BLOG

ブログ

こんにちは。インターン生の日吉です。インターン生として働き始めてもうすぐ2ヶ月が経とうとしています。
私がインターンシップに携わらせて頂くことになったきっかけは友人の誘いでした。右も左も分からないまま飛び込んだ私がこの二ヶ月で感じたことをまとめていきたいとおもいます。


1.責任感とやりがい
一番の衝撃は実際の作業をようやく覚え始めたときに自分で動かす案件を持たせて貰えたことです。
私が今携わっているのはリスティング広告と言って、ネットユーザーの検索したワードに合わせた広告を載せています。
載せる商材を求めているユーザーに効率よく届けるためにどう広告を載せるのかを様々な観点で工夫します。(文章、どんな検索ワードが検索されたときにお金を掛けるかなど。。)
自分の考えた広告文が実際にネットの広告覧に載ったときはすごく感動をしたのを覚えています(笑)
そんな感動を覚えるのもつかの間、自分の案件を持たせて頂くこととなりました。やればやるだけ次々とステップアップしていくことが出来るので、出勤日が楽しみです!
これはまだ始まったばかりですので、自らの更なる進化のためにも緊張感をもって進めていきたいと思います。

 


2.未熟な部分が露呈する
やはり、デジトレにいて常々感じることは、周りの方々のレベルが高いことです。
他のインターン生も複数の案件を兼任している人が多く、レスや電話対応一つとっても社会人として通用するようなスキルが身についていると思います。
社員さんは自分のことで精いっぱいな私に様々なアドバイスをくださり、ダメなところもズバズバと指摘してくださいます。
耳の痛い話もありますが、社会人になる前に自分の未熟な部分に気づくチャンスを与えてくれます。

 

以上、私が2ヶ月で感じたことを大きく二つにまとめてみました。この二点、どちらも「成長することが出来る」に繋がっています。
これだけのスピード感で貴重な経験を出来るのはデジトレならではだと思います。
インターンシップを考えている大学生の方!是非デジトレに来て私たちとともに社会人になる前に爆発的な成長を遂げてみては!