思われるユーザーに対して配信を行うことが可能です。

また市区町村単位で配信エリアをターゲッティングできるので、物件があるエリア近郊にお住いのユーザーに対して広告配信をすることが可能です。

また指定したエリアから半径〇km以内のユーザーといった設定もできますので、より意図に合った配信エリアにだけ広告を配信するといったことも可能です。

逆にLINE広告の場合は、都道府県単位でしかセグメントができないため、精度としては少し落ちると言えるでしょう。

またLINEは今ではコミュニケーションにかかせないツールとなっています。

もちろんファミリー層含めて、多くのユーザーが利用をしていますが、一般的にはやはり若年層向けのプラットフォームと言えます。

従って、飲料などの広告などであれば、相性が良いと思われますが、住宅展示場となると、狙いたいユーザー層へのリーチが難しい印象ではあります。

リフォーム業者の場合

例えばFacebookのタイムラインに出る広告を見て「あ、リフォームしようかな」といった思考に至るケースはあまり多くはないのではないでしょうか。

従って当社の事例でも「○○市 リフォーム」「リフォーム 料金」などといった検索結果に広告を表示するYahoo、Googleのリスティング広告が最も効率的である印象です。

その他にも「リノベーション」や「バリアフリー」的なキーワードの広告出稿も効果的と言えます。

リスティング広告は「顕在層向け」施策と言え、すでに何かをやりたいといったニーズが顕在化しているユーザーに対して広告配信を行える施策です。

従って、1クリックの単価はどうしても高くなってきますが(競合との入札制になりますので、キーワードによって金額には幅があります。

リフォームで言えば、300円~400円前後でしょうか)、サイト流入からの問い合わせ率が高い施策と言えます。

不動産売買

こちらもリフォームと同様に、ある程度顕在化したニーズに対して広告を配信する、つまりリスティング広告が最も効果的な印象ではあります。

ただし売却に関しては、「査定」といったところで、FacebookやInstagramの広告配信でも結果が伴うこともあるでしょう。

「思ったよりも高く売れるのでは」とユーザーに思っていただくことが重要です。

その他におすすめの配信手法/配信条件

DSP

DSPとは一種の広告ネットワークの様なもので、様々なDSPが存在します。その中でも、例えば名刺情報を利用した所属会社でのターゲッティングや、人材サイト登録情報を利用した年収でのターゲッティングを行えるDSPなどがあり、不動産投資などのお客様では効果的な施策と言えるでしょう。

リマーケティング広告

こちらは配信手法ではなく配信条件の一つです。

YahooとGoogleが提供するディスプレイ広告のネットワークの中で、一度貴社サイトを訪れたユーザーを追跡する広告といえます。

すでに貴社サイトを訪れていることから、一定の興味を抱いているユーザーと判断できます。

※FacebookやInstagram、上述のDSPでも実施可能な配信条件です。

また閲覧ページごとに対象となるユーザー群を切り分けすることもできるため、複数カテゴリを自社サイト内にお持ちのお客様でも、指定のカテゴリを訪問したユーザーといった条件で、広告を配信することが可能です。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

コンテンツマーケティング(コンテンツSEO)

コンテンツマーケティングとは、主に自社サイト内に様々なコンテンツを網羅的に記載する手法です。

一定のページ数を用意することが必要となりますが、ロングテールに様々な検索ワードでユーザーを呼び込めるので、お勧めの施策です。

効果が出るまで半年~1年近くはかかってしまいますが、流入したユーザーは上述のリマーケティング広告でも追いかけることができるようになるため、相乗効果があると言えるでしょう。

当社が自社で運用しているメディアでも「不動産投資 口コミ」「不動産投資 評判」といったミドルワードで2位、3位に掲載されている媒体がございます。

こうした点からも、しっかりと対策をすれば一定の結果が見込めると感じていただけるのではないでしょうか。

SEO、SEM等のウェブマーケティング会社、株式会社デジタルトレンズのコーポレートサイトです。
株式会社デジタルトレンズ
- 株式会社デジタルトレンズ

広告自体は行っているが結果が出ないという場合

上述のリスティングや、ディスプレイ広告など、一定の施策を行っているが結果が芳しくないといったお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

不動産投資で言えば、大手が競合となってしまうこともあるため、競合優位性を出しづらい業界と言えるかもしれません。

その中でどの様な訴求を行うのか、広告文章だけでなく、広告を押したあとに閲覧されるページでの魅せ方などもしっかりと作りこまなくてはいけません。

またその分析も、完成に頼るのではなく、数字やツールなどを利用して検証することが重要です。

例えばヒートマップ分析と呼ばれる手法では、ユーザーがサイトのどの部分を閲覧しているかを可視化することができます。

もちろんこうした検証、改善施策は不動産投資に限らず、当社でも事例のある住宅展示場、賃貸、リフォーム、不動産売買、新築マンション、中古マンション等のお客様におきましても必須の施策と言えます。(されに言えば不動産系に限らず、どの商材でも言えることでもありますが)

従って、もし自社で集客を試されているものの、なかなか結果がでないのであれば、ぜひ一度実績のある広告代理店などにも相談されてはいかがでしょうか。

上述の通り、各商材によって、狙うべきターゲッティング、並びにそのターゲットを狙える施策の選択が非常に重要になります。

このあたりのノウハウを抱えていることは、複数社の広告運用を行ってきている業者の強みと言えるのではないでしょうか。

不動産業界のウェブマーケティングならデジタルトレンズ

■費用対効果が良い広告を打ちたい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

■まずは1度試してみたい方

まずは一度、広告のプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。