MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

Googleから広告を打ち出そうと決めても、具体的にどのようなルールがあるのかを正確に把握しておかないと、審査にひっかかり、出稿できないことがあります。
細かいところもおろそかにせず、目を通して確認しましょう。
以下で、Googleの広告ツールについての簡単な説明も明記されているので、不安がある人は確認しておきましょう。
そして、Googleの広告入稿規定も詳しく説明していきます。

1.Google Adwordsとは

「Google Adwords」とは、Googleが提供しているクリック課金型のインターネット広告サービスで、広告の運用を管理することができます。具体的には、ディスプレイ広告やリスティング広告を打ち出すことができ、運用も容易にできます。

1-1. リスティング広告

リスティング広告とは、googleやyahooなどのおなじみの検索エンジンの検索結果上部に掲載できる広告です。
配信先は、検索エンジン(Googleの検索ページ)となっています。
検索エンジンが独自に判断し順位付けする自然検索結果と違い、広告を表示するキーワードや掲載順位をコントロールできるため、即効性が高く・費用対効果が優れるのが特徴です。
また、検索エンジンでユーザーによって検索されるキーワードを設定することで、ユーザーのターゲティングができます。
集客したい検索キーワードを任意に設定して広告を打つため、他の広告に比べてピンポイントなターゲットにアプローチできます。
さらに広告文を自由に設定することができるので、ユーザーの購買意欲を高め、クリックを促すことができます。自由度の高い広告文は、さまざまなニーズに合わせて、効率よくユーザーを取り込むことができます。

1-2. いつでも編集・確認できる

広告を配信するかどうかや、広告を表示させる時間帯や地域の設定、各レポートのダウンロードなどが可能です。
各項の名称も変更できたり、予算も簡単に変更できるので、かなり便利な仕様となっています。
また、リアルタイムに費用の消化状況やお問い合わせ・登録件数の状況を確認できるので、対応するためのタイムラグをできるだけ少なくすることができます。

1-3. 表示可能な広告の種類

表示できる広告の種類は、テキスト広告、イメージ広告、動画広告、リッチメディア広告の4つあります。
また、広告の表示場所は、Googleの検索サイト、Googleと提携して検索広告を掲載する Google以外の検索サイト、YouTubeの3つあるので、使い分けられるようにすると良いでしょう。

「Google Adwords」の使い方を正確に理解しておくことが、スムーズな運用につながるので、必須事項といえます。

2.Googleディスプレイネットワーク(GDN)とは

Google ディスプレイネットワーク(GDN)は、Webサイトに掲載されている広告枠に対して、ネットユーザーの行動履歴や、指定したコンテンツ内容、出稿しているキーワード・広告文等の情報に対応させて表示させる広告のことです。

Googleディスプレイネットワーク(GDN)の配信先

Googleディスプレイネットワーク(GDN)の配信先は、Google関連サイトと、Googleのパートナーである数百万のサイトとなっています。ディスプレイネットワークのリーチ範囲は、世界中のユニークインターネットユーザーの83%に及ぶとも言われてます。したがって、GDNからディスプレイ広告を配信するうことはかなり効果的であると言えるでしょう。

2-2. Googleディスプレイネットワーク(GDN)のターゲティング

Googleディスプレイネットワークでは、広いネットワーク内で広告配信するターゲットや、サイトを絞って出稿できます。広告主様が獲得したいターゲットに合わせて、配信先を柔軟にセグメントできます。

  • ①リマーケティング
  • 一度サイトに訪れたユーザーのみに、ネットワーク上のサイトで追跡して広告を配信します。

  • ②プレースメント
  • 広告を出したいサイトにだけ、広告を配信します。

  • ③インタレストカテゴリ
  • 検索ユーザーの興味関心に合わせて広告を配信します。

  • ④トピックターゲット
  • サイトのコンテンツ内容に合わせて広告を配信します。

  • ⑤コンテンツターゲット
  • キーワードを設定して広告を配信する。キーワードを登録し、登録ワードと合致する内容が含まれる記事ページに広告配信ができます。

  • ⑥年齢・年代別
  • ユーザーのおおよその年齢・年代を識別し、特定の年齢・年代に絞った広告配信もできます。

    3.Google Adwords(リスティング広告)の入稿規定

    Google Adwordsの入稿規定について以下でまとめています。基本的なルールなので、正確に把握しておきましょう。

    ①見出し(タイトル):全角で15文字(半角で30文字)以内
    もっともユーザーの目につきやすいものなので、魅力的に作成する必要があります。さらに、ターゲットのニーズに合うように作成することも必要です。
    ※感嘆符はNG
    ※2つまで設定可能

    ②広告文(説明文):全角で40文字(半角で80文字)以内
    見出しの補足の情報であったり、詳しいサービスの説明を記載することで、ユーザーにアピ-ルすることができます。
    ※過度な繰り返し禁止
    ※「…」,「+,×,-,÷,=」は禁止
    ※箇条書きNG

    ③表示URLのpass:半角15文字以内
    自動で設定されるので特に設定することは不要です。しかし、広告表示オプションを使用する時に設定する必要があるので、注意しましょう。
    ※2つまで設定可能

    ④記号全般の注意事項
    感嘆符の連続使用NG、半角カタカナNG、絵文字NG

    4.Googleディスプレイネットワーク(GDN)の入稿規定

    GoogleディスプレイネットワークもGoogle Adwordsと同じように入稿規定があるので、正確に把握しておく必要があります。また、画像の審査などがあるので、不適切な画像の使用には注意しましょう。

    ①ファイル形式:JPG・PNG・GIF
    形式を間違えるとアップロードできないので、注意しましょう。
    ②最大容量:150KB
    最大容量を超えるような画像を使うことはほとんどないので、あまり最大容量は気にしなくてもいいかもしれません。
    ③画像サイズ:336×280、468×60、300×600など
    細かく分けると、画像タイプは5種類あり、それぞれのタイプでサイズや対応するデバイスが異なっているので、注意して確認しましょう。

    画像タイプ 画像サイズ PC対応 SP対応
    レクタングル 300×250
    336×280
    240×400
    スクエア 250×250
    200×200
    バナー 468×60
    728×90
    970×90
    970×250
    スカイスクレイパー 120×600
    160×600
    300×600
    300×1050
    モバイル 320×50
    320×100
    リスティング広告の運用代行ならデジタルトレンズ

    ■費用対効果が良い広告を打ちたい方

    ■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

    ■まずは1度試してみたい方

    まずは一度、広告のプロにご相談ください!
    デジタルトレンズ:03-6908-9707

    「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
    何でもお気軽にお問い合わせください。

    無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


    関連記事



    CONTACT

    お問い合わせ

       

    「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。