ホームページの集客数アップに、無料でできる集客方法を紹介

更新日:

投稿日:2019.05.21

    ホームページの集客数アップに、無料でできる集客方法を紹介

    ホームページを制作したものの、問い合わせが来ない。その様な悩みをお持ちの方に、無料でできる対策をまとめてみました。

    もちろん、各施策は弊社の様な代理店に依頼を頂くことで、より成果を高めることが可能です。

    しかし、外部の代理店に依頼するにしても、費用がかかります。

    効果の不確実性がネックとなり、なかなか依頼に踏み切れないといった方も多いのではないでしょうか。

    そこでまずは下記の無料でも実行できる施策をお試しいただければと思い、記事にまとめてみました。

    ある程度の効果が見えたのであれば、その施策をより深く行うことでさらなる効果にご期待いただけるのではないでしょうか。

    その際にはぜひとも代理店への依頼をご検討いただければと思います。

    ※2023年7月にサポート終了!GoogleAnalytics(UA)からGoogleAnalytics4への移行が終了していない方はこちらをご参照下さい。※

    SEO対策

    SEO対策とはGoogle、Yahooなどの検索結果からの流入を稼ぐための施策で、「検索エンジン最適化」と呼ばれます。

    例えば「エステ 東京」といったワードで検索結果の上位に表示させたいのであれば、
    上位に表示させたいキーワード(ここで言う「エステ 東京」など)をサイト内に盛り込むことで、上位表示が期待できます。

    また、内部対策と呼ばれるHTMLの最適化なども重要です。さらには外部のサイトからリンクを集めるなども評価を高めることに効果的です。

    もちろん自作自演のリンクなどはスパム的行為として推奨されません。自然にリンクを貼ってもらえるような、コンテンツの設計や、お客様とのアプローチなど地道な努力が必要ですが、ご自身でも最低限の対応はできる施策です。

    [blogcard url=”https://dgtrends.com/listing/seo-check/”]

    またSEOの一環としてコンテンツマーケティングといった手法も昨今流行しています。

    これは主に記事形式のコンテンツを作成することで、ロングテールのキーワードからの流入を目指す施策です。

    ただし短期では効果が出づらい施策ですので、半年~1年のスパンにわたり、継続してコンテンツを用意していく心持ちが重要です。

    MEO対策

    MEO対策とはMapでの上位表示を狙う施策です。

    昨今検索結果に地図が出てくるようになっており、この部分の対策もご自身で行うことが可能です。

    まずはGoogleマイビジネスへの登録が必須です。

    その上で、上げたいKWを意識した業種を選択しましょう。

    また写真を登録することも効果的です。その他にも様々な評価ポイントがありますが、これ以上の対策となると、業者に依頼をした方が良いと言えます、

    ご自身でできる限りのことを行った上で、狙ったキーワードの地図の上位に表示されない場合はあきらめたほうが良いかもしれません(優良な口コミなどを自力で集めていくなどの手段もあるとは思いますが)。

    SNS運用

    Facebook、Instagram、Twitterなどの運用も無料でできる手法です。

    Facebookはファンになってもらうことで、定期的に情報を発信することができます。

    Facebookのいいねや、Instagram、Twitterのフォローを行ってもらうことで割引をするキャンペーンなども絡めて集客をすることで、より迅速にユーザーを集めることができます。

    またLINE@は正確には費用が少しかかるプランもありますが、最初は0円でも利用できる手法です。

    LINE@は通常のLINEと同様に「友達」といった関係でやりとりができるツールです。

    またクーポンなどの発行も簡単にできるため、店舗系のビジネスでは効果的なコミュニケーションツールと言えるでしょう。

    特に若い年齢層にとっては主なコミュニケーションツールとなっているため、効果的と言えます。

    有料広告を絡めるのであれば

    ここまで無料で行える施策について触れてみましたが、もし多少の費用をかける余裕があるのであれば、下記の様な有料広告を試されるのも良いのではないでしょうか。

    リスティング広告

    SEO対策はご自身でも対策できると記載しましたが、それでもやはり競合が多いワードなどでは上位に表示されないことも多々あります。

    上位に表示しきれないワードから集客を狙うのであればリスティング広告が効果的です。リスティングとはSEO対策と同様に、検索エンジン上に表示される広告枠です。

    「広告」の表記が付記されて表示されますが、自然検索枠と変わりなく検索結果に表示されます。

    1クリックの獲得にいくら払うかといった入札制になっていますので、予算と費用対効果をコントロールしやすいことが特徴です。

    またそのキーワードからどの程度の問い合わせがあったかなども計測することができるため、費用対効果の検証ができる点もメリットの一つと言えます。

    いいね広告(Facebook広告)

    Facebookの場合「いいね」を獲得するためだけの広告手法があります。配信条件などにもよりますが、1件当たり200円~300円程度で「いいね」が獲得できる広告手法ですので、積極的に活用したい手法と言えます。

    自社のFacebookページに投稿をすると、獲得したユーザーには定期的に情報を届けることができるようになるため、キャンペーン、セールといった情報を届ける際にも有効な施策と言えるでしょう。

    [blogcard url=”https://dgtrends.com/listing/facebook/”]

    CPF課金型広告(LINE広告)

    LINEの場合は「友達」を獲得するためだけの広告手法があります。

    こちらは友達1人獲得にいくらかけるかといった金額の入札制になっています。

    1友達150円程度での獲得は現実的に見ていただきたいのですが、それでもお手軽な金額で獲得できることには変わりありません。

    また参考までに記載するとCPFとはCost Per Friendの略で、1件当たりの成果報酬で運用できるといった意味合いがあります。

    [blogcard url=”https://dgtrends.com/listing/line/”]

    ユーザーは来ているのに問い合わせが来ない、そんな場合は

    上記の有料広告を実施しなくとも、無料で対策できる施策を真っ当に対策することで、一定の流入と問い合わせが見込めるでしょう。

    ただしそれでも問い合わせが来ない場合は、下記の様な点に注意された方がいいでしょう。

    訴求内容は適切か

    ユーザーが来てもサイト内に書かれている文言が魅力的でなければ問い合わせは発生しません。例えば自社の強みは適切に打ち出せているか、そもそものサービス内容はしっかりと伝わるような内容になっているか、など記載されているコンテンツはもちろん、見せ方(デザイン)面でも問題がないか、改めて振り返ったほうが良いでしょう。

    スマホ対応はできているか

    昨今のユーザーの多くがスマホでアクセスしてきます。

    BtoB向けの商材でもスマホでのアクセスが過半数以上といったケースも多く、スマホでのページ閲覧、問い合わせ導線がしっかりとしていないと、問い合わせ自体が生まれないといった状況が生まれてしまいます。

    また店舗型のビジネス、特に飲食店では9割以上がスマホでのアクセスであるはずです。

    サイト制作時にはどうしてもパソコンで確認を進めがちですが、むしろスマホで確認をしながら製作を進めていくことが重要です。

    運営者情報は的確か

    運営者情報をしっかり表示することも信頼性につながります。

    そもそものページが存在していない、代表者名を記載していないなどといった場合には注意が必要です。

    アクセス解析などを見てみると意外に会社概要が見られていることが分かります。

    問い合わせの電話番号が携帯電話の番号であれば、より「怪しさ」が出てしまいますし、真っ当な運営主であると印象付けられる情報の提供ができているか、一度振り返られた方が良いでしょう。

    電話番号は表示されているか

    お問い合わせや営業電話に対する対応の工数がかかるとはいえ、電話番号を掲載していないケースも同様に問いあわせ数が落ちるケースもあります。

    これはシンプルにメールでの問い合わせに手間がかかるといった問題はもちろん、信頼性にもつながるもポイントと言えるかもしれません。

    また上述の通り、できれば携帯電話ではなく、固定電話の方が印象は良いかもしれませんね。

    その他問題は起きていないか

    例えば、掲載している電話番号が違う(表示されている番号は正しいが、電話番号をプッシュした際につながる電話番号がおかしい)ですとか、問い合わせフォームが動かない、などといった様に想定外の問題が起きているケースもあります。

    また特定のOS(iphoneでは動くが、androidでは動かないなど)で動かないといった事象も存在します。

    実際にちゃんとサイトが動いているのか、制作会社さん任せではなく、自社でもしっかりと確認をされた方が良いでしょう。

    まとめ

    このコラムでは、ホームページの集客数アップに、無料でできる集客方法を記載しました。

    それぞれの施策は1カ月2カ月で大きな結果を生む施策とは言えませんが、根気強く対応をすることで、一定の流入増、問い合わせ獲得が見込める施策です。外部の業者への依頼や広告費用をかけづらいといったケースでは、ぜひご自身で試されてはいかがでしょうか。

    また特にリスティング広告は、初月、2カ月目から成果が見込める施策です。

    費用対効果もしっかりと把握できる手法ですので、こうした施策もぜひともご検討いただければ幸いです。

    ウェブマーケティング支援ならデジタルトレンズ

    ■費用対効果が良い広告を打ちたい方

    ■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

    ■まずは1度試してみたい方

    まずは一度、広告のプロにご相談ください!
    デジタルトレンズ:03-6908-9707

    デジタルトレンズへお気軽にご相談下さい。

    お問い合わせはこちら

    非公開: 【2022年6月中の導入推奨】Googleアナリティクス4(GA4)導入ご案内

    「GoogleAnalytics4って何?」「移行する必要性あるの?」「導入方法がわからない/リソースがない」そんな企業様に向けた資料になります。

    今すぐ資料を無料ダウンロード

    初心者でもできる!少額で効果を出せるWEBマーケティング施策3選

    「何から始めたらいいかわからない」「まずは自分(自社)でWEBマーケをやってみたい」という企業様に向け、少額で実施しやすいWEBマーケティング施策ついてまとめた資料となります。

    今すぐ資料を無料ダウンロード

    広告を始めたい方必見!最初に抑えるべき!WEB広告媒体3選

    「どのWEB広告が適してるかわからない」「別の広告施策へ展開したい」そんな企業様に向け、まず最初に抑えるべきWEB広告媒体についてまとめた資料となります。

    今すぐ資料を無料ダウンロード

    関連する記事

    関連サービス

    受付時間平日10:30 ~ 19:30 (土日祝除く)