MARKETING BLOG

       

マーケティングブログ

今すぐにでもリスティング広告を始めたいと思っている方やすでにリスティング広告を始めている方から、「ひと通り出稿はしてみたけど、なかなか効果が出ない。」もしくは、「もっと効果を上げていきたい」というお問い合わせが来ます。
最も代表的な施策として、広告文の修正が挙げられます。では、実際にどのように修正すればいいのでしょうか。
以下で、リスティング広告がどんなものかを理解してもらい、そのうえで広告文の見せ方のコツを解説していきます。

1.リスティング広告とは

リスティング広告とは、googleやyahooなどのおなじみの検索エンジンの検索結果上部に掲載できる「広告」です。検索エンジンが独自に判断し順位付けする自然検索結果と違い、広告を表示するキーワードや掲載順位をコントロールできるため、即効性が高く・費用対効果が優れるのが特徴です。

1-1. キーワードの設定

検索エンジンでユーザーによって検索されるキーワードを設定することで、ユーザーのターゲティングができます。集客したい検索キーワードを任意に設定して広告を打つため、他の広告に比べてピンポイントなターゲットにアプローチできます。

1-2. 広告文の作成

さらに広告文を自由に設定することができるので、ユーザーの購買意欲を高め、クリックを促すことができます。自由度の高い広告文は、さまざまなニーズに合わせて、効率よくユーザーを取り込むことができます。

1-3. オークション制

リスティング広告の掲載位置を決定づける1つの要因が、クリック単価(1回あたりのクリックの値段)で、この単価はオークション制で決められます。ですが、その他の要因も掲載位置に関係するので、注意が必要です。

1-4. クリック課金制

料金システムは、クリックされるごとに料金が発生するクリック課金制なので、広告が表示されるだけでは費用はかからず、表示させるだけで高コストなCMやチラシなどの広告と比べて、コストパフォーマンスはいいと言えます。
これは、費用・予算を計算するうえで、知っておくべき料金システムです。クリック数に応じて、費用が生じることを把握しておきましょう。

2.リスティング広告の規定概要

リスティング広告にはいろいろな規定があります。広告を出稿するには、その規定を守らなければなりません。以下で、広告文をはじめとした大まかな規定の内容を解説していきます。

2-1. Yahoo!スポンサードサーチ

Yahoo!スポンサードサーチとは、Yahoo! が提供している検索連動型広告のことです。 スポンサードサーチを利用すると、Yahoo! の検索結果などに、検索したキーワードと関連性の高い広告を掲載することができます。簡単な入稿規定は以下の通りです。
見出し(タイトル):全角で15文字(半角で30文字)以内
※2つまで設定可能
広告文(説明文):全角で40文字(半角で80文字)以内
※機種依存文字禁止
※顔文字禁止
表示URLのディレクトリ:全角7文字(半角15文字)以内
※2つまで設定可能
※表示URLの設定不要
記号全般の注意事項:記号の連続使用NG、スペースの過剰使用NG、冒頭にスペース使用NG

2-2.Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

Yahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)とは、Yahoo!検索エンジンの検索結果ではなく、Yahoo!ニュースのようなYahoo!のコンテンツページやYahoo!と提携しているサイトに表示される広告です。リスティング広告のような文章だけでなく、画像を使用することも可能で、潜在的なユーザーに対してアプローチすることができます。簡単な入稿規定は以下の通りです。
見出し(タイトル):15文字
広告文(説明文):33文字、もしくは19文字×2つ
表示URL:29文字以内
画像形式:JPG・PNG・GIF
最大容量:150KB
画像サイズ:300×250、300×300、468×60など
※全ての文字に関する注意:全半角に関わらず指定通りの文字数

2-3. GoogleAdWords/Googleディスプレイネットワーク(GDN)

GoogleAdWordsとは、Googleが運営する広告主向けの広告出稿サービスのことで、低コストで広告を出稿することができます。一方、Googleディスプレイネットワークは、Googleと提携しているサイトやGmailに表示されるディスプレイ広告のことです。YDNと同じよう潜在層のユーザーにアプローチすることができます。
見出し(タイトル):全角で15文字(半角で30文字)以内
※感嘆符はNG
※2つまで設定可能
広告文(説明文):全角で40文字(半角で80文字)以内
※過度な繰り返し禁止
※「…」,「+,×,-,÷,=」は禁止
※箇条書きNG
表示URLのpass:半角15文字以内
※2つまで設定可能

3.少ない字数の広告文の見せ方のコツ

ここで、ひと通り広告入稿規定が分かったところで、実際に広告文はどのように作っていくのがいいのでしょうか。
広告文は、かなり字数が限られていて作成するのが難しいと感じる方も少なくないでしょう。広告文の見せ方のコツを以下で詳しく解説していきます。

3-1. 1つ目の見出し(タイトル)には検索キーワードに対応する語を含める

1つ目の見出し(タイトル)で入れるべき全角15文字(半角30文字)は、検索してきたユーザーの一番最初に目につく言葉です。リスティング広告をクリックするかどうか判断するのに最も大事な1フレーズとなる部分なので、ユーザーに対して共感の意を示しつつ、クリックしてみたいと思わせるような言葉を入れるのが良いでしょう。
たとえば…キーワードが「洗顔 効果」であれば、
「2分で綺麗に洗える洗顔料」、「保湿効果もある即効洗顔料」などが挙げられます。

3-2. 2つ目の見出し(タイトル)にはユーザーにとってのメリットを含める

2つ目の見出し(タイトル)には、ユーザーがついつい購入したくなるような商品の魅力を書くと良いです。このときのポイントとして、メリットやそれによってもたらされるユーザーにとっての利益を思いつかない場合もあるかもしれませんが、そういった場合には、早い、安い、便利などの機能的な側面と楽しい、優越感、社会的認知などの感情的な側面に分けて考えてみると思いつきやすいかもしれません。
たとえば…キーワードが「カフェ おしゃれ」であれば、
「駅から徒歩2分で激うまコーヒー」、「テレビで話題の超有名行列店」などが挙げられます。
※社名や商品名を入れることで、何の広告なのかを明確に伝えることもできます。

3-3. 広告文(説明文)にはサービスの詳細な内容を含める

広告文(説明文)は広告の中で全角40文字(半角80文字)と最も長い文章を載せることができます。この部分を一番効果的に使うには、サービス内容を詳細に説明することです。さらに書く上でのポイントとして、商品の機能そのものよりも、それを使うことによるメリットや商材を利用した後のイメージなどを示すと、ユーザーに商材の魅力が伝わりやすい文章になります。
たとえば…キーワードが「カメラ 画質」であれば、
「自分の思い出を目で見たままのような鮮明さで保存できる。」を含めるといいでしょう。
また、キーワードが「ロードバイク 購入」であれば
「風を切って気持ちよく走行でき、運動不足の方にもおすすめ。」を含めるといいでしょう。
以上で紹介したことを参考にして実際に作ってみましょう。
実際のユーザーは意外と説明文をしっかりと読まないので、見出しの方が重要ですが、油断せず魅力的な広告文を作成しましょう。

4.まとめ

ここまで、広告文の規定や広告文をより魅力的に魅せるためのコツを紹介してきましたが、実際に見出し(タイトル)で、いかにユーザーを流入させることができるかが決まるケースが多いです。また、一回作っただけで完成するわけではなく、何度も試行錯誤や検証を繰り返すことで、ようやく効果的な広告文が出来上がるので、地道な努力を惜しまずに取り組みましょう。
広告文作成やその他の広告の運用や分析が難しいと判断された場合、代理店などに委託して安価で集客効果をあげるといいでしょう。

リスティング広告の運用代行ならデジタルトレンズ

■費用対効果が良い広告を打ちたい方

■集客数・お問い合わせ数を増やしたい方

■まずは1度試してみたい方

まずは一度、広告のプロにご相談ください!
デジタルトレンズ:03-6908-9707

「わからない」「相談したい」などございましたら、スタッフが丁寧にご対応いたします。
何でもお気軽にお問い合わせください。

無料相談【営業時間:平日10時~19時(土日祝はお休み)】


関連記事



CONTACT

お問い合わせ

   

「わからない」「相談したい」などございましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。   実績に基づいた的確かつ丁寧なご対応をさせていただきます。何でもお気軽にお問い合わせください。